七つの大罪、128話「ホークママ何者?」の巻

少年マガジン29号(2015/06/17日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

 今週の内容

第128話「その存在 傍若無人」

七つの大罪 128話 8

メリオダスは異変に気づきホークママを止める

どうやら桁違いの気配が3つあるようだ

それは、ガラン、モンスピート、マトローナ

 

マトローナはディアンヌを抱え逃げる

ガランは地面に攻撃

惨散斬!!!

地面がバラバラに割れていく・・・

七つの大罪 128話 4

その時モンスピートがメリオダス達の気配に気づいた

モンスピート「試してみようかね」

獄炎鳥

七つの大罪 128話 3

炎の魔力が猛スピードでメリオダス達を襲う

ホークママは進路を変えるが追跡してくる

 

メリオダスのフルカウンターを使えば、メリオダスの存在がバレテしまうがしょうがない・・・

と・・・その時

ぐおっ!

ばくん

なんと、モンスピートが解き放った炎の魔力をホークママが食べてしまったのだ!!

さすがに、びっくりの表情を浮かべる一同だった

一方、マトローナとディアンヌはキズを負ったもののガランの攻撃を逃れた

マーリンは進路の変更を提案する

マーリン「団長殿の力を戻す」

七つの大罪 128話 2

十年前王国を脱出する時、マーリンが団長から奪った力の事だ!

「・・・で、それは今どこにあるんだ?」

森の賢者ドルイドの聖地「イスタール」

七つの大罪 128話

目指すは遥かなる大地の淵

新たなる力、覚醒の時!

いざ神秘の土地へ!!

129話「ドルイドの聖地」につづく

今週の考察と感想

いやいや!何気に今週は気になる事が起こってますよ!!

ホークママとかw

とりあえず今週の気になるポイントをピックアップしていきます!

今週の気になるポイント

マトローナが強い

七つの大罪 128話 10

ガランとモンスピートを相手に応戦しているところを見ると

マトローナは相当強いと感じます。

キングも桁違いの気配を3つ感じていました。

もしかすると、闘級が十戒と同等・・・

2万くらいあるのではないでしょうか?

だとすると、ディアンヌにもそれくらいの期待が膨らみますね!

マトローナの目的は何か?

七つの大罪 128話 6

マトローナが生きていた事にびっくりなのですが・・・

マトローナの目的はなんなのでしょうか?

ディアンヌを助けに来たと考えるのが普通だと思いますが・・・

もしかして他に目的があるのでしょうか?

ホークママとは何者か?

七つの大罪 128話 7

モンスピートの”獄炎鳥”を言う技を食べちゃいました!!

ただ者ではありませんね!?

いったいどういう事なのでしょうか?

一同びっくりするものの、マーリンは少し意味深な表情を浮かべているのも気になるところです。

私の予想ではホークママは人間界の生物ではないと予想しています。

過去にも、気になる事が起こってるんですよねw

こちらで少し考察しているので参考にどうぞ↓

10年前マーリンが団長から奪ったものとは?

七つの大罪 128話 9

ついに、この謎が解明される時が来ましたね!!

皆さんもかなり気になっていると思います!

10年前、王国を脱出する際に、マーリンは団長から何かを奪っている事は分かっていました。

そして、今回、それがメリオダスの力だという事がわかりました。(予想通り)

マーリンはなぜ団長から力を奪ったのか?

しかも、それはドルイドの聖地「イスタール」にあるようです。

何故ドルイドの聖地なのか?

ドルイドと言えば女神族とのつながりがあります。

何故、メリオダスの魔人の力をイスタールに置いているのか?

もしかすると、力を封印しているのか?

そもそも、奪った力とは何か?

個人的には魔力だと思ってましたが・・・なんか違うような気もしてきました!

わざわざ、奪った物を保管している訳ですから・・・

メリオダスは魔人族なので、例えば心臓とか・・・

謎が謎を呼び、深まるばかりです・・・

どうやら、メリオダスの覚醒も近そうですね。

というより、エリザベスの覚醒も近いかもしれない!

10年前にメリオダスから奪った物とは?↓

まとめ

メリオダスとディアンヌの覚醒は近い。

マーリンがメリオダスから奪ったものとは?

ホークママとは何者なのか?

今後注目して見てください。

ps.七つの大罪15巻は買いましたか?

七つの大罪(15) (講談社コミックス)
鈴木 央
講談社 (2015-06-17)
売り上げランキング: 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です