【ネタバレ注意】喧嘩稼業、第36話「喧嘩屋vs古武術ついに始動!」の巻

S__4620347

ヤングマガジンNo.7(1/10日発売)の喧嘩稼業完全ネタバレなので注意してください。

前回のあらすじ↓

【ネタバレ注意】喧嘩稼業、第35話「ついにこの日がキター」の巻

今週の内容

第36話「アレ」

2人は共にリングインした・・・

工藤サイドも梶原が道着を着て戦うのか気になっている様子だ

 

上杉均のセコンド、橋口信はこう語る

「おそらく、上さんの決勝の相手になります」

狭いリングでルールなしというルールこそが梶原にとって圧倒的に有利に働くらしい

工藤は倒れても立ち上がる不死身の様な男・・・

しかし梶原に言わせてみれば攻略ほうは簡単だという・・・

「殺せば二度と立ち上がれない」と・・・

トーナメントのルールはこうだ

道着着用の場合は同義を直接武器として使用してはいけない事

リング内にレフリーを置かないこと

勝敗はセコンドのタオル投入、もしくはリング外の2人のレフリーが同時に戦闘不能と判断した時

S__4620343

梶原はまた集中していた・・・

「しゅっ、しゅっ、しゅっ」とキセルを縦横きるように動かす

同時に富田流との対戦、オヤジの自殺、入江に手首を切られた事を思い出していた

文さんいわくこの行動テンションを上げるために九字を切っていたらしい・・・

S__4620342

工藤は吉田に確認した、梶原を殺してもいいか?と

工藤も戦闘態勢に入っている

梶原も工藤を入江無一、文学と照らし合わせ戦闘態勢

5・4・3・2・1

「カーン」

ついに第1試合のゴングが鳴り響いいた

その瞬間、二人は同時に「殺す」とつぶやく・・・

S__4620340

工藤は早くもなく遅くもない速さで梶原に向けて間合いを詰める

梶原はふわりと飛んでしまう羽のようなフットワークを始める

梶原は最初に出す技を決めていた・・・

それはステゴロ道の技

暴力が必要とされた戦後に「あれ」とか「あのやつ」と呼ばれ使われた技

修練の必要が無く尚且つ効果的な技

戦後のステゴロたちに「あれ」を教えた物がいた、梶原長門を高祖とする梶原柳剛流の使い手だった

梶原は工藤ではなくセコンドの吉田を見ていた

「チッ」と舌打ちしたのち、工藤が目線を梶原から切る

その瞬間に舞っていた羽は矢となり工藤めがけて飛んだ

「アレ」と呼ばれた「ト辻(うらつじ)」を打つために

S__4620339

喧嘩屋vs古武術めくるめくファーストコンタクト!

つづく・・・

今週の感想と考察

いや~やっとです。やっと第1試合のゴングがなりましたね!

ワクワクドキドキが止まりません!

では早速、今週も気になるポイントがいくつかあったので少しだけ考察したいと思います。

梶原は何故、道着を着たまま戦うのか?

S__4620343

試合のルールとして

「道着着用の場合は道着を直接武器として使用してはいけない・・・」

つまり、やっちゃいますね。

梶原さんは道着で直接攻撃すると予想します。レフリーもリングの外にいますし、バレなきゃ反則ではないという考えでしょうしね。

あと「2人のレフリーが同時に戦闘不能と判断した時」というルールもあります。

ちなみに、レフリーも買収してるかもしれませんね・・・

「上さんの決勝の相手になります」・・・っておいっ!

S__4620346

橋口信は梶原さんの何を知っているんでしょうね?

まぁ、上杉が行っている訳ではないですし・・・

でも、文さんより強いと予想されているのはナンセンスです

まさか本当に決勝進出するのでは?梶原さんに主役交代か?と思ってしまします(笑)

工藤の攻略法

S__4620344

トーナメント参加者は工藤の攻略方を持っていると思います。

倒しても倒しても立ち上がる不死身の男

対策は「殺せば立ち上がらない」

多分、みんなそう思ってるかも・・・

気になるルール

ルールの中に「セコンドのタオル投入」という文字があります。

つまりレフリー2人が試合を止めるかセコンドがタオルを投入しないと試合は終わりません・・・

そうなるとこういう事も考えられます

梶原さんがレフリーを買収→どんな時でも絶対に試合を止めるなと指示→梶原さんのセコンドの澤は実は見方についていなかった、もしくは途中でヤクザ側に寝返る→澤は梶原さんが殺されそうでもタオルを投入しない→最初のハプニング

十兵衛の表情

S__4620341

梶原さんが九字を切ってテンションコントロールしていました。

その時の十兵衛の表情がこちら・・・

「この技パクれそうだな」という感じです

無極があるので必要ないと思いますが、気持ちを落ち着かせるため、もしくは無極と合わせて使うとかやりそう

ト辻(うらつじ)とは何か?

S__4620338

なんでしょうね?流れからして先手必勝みたいな勢いですよね?

つまり先手必勝で攻撃して有利なスタートを切る技こそ、うらつじだと予想します。

といいつつ少し調べてみました、ありえそうな物をピックアップしてみます。

ヌルヌルさせる

急所である、目、耳、金的を狙う

頭を掴んで顔面膝蹴り

ヌルヌルはないかな?この漫画ならありえそうで怖い(゚д゚lll)

まとめ

まだ始まったばかりなのでまだ何とも言えない状況です。

しいて言えば梶原さんが死ぬかもしれない・・・

次回、うらつじに期待ですね!多分、工藤には効かないと思いますが・・・

あっ!皆さん喧嘩稼業3巻買いましたか?

私はまだです。なぜかと言うと近所の書店に予約注文していたのですが、届くのが明日・・・

意外とどこの書店も喧嘩稼業置いてないんですよね↓

田舎なもんで・・・

やっぱりネットの方が確実ですね、まだ買ってない人は是非どうぞ

喧嘩稼業(3) (ヤンマガKCスペシャル)

PS.来週の喧嘩稼業はお休みです。

20 件のコメント

    • ノリアキさんへ
      何かそんな感じがしますよね。世間もそう思ってる人が多いようですし
      多分死亡フラグです。
      工藤も「殺してやる」っていってますしねヽ(´▽`)/

    • 島田清さんへ
      お久しぶりです。電子書籍もいいですよね便利ですしヽ(´▽`)/
      でも個人的には本で手に取って読みたいんですよね!
      明日取りに行ってきます。
      レビュー記事も書くので更新したらツイートしますね!

  • ステゴロに対してステゴロで挑む。
    何とも先が読めるような読めないような切り出しですね。

    あっさり工藤に見切られて

    「くっ」(汗)

    我らの梶原さんパターンなのか、
    それとも、圧倒してくれるのか。

    次号、いきなり休載はご勘弁いただきたいところです。

    新年一発目は緊張感があっていい回でしたね。
    これなら、作者の年末からの長期休暇OKかなと思います^^

    • ガンズさんへ
      正直、先が読めませんね。
      どちらに転んでも面白いんですがね(^O^)
      確かに緊張感があり、いい感じでした!ストーリー展開もスムーズで次が気になる所ですが休載・・・

  • 初めまして。いつも楽しく拝見させてもらってます。
    僕なりに考察してみましたが、『卜辻』という技名の漢字を調べると『卜』は亀などの甲羅のひび割れかたから『占う』の『うら』であり、『辻』は『交差する』という意味であります。
    また、梶原流の遠間から防御をしにくい脛斬りを得意とする闘いを加味しますと、攻撃する自分からは届くが、相手からは届かない薙刀術を応用した技なのではなかろうかと考えます。
    このことから卜辻とは、敵の下半身、それも足を狙った、そして習得の難しくない前蹴りにて『甲羅を割るように、足を交差させるように』膝の半月板の破壊を狙った技なのではなかろうかと推察します。
    いわゆるヤクザキックですね。
    蝶野のケンカキックとは違うのは膝の狙撃を目的としているところでしょうか。
    あと、マリシテンの真言は口にして唱えているのに、九字を切るときは言葉にせずに(口に出さずに)念じているところも気になります。キセルから何かを口に含んだ可能性がありますね。
    長文失礼しました。

    • フェイくんさんへ
      初コメントありがとうとざいます。
      素晴らしい考察です。
      「ヤクザキック」あると思います!
      「キセルから何かを含んだ可能性」あると思います。
      もしかして木多先生じゃないですよね?
      今後の考察のさせていただきます。

  • ちょっと気になったのですが、恐らく橋口が決勝の相手ですと上杉に言ったのは梶原ではなく、工藤のことだと思うのですが…
    細かくてすみません。

    • ざれさんへ
      ご指摘ありがとうございます!
      全く細かくありません!かなり重要ですよΣ(゚д゚lll)
      私みたいに梶原さんの事を言っていると思っている人は沢山いると思います。
      このようなコメント大募集です!!!

  • まず読んでみて勿論待ちに待ってたトーナメントが始まったのはとても嬉しいですがこれ終わるのにどれくらいかかるんだってことです笑
    まあ読者としては密度の高いおもしろい試合になるなら嬉しいですけど

    梶原さんは殺す術を知ってるかもしれないですけど喧嘩屋工藤に
    勝てるとはどうしても思えません
    あれっなんでこいつまだ動けるんだと言いながらやられるとこが目に浮かびます

    ですがレフェリーや道着なども含め梶原さんのずる賢さには注目ですね

    • 柔道二段さんへ
      10年くらいかかるんじゃないですか?(笑)
      多分、梶原さんは工藤の事を舐めてると思います。
      きっとそんな感じになるでしょうね(^O^)

  • 橋口が、決勝の相手となると伝えてるのは
    工藤のほうでしょうね。
    実際に戦って負けて、トーナメントの誰よりも強いと実感があるから。

    • pppさんへ
      そうなんですよね
      読み返して「あっ!そうだな」とおもいました(笑)
      そういう時もあります・・・

  • 1:ヤクザキック→工藤にカウンター→梶原さん死亡
    2:内田にやった下腿三頭筋の力だけで倒れこむように跳躍→工藤にカウンター→梶原さん死亡
    3:キセルから何か吸ってた?ので毒霧→反則退場

    どれかは当たるかなあ

  • 初めまして。
    最近良く考察読ませてもらってます。
    橋口の決勝示唆は工藤を指してると思います。
    理由は橋口が実際に、戦ったことがあるからそして負けているから。
    梶原さんを決勝の相手だと見据える理由が無いからです。少なくとも今のところその様な伏線や因縁等の描写はありません。

    工藤だと考えるのが自然だと思いますが。
    梶原だと読解する人はむしろ少数でしょう

    • うねさんへ
      そうです!ごく少数派です。と言うか、そう思っている人は多分私だけ・・・・
      肝心の私が・・・
      梶原さんの事だと思ってた人いませんか?

  • 毎週楽しみにしています。

    ご指摘あるように、決勝の相手と言ったのは工藤のことですね。

    しかし、井端の死亡フラグがハンパないですね。

    どんな結末になるのか…

    自分はカブト推しですが、選手の背景を詳しく見てきてどの選手も
    頑張って欲しいと思ってます。

    試合数の関係上、
    キン肉マンの王位争奪戦のキン肉マンビッグボディチームみたいな扱いの選手が出てくるんじゃないかと、ハラハラです

    • カブト頑張れ!さんへ
      申し訳ありません。キン肉マン世代ではないのでキン肉マンビッグボディチームをsane.kは知りません・・・゚(゚´Д`゚)゚
      井端の死亡フラグは半端ないですが個人的には死んで欲しくない・・・
      今後の展開に期待しましょう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です