【ネタバレ注意】七つの大罪、第163「ヤバイ!!早速エリザベスとエレインが狙われてる!」の巻

少年マガジン13号(2016/02/24日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第162話「大喧嘩祭り!ついに開幕!!!」の巻

2016.02.17

今週の内容

第163話「王女と聖女」

大喧嘩祭り ルール

 

 大喧嘩祭りのルールその①

あらゆる武器、魔力の使用及び汚い手を使うことを許可する

ルールその②

勝利条件は以下の通り、相手組の殺害、または無力化、または場外落下

 

メリオダス「グロキシニア!!!エリザベスは関係ねぇ!今すぐ戻せ!」

バン「エレインに手を出しやがったらミンチにすんぞ!!!」

 

バンが助けに行こうとすると、グロキシニアに阻まれる・・・

 

ルールその③

試合放棄は厳禁っす!

 

エリザベス「メリオダス様私のことなら心配なさらずに!!今は自分の事に集中してください!!」

エレイン「バン!!私も平気よ!エリザベスの言うとおり自分たちの戦いに集中して!」

 

そこに暗殺騎士団が二人を狙う・・・

”そよ風の逆鱗”

そよ風の逆鱗

 

エレインは返り討ちにした

 

しかし、煙幕が二人を覆う

”毒蛇鞭”

毒 エリザベス

 

エリザベスは毒を食らって倒れてしまった

エレインの背後にまわる暗殺騎士団・・・・

 

しかし、エレインは人間の心の声を聴くことができる

”金色の逆鱗”

ドンッ!!!!

エレイン 強い

 

暗殺騎士団を倒した・・・

 

そしてエリザベスも何事もなかったかのように歩いてきた

エリザベスは自分の魔力で暗殺騎士団を回復させる・・・

以前、リオネスとマラキアは同盟を結んでいたらしい

エリザベス 治療

 

エレイン「よかったの?私たちを救おうとした人間よ?」

エリザベス「うん・・・でも、ほっとけないわ」

エリザベス&エレイン

 

聖女の強さと王女の優しさで掴み取った勝利!

第164話「譲らぬ者共」に続く。

今週の考察と感想

大喧嘩祭りも開始しまして!順調に進んでいます!

先週は2話掲載とのことで、今週も掲載されているとは・・・

鈴木央先生凄いですねwwきっとアシスタントも優秀なのでしょう!

とりあえず今週の気になるポイントをピックアップしていきます。

今週の気になるポイント

 大喧嘩祭りルール

大喧嘩祭り ルール その1

大喧嘩祭りにもルールがあるようです

そのルールが提示されたので一応確認しておきましょう!!

ルールその①

あらゆる武器、魔力の使用及び汚い手を使うことを許可する

ルールその②

勝利条件は以下の通り、相手組の殺害、または無力化、または場外落下

ルールその③

試合放棄は厳禁!

・・・ということです。

喧嘩祭りとはだいぶルールが異なるようです

となると、ほぼ何でもありですね!!

2人とも、違和感なく振舞ってますけど・・・

エリザベス 治療 2

そういえばエレインって結構苦しんでませんでしたっけ?

いつの間にか、普通に馴染んでますけど・・・・

そして、エリザベスも・・・こんなに魔力を自由に操れてましたっけ・・・・?

こないだハウザーの治療をしていましたが、今回は自分がくらった毒を無力化しました

いいんですけどね!あんまり深く考えない事にします!

みんな少しづつ成長しているって証拠ですよね?

意外と強いじゃん

エレイン 強い 2

エリザベス&エレイン・・・

参加者の中で最弱・・・と思いきや?暗殺騎士団をあっさり倒してしまいました!!

そういえばエレインって意外と強いですからねww

少し安心しました!

やっぱり、現段階ではエスカノール&ホークが最弱だわ・・・

前回の気になるコメント

前回の記事でなかなか素晴らしいコメントを頂いていたので紹介します。

ysmさんより

初コメです。
エスカノールのめがねは昼に大男になるのを防ぐアイテムなのかなと個人的に思いました
この喧嘩祭りどうなってくのか想像付かないです笑
七つの大罪はいたるところに伏線がちりばめられてるので考察が面白いですよね

賢者さんより

グロキシニアとドロールは魔神王かその配下の血を取り込んだ事で魔神族に変異したと思います。その理由はフラウドリンに洗脳されていたヘンドリクセンが灰色の魔神の血を取り込んでその姿に変貌し、魔力も受け継いだという前例です。
人間が魔神族の血を取り込んでそれに変異するなら、妖精・巨人族でも可能だなと思いました。
メラスキュラの信仰で目を焼かれた村人のように、参加者の二人くらいがグロキシニアの安息(元ネタ:安息日を守ること)、ドロールの戒禁の犠牲になる可能性があります。

勝手に、取り上げさせて頂きました!!

上記の2つとも「なるほどっ!」と感心させられました!!

みなさんよく見ていらっしゃる!!素晴らしいですよね・・・

エスカノールの眼鏡の効力、なぜ巨人族の始祖と初代妖精王が魔神族側にいるのか?

あっているかはまだわかりませんが、辻褄はあっていますし素晴らしい考察だと思います!

皆さんもどんどんコメントお待ちしております!!

まとめ

果たして次回はどうなってしまうのか?

個人的には激戦だと予想しています!注目↓

  • とりあえず大喧嘩祭り開幕!
  • エリザベス&エレインは意外と強かった
  • 今後も狙われる可能性が大!
  • 多分上記のコメントは合ってると思う

今後、以上に注目してみてください!

PS.もしも、エスカノール&ホークが狙われていたら・・・・

著者:鈴木央
出版社:講談社
販売:Amazon

9 件のコメント

  • エレイン強いですね
    というかマラキアの騎士団弱っ(笑)
    まあでもこのテンポで進んでくれないと長くなりそうですしね
    エスカノールは前回だいぶ活躍したから今回は即負けそうですね(笑)

    • ysmさんへ
      コメントありがとうございます。
      意外と強かったですww
      それともマラキア騎士団が弱かったんですかね??!
      あーエスカノールは敗退ですかね?
      一応、眼鏡壊れたんでお昼には最強に変貌すると思われます

  • エレインの違和感って抜けきらないですよね。互いに凄く想いあっているのはわかるのですが、バンに果たせなかった未練がどんだけあんだかw
    賢者さんのコメントはそうかってなったんですが、そうなると彼等もまた操られている線もでてきますかね?ヘンドリクセンがそうだったみたいですから。

    • あかさんへ
      そうなんですよね
      他の部分でも少し違和感が・・・

      個人的には操られていると思います。

  • はじめまして。
    いつも楽しく読ませてもらってます。
    本誌を読むのと合わせて楽しく読んでます。
    ところで、話の本筋とは違うのですが、鈴木先生は以前雑誌で「デビュー当時担当編集からアシスタントをつけてやってみなさいと言われ、逆に一人で描こうとムキになってライジングインパクトもずっと一人でやってきた。七つの大罪を連載している今も、スミベタとトーン処理は妻(黒峰(嫁)さんですね)がやっているが一人で描いてます」とおっしゃってました。
    業界では「鈴木先生を基準にしたら色々おかしくなる」と言われるほど有名な速筆だそうです。

    • もすさんへ
      GEKONINJAです。
      アシスタントについて同じことを考えました。
      「あれ?先生って黒峰(嫁)さんと二人で描いているのでは?」と……
      同じところに目をつける方がいてほっとしました。

    • もすさんへ
      初めまして!コメントありがとうございます。
      「いつも楽しく読ませてもらってます。
      本誌を読むのと合わせて楽しく読んでます。」
      ↑めっちゃ嬉しいですww

      ライジングインパクト大好きでした!!!!
      そんな裏話があったんですね・・・鈴木先生すげぇー!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です