「七つの短編」を読んで気になる事を発見した!

IMG_2099

七つの短編では知る人ぞ知る

名作の読み切り漫画が掲載されています。

何故かライジングインパクトがないのが残念ですが・・・

もちろん全て鈴木先生の作品です。

内容

掲載されている漫画はこちら↓

「七つの大罪」

「迷え子羊たち!」

「迷え子羊たち!2」

「カウガール対空飛ぶ円盤」

「ブリザードアクセル」

「メモリー・オブ・ムーン[前編][後編]」

「無慈悲なカントリーガール」

以上の七つです。

ブリザードアクセルは当時、ファンも多かったと思います。

(私は読んだことなかった・・・)

メモリーオブムーンはウルトラレッドの元ネタ?

的な感じみたいです

非常に懐かしく読めました。

が!・・・・

1ページ目に少し気になる文章がありました。

気になるポイント・・・

カバー下のトリスタンくんは私の連載デビュー作である

「ライジングインパクト」の最強キャラです。

この短編集には出てきませんが「七つの大罪」のメリオダスとある意味関係があったりします

との言葉がありました。

微妙に気になりますよね?

一体どんな関係があるのか?

そこでライジングインパクトのトリスタンについて少し調べて見ました!!

トリスタンとは?

本名は「トリスタン・リオネス」と言います。

実はリオネスが名前の中に入っていたんですよね!

その他の名前を調べたところ、「キャメロット」「アーサー」など

七つの大罪に出てくる名前が隠れていました。

だから、どうってことはないのですが

何か面白いので、気になる人はWikiで調べてみてください!

もっと、あるかもしれません。

漫画での強さは最強キャラです。

そしてフォーリングスターという能力(ギフト)の持ち主です。

メリオダスとの関係

メリオダスとの関係を考えてみたんですが・・・

全くわかりません・・・

共通点と言えば、最強キャラ?

くらいですかね。

しかし、ある意味関係があると言うことは

直接は関係ないが、意外と関係性がある!という事になります。

推測ですが(多分外れている)

トリスタンという名前自体が関係しているのではないかと思います。

もしかすると、今後メリオダスに関係する人物や地名、などに

トリスタンという名前が出てくるかもしれません。

一応、今後に注意して見てみましょう。

七つの短編 鈴木央短編集 (講談社コミックス)
鈴木 央
講談社 (2014-10-17)
売り上げランキング: 3,413

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2 件のコメント

  • 確かトリスタンはメリオダスとエリザベスの息子ってなんかの本で読んだ記憶があります、後にアーサーの円卓の騎士の一員になるほどの騎士になります〜違ったらすみません

    • 名前は無いさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうなんですね?
      考察本か何かですかね?なんだかそうなりそうですwww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です