【ネタバレ注意】七つの大罪、第182話「メリオダス無事に生きてましたww」の巻

少年マガジン32号(2016/07/06日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第181話「メリオダスの過去」の巻

2016.06.30

今週の内容

第182話「たしかな ぬくもり」

エリザベス・ザラトラス・ホークはメリオダスの過去の記憶にもぐりこんでいた

ダナフォール壊滅直後にメリオダスは赤子を抱いて出てきたのだ

 

ザラトラスが赤子にさわろうとする

メリオダス「俺の女に気安く触れるな!!!」

メリオダス 俺の女

その後、バルトラのビジョンの魔力により、その赤子がバルトラの3人目の娘になるという予兆を見たことで養子になった

メリオダス「ただし俺を雇う事が条件だぜ?」

 

メリオダスが聖騎士として雇う事が条件だというと、ザラトラスは高らかに笑い剣を抜いた

しかし、その後メリオダスに負けてしまうのであった

ザラトラス VS メリオダス

その後国王陛下が彼らの出現を予言する・・・

「七人の大罪人がリオネス王国の守護者となる!!?」

ザラトラス「まさか・・・そんなバカな話がありえますか?!」

 

マーリン「予兆なくして五人を見つけることは不可能に近かった」

つまり残る二人は

マーリン「無論、私とお前だ」

 

「種族、性格こそ五者五様だが資質において全員遜色ない」

 

つまり七つの大罪とは魔人族十戒を討つために選ばれた者たちだったのです。

十戒 討つ

メリオダス「三千年の間呪いを解くために待ち続けたんだ」

メリオダスは死ねないらしい・・・

死ぬことを全部試しても、呪いがそれを許さなかったらしい

メリオダス エリザベス 約束2

そして三人はメリオダスの記憶から出てきた

 

一方でメリオダスは生きていた

「煉獄に来た感想はどうだ?たっぷり時間はあるゆるりと語ろうぞメリオダスよ・・・」

メリオダス「やーなこった」

メリオダス 煉獄

第183話「デンジャーゾーン」に続く。

今週の考察と感想

メリオダスやっぱり生きてたーーーーーー!!!!!

まぁ皆さん予想通りではあったと思いますが・・・・まさか煉獄にいるとは・・・

というかそんな場所が存在するとは・・・・

なんだかんだうれしい限りですがw

とりあえず気になるポイントをピックアップしていきます。

今週の気になるポイント

マーリンとは何者か?

七つの大罪 使命

記憶の中でバルトラはある予兆を見ています。

バルトラ「七人の大罪人がリオネス王国の守護者となる!!?」

そこに登場したのがマーリンです。

コスチュームも違いますし、何か持ってますねw杖ですかね?

バルトラもザラトラスも「誰?」というリアクションですがマーリンはすでに大罪人なのか?まだ大罪人ではないのか?

そして、メリオダスの記憶の中でストーリーがスピーディーに展開されているなかで・・・・

予兆を見た時にはすでにマーリンが七人の大罪人を見つけて調査と選定も済ませている状態でしたw

まさに何者?という感じです・・・・

さらにザラトラスの発言に注目です。

「このときは二人が何を言っているのか全く理解できなかったが今こそわかりました」

「七つの大罪とは、魔神族十戒を討つために選ばれた者たちだったのです!!!」

この文脈からしてマーリンもすでに十戒の存在を知っているかのような言いまわしですね。

更にメリオダスとマーリンは既に顔見知りのようです・・・・

そういえば・・・・

マーリンはメリオダスから、十戒が復活した事を知らされた時に興奮?していましたよね?

そこからも、十戒の存在はあらかじめ知っていたようにも見えましたし・・・何かしら関係している可能性があります。

以前から言っていますが、マーリンは謎が多く暴食の罪も明かされていません。

もしも、マーリンがあらかじめ魔神族の存在を知っていたとしたら暴食の罪と何か関係している可能性も十分に考えられます。

他にも、マーリンの師匠が魔神族関係者であるという説もありますが・・・長くなるので今はやめておきましょう・・・

生きていたメリオダス

メリオダス エリザベス 約束

ところで!やっぱりメリオダスは生きていましたね!!

どうやら煉獄にいるようですwww

二人がなんともよかったです!

メリオダス「約束するぜ俺はどんな場所からだって必ず生きてお前のもとに戻る」

エリザベス「・・・メリオダスは必ず戻ってくるわ。私に約束してくれたもの!!」

メリオダスと呼び捨てwwなんか良いw

すごくよかったです!

煉獄とは何か?

七つの大罪 183話

煉獄とは

天国にも地獄にも行けなかった魂が清められ天国に行く期間だそうです・・・・

つまりはざまですね・・・

そして、煉獄での声の主はだれでしょうか?

口調的にガラン?・・・は無いでしょうが・・・

もしかすると魔神族?魔神王?女神族?色々考えられますねw

とりあえず、生きている事がわかったので一安心です。

次回は煉獄を経て復活するでしょうね!!

呪いとは何か?

メリオダス 呪い

メリオダスは生きていました!

というのも・・・・どうやら呪いの力で死ねないようですねw

ザラトラスの会話でこんなことを言っています。

メリオダス「全部試した。でもな呪いがそれを許さねえんだ」

つまりどうやっても死ねないようです。

ところで「呪い」とは何でしょうか?

可能性としては↓

  • 自分の戒禁?
  • 殺した十戒の戒禁?
  • 魔人王の呪い?
  • 女神族の呪い?

以上が考えられますが・・・・

呪いと言う事で、女神族はなさそうな感じがします。

戒禁の定義がはっきりしていないので何とも断定はできませんが・・・以前殺した十戒メンバーの戒禁の力が働いている可能性もあります。

しかし、もしも本人が死ねば解禁も解除されるとうことなら、その可能性は無くなります。

一つ気になるのが、メリオダスが呪われている事をガランが知っていたと言う事です。

以前に「呪われし魔人族」的なことを言っています。

前回から言っていますが、ガランはメリオダスが死ねない事を知っていた?可能性があります。

となると、エスタロッサなど他のメンバーも知っている可能性はありますよね?

そこらへんが謎です・・・・

まとめ

今回もメリオダスは復活しませんでしたが、生きている事は確定しました。

とりあえず・・・・

  • 煉獄からどのように復活するのか?
  • 煉獄で喋っている奴は誰なのか?
  • メリオダスの呪いとは?

上記に注目してみてください。

作者:鈴木央
出版社:講談社
販売:Amazon

14 件のコメント

  • お疲れさまです。マーリンってほんとに何者なんでしょう。ゴウセルが人形であることを知っていたり、バロールの魔眼の発明者だったりと魔神と深い関わりがあるような…しかしガランと対峙した時には「想像以上の闘級だが」と言ってたことから、十戒について詳しくは知らないようなので魔神族ではないのかな…?

    • halさんへ
      コメントありがとうございます。
      お疲れ様です。
      魔神族とのかかわりがある。もしくは過去に調べているという感じでしょね・・・
      七つの大罪メンバーは全員種族が違うと思われます。
      と言う事はマーリンも人間ではないのではないかと勝手に思っているわけです・・・
      予想の範囲ですけどねw

    • ロゼッタさんへ
      コメントありがとうございます。
      不殺のグレイロードですね。
      呪いと言う事で・・・戒禁では無いのではないか?と思って来ているんですよね・・・

    • くいさんへ
      コメントありがとうございます。
      そう考えるとそうなりますね・・・・
      おそらく知らないのかもしれません。
      と言う事は、この呪いは女神族によるものではない可能性が大ですね。
      もしくは死なない事を知っているうえで言っていたのか?・・・・

  • この漫画十戎倒したら終わりでしょうか?または魔神王倒したら…? っていうかゴウセル十戎なんですよね。結果ゴウセルも倒すのでしょうか?あと、デンゼルの秘密兵器が気になります。

    • ナオじゃーまんさんへ
      コメントありがとうございます。
      とりあえずは魔神王を倒すまででしょうね。
      ゴウセルは微妙なところです。倒しはしないと思いますが、十戒になるか・・・七つの大罪に残るのか・・・・
      どちらのパターンも考えられます。
      デンゼルの秘密兵器は・・・不明ですねw
      忘れたころに出てくるかもしれないので頭の隅っこに置いておいてください!

  • マーリンはメリオダスが死ねないということを知ってるのでしょうか?
    まだまだ謎がいっぱいです!!

    • ユキさんへ
      コメントありがとうございます。
      マーリンは以前からメリオダスの事を知っていたようなので、もしかしたら知ってるかもしれませんね。

  • ガランのお主、まだその姿なのか。というセリフもありましたね。封印されて今の姿なのか、エスタロッサとは双子?

    • ピロシキさんへ
      コメントありがとうございます。
      メリオダスに対しての発言ですかね?
      エスタロッサに対してですかね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です