【ネタバレ注意】七つの大罪、第133話「メリオダスとキングがまさかの展開?!」の巻き

少年マガジン34号(2015/07/22日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

 今週の内容

第133話「あせりと不安」

ギルサンダー ハウザー

ギルサンダーとハウザーはクレイドラゴンと対峙していた

お互いに新技を試みる

ハウザーは初心に帰り無駄のない動きで

切っ先に魔力を集中させた

”貫突”(ブレイクスルー)!!!

クレイドラゴンの皮膚を突き破る

貫突

ギルサンダーは型にとらわれず

魔力の鎧を作り出した

”雷帝の重鎧”(雷帝の重鎧)!!!

雷帝の重鎧

拡散型の風を一点に集めたハウザーに対し

ハウザーは全方位の死角をなくした

 

クレイドラゴンと互角の戦いを見せる二人だった

しかし、目が覚めると二人は負けたようだ・・・

最後の最後に詰の甘さが出たらしい

七つの大罪 133話 2

 

一方、ゴウセルはアーサーと同じ組になっていた

二人はゴーレムと戦っていたがどうやら苦戦している様子だ

 

外ではキングがジェンナに修練堀に入れる様にお願いしていた

しかし、2人組みでないと入れない

そこでメリオダスが一緒に入ることになった

そこで二人になったのだが・・・

キング「団長も同じ魔神族なんだよね?」

「ねぇメリオダス」

「君は本当に味方なのか?」

キングvsメリオダス

キングvs団長?!拭えぬ不安に、新たな亀裂が走る!!

第134話「もう団長ではない君へ」に続く。

今週の考察と感想

なんやかんや、ややこしい展開になってきましたねww

とりあえず今週の気になるポイントをピックアップしていきます。

今週の気になるポイント

ギルサンダーとハウザーの新技

逆転の発想で見事新技を決めた二人でしたが・・・

最終的に負けてましたww

まだ未完成という事でしょうか?

ハウザーはドレファスの技をパクってました。

貫突意外にも何か真似しそうですねw

ギルサンダーは防御重視ですが何ともイマイチパッとしない感じですww

ゴウセル&アーサー

ゴウセル アーサー

意外な組み合わせ?でした・・・

ゴウセルはスレイダーと同じ組みになると予想していたので少し意外です・・・

という事は

グリアモールとスレイダー

ホークとオスローかもしれませんねw

修練堀は2人で1組が基本らしいです。

キングvsメリオダス

七つの大罪 133話

またもや亀裂が走りました・・・

最近メリオダス嫌われてますねww

しかたないですが・・・

どうなってしまうのでしょうか?

次回134話「もう団長ではない君へ」というタイトルから推測するに

キングは完全に団長を信用してない

もしくは七つの大罪を抜ける?のではないかと思います。

ちなみに団長はまだ力を返してもらっていないらしいですww

覚醒したキングに勝てるのか?

まとめ

新たな展開が勃発です。

キングvsメリオダスの展開に注目!

最終的にはうまく収まると思いますが・・・

PS.みんなバンの存在を忘れないでくださいねww

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2 件のコメント

  • ヘンドリとの戦いで「7つの大罪としてなすべきことをなせ」が伏線で、団長の権限を行使するかわり、地位返還につながるのかなぁーと思いました

    • かむいさんへ
      コメントありがとうございます。
      なるほどですね
      という事はバンのような感じですかね?!
      とりあえず戦うみたいな・・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です