【ネタバレ注意】七つの大罪、第162話「大喧嘩祭り!ついに開幕!!!」の巻

少年マガジン12号(2016/02/17日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第161話「まじっすか??!初代妖精王登場!!!」の巻

2016.02.17

今週の内容

第162話「運命の共闘者は誰だ!?」

七つの大罪 162話

 

キング「妖精界と妖精族を守るべき立場のあなたがなぜ、魔神族の側に?なぜ十戒に?」

そんなキングの質問も、この大会に優勝すれば教えてやると、あしらうグロキシニアだった・・・

エレイン「まさか、生きていたなんて・・・」

 

グロキシニア「それじゃ、いよいよ大喧嘩祭りを始めるっす!!」

進行補佐として現れたのは、なんとタイズーだった!!!

 

タイズー「初戦はペアでのタッグマッチ方式で戦うこととする!!」

 

 

ちょっと待った!!

参加者はまだここにいる!!

 

そこに現れたのはゴウセル・・・

「ゴウセルただいま参上」

ゴウセル 登場

 

と・・・着地した場所はなんとエスカノールの上だった・・・・

しかも、そのひょうしでマーリンからもらったメガネが壊れたようだ

 

グロキシニア「祭りの進行の邪魔はやめてほしいっすね」

 

グロキシニアはエスカノールを一突き・・・

エスカノールの体に穴が空いた・・・

 

エスカノール 死ぬ

 

エスカノーーーール!!!

 

 

霊槍バスキアス第七形態「月の花」

”生命の雫”

 

バン「あっ・・・あれは・・・」

 

エスカノールに空いた穴は何もなかったかのように元に戻った

 

ドロールは早速、組み分けを始めた

”占盤術”

 

地面が浮き上がる・・・

 

同じ浮石に立つもの同士がペアのようだ

 

メリオダスはバンと・・・

それぞれが組み合わせになっていく・・・

 

メリオダス「16組み?15組みしかねぇような気が・・・」

!!!!!!?

エリザベス!!!!エレイン!!!!!

エリザベス&エレイン

 

命懸けの死闘に、まさかの挑むは最弱コンビ!?

この組み合わせは、ヤバすぎる!!

第163話「王女と聖女」に続く。

今週の考察と感想

今週は2話掲載ということでお届けしています。

162話も色々とありましたね!!

とりあえず気になるポイントをピックアップしていきます!

今週の気になるポイント

エレインの反応

エレイン 反応

若干気になったのがエレインの反応です

もしかすると考え過ぎかもしれませんが・・・

エレインがこんなことを言っています

エレイン「まさか生きていたなんて」

つまり、死んだと思っていたが、生きていたという事ですが・・・・

別にたいした事はないのですが、キングと比べてエレインの反応に少しだけ違和感を感じただけです・・・

なんもないかもしれませんが・・・

 

大喧嘩祭り

タイズー

実は死んだと思っていたタイズーが生きていました!!!

「誰だコイツ」って思う人もいるかと思いますが・・・

喧嘩祭りの時に出てきてます!!

なんだか少しだけホッとしましたww

そして、タイズーが少しだけルールを発表しました!!

タイズー「初戦はペアでのタッグマッチ方式で戦うこととする!!」

つまり、喧嘩祭りのタッグ版と考えていいでしょう

 

そして、初戦!!!!

この初戦で勝ち上がった者が、ドロールとグロキシニアと闘う・・・ということだと思います

となると、有力なのがメリオダス&バンです

しかし、個人的にグロキシニアはキングが

ドロールはディアンヌが倒すと予想していたんですよね・・・・

どうなるんでしょう・・・

 

ゴウセル登場

ゴウセル 登場 2

「ゴウセルいないなぁー」と思っててたら、やっぱり登場しました!!

「迷宮内の命は全部消えたはず?・・・」

みたいな発言もありましたが

ゴウセルは人形だか生命として反応しなかったのか?

または別の何かが隠されているのか?不明ですが・・・気になるところですね!

 

そしてドロールがゴウセルの名に反応します

 「ゴウセル?どこかで聞いた名です」

どこで聞いたのか?

やっぱり十戒の一人だからなのか?

そもそも、十戒に昔からいるならゴウセルの事も知っているはずですが・・・

彼らは三千年前の戦いで十戒に入ったと思うので、それ以前にいたゴウセルの事を知らなくて当然といえば当然かもです・・・

 

エスカノールも登場

エスカノール メガネ

やっぱりエスカノールもいましたねww

夜なので、最弱になってますが・・・一応たどり着けたようです!

そして、マーリンからもらったメガネ(アイテム)をゴウセルに壊されましたw

 

メガネの事をアイテムと言っているのが気になりますね

ましてや、マーリンにもらったそうなので、何かしらの機能があったかもしれません

今のところ何も起こってませんが

メガネのないエスカノールに何かが起こりそうな予感・・・

と言うか伏線に感じました!

何もなかった申し訳ないですww

 

組み合わせ

  1. メリオダス&バン
  2. ヘンドリクセン&グリアモール
  3. キング&ディアンヌ
  4. トーラ&ジグモ
  5. エスタロ&アーバス
  6. アーサー&ななし
  7. ハウザー&ソラシド
  8. スレイダー&ハイファン
  9. ギルサンダー&ギルフロスト
  10. ホーク&エスカノール
  11. ゴウセル&ジェリコ
  12. マトローナ&オスロー
  13. シルバー&コアツォ
  14. ドルツォ&カルツォ
  15. ドロールゴーレム&グロキシニアサーバント
  16. エリザベス&エレイン

 

名前が判明

という組み合わせになりました!!

それにより、それぞれの名前も判明しましたが・・・・

⑥のアーサー&ななしwwww

ななしという名前なのか?それとも名無しなのか?

どっちなんでしょうか?

⑦の吟遊詩人ソラシドという適当な名前からななしという名前だと推測しています。

ただ・・・殺られ役なのは間違いないでしょうね・・・・

ちなみに⑬と⑭の奴は魔神の手下のやつです

 

ギルサンダー&ギルフロスト

ギルサンダー&ギルフロスト

そういえば、あのザラトラスに似ていたあの魔術師は

ギルフロストとう名前でした!!

 

始めは「ザラトラスに似ている」というコメントを頂きましたが

ギルフロスト・・・

なんか・・・ギルサンダーと被ってきた・・・・

もしかして、ザラトラスの隠し子ってことはないですよね???

 

エリザベス&エレイン

エスカノール&ホーク

まさかの最弱コンビ???

と・・・思わせて、実は本当の最弱コンビは

エスカノール&ホークなのではないか?と勝手に思ってます

まぁ、今のところですけどねww

昼になったら、最強になるのでww

 

しかし、エリザベスとエレインという組み合わせになったのはそれなりの意図があるわけですが・・・・

なんでしょうね??

今のところ不明ですが

勝ち残れるか心配です・・・

まとめ

とりあえず、注目する事が多いので

エリザベスとエレインに気をつけてみてください

PS.そういえば、マーリンはどこにいるんですかね?

著者:鈴木央
出版社:講談社
販売:Amazon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

8 件のコメント

  • 初コメです。
    エスカノールのめがねは昼に大男になるのを防ぐアイテムなのかなと個人的に思いました
    この喧嘩祭りどうなってくのか想像付かないです笑
    七つの大罪はいたるところに伏線がちりばめられてるので考察が面白いですよね

    • ysmさんへ
      初めまして!コメントありがとうございます。
      エスカノールのメガネはその可能性がありますねww

      確かに、ガランを倒してときもメガネが壊れていました!!!!
      でないと日頃の生活に支障が出ますからねww
      ほぼ確定かもです!!!

      結構散りばめられていますね!
      私もその面白さにはまっています!!

  • グロキシニアとドロールは魔神王かその配下の血を取り込んだ事で魔神族に変異したと思います。その理由はフラウドリンに洗脳されていたヘンドリクセンが灰色の魔神の血を取り込んでその姿に変貌し、魔力も受け継いだという前例です。
    人間が魔神族の血を取り込んでそれに変異するなら、妖精・巨人族でも可能だなと思いました。
    メラスキュラの信仰で目を焼かれた村人のように、参加者の二人くらいがグロキシニアの安息(元ネタ:安息日を守ること)、ドロールの戒禁の犠牲になる可能性があります。

    • 賢者さんへ
      コメントありがとうございます。
      勝手にコメントを取り上げました!!
      まさにその可能性は大です!!!むしろそうだと思ってます!

  • おそらくだが、ホークの生まれ変わりがワンドルだろうし、何よりリズの生まれ変わりがエリザベスだった。
    ザラトラスに似てる以前にギルフロストはザラトラスの生まれ変わりなのでは?

    • ゾディアークさんへ
      コメントありがとうございます。
      エリザベスはリズで確定
      ホークははっきりとはわかっていませんが・・・
      流れからしてゾディアークさんの言う通り、ギルフロストはザラトラスの生まれ変わりかもしれませんね!!
      少し注目してみましょう!

  • 今更ながらこの記事を読んで楽しませてもらってます。
    ギルフロストについてですが、ギル《サンダー》は雷の魔力を用い、ギル《フロスト》はフロストという名前と同様氷の魔力を使います。
    このことからザラトラスを同じ父に持つ兄弟なのでは、と思いました。こういう予想も楽しいのが七つの大罪の面白いところですよね(^ ^)

    • さんふらわあさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね。予想すると3倍くらい楽しめますw
      ギルフロストについては最新巻で正体が判明しています!
      確認してみてください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です