【ネタバレ注意】七つの大罪199話「敵か?!味方か?!ドロールとグロキシニア・・・」の巻

少年マガジン51号(2016/11/16日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第198話「グロキシニア&ドロール、二人で登場!」の巻

2016.11.02

今週の内容

第199話「光なき者たち」

img_4307

キング「ディアンヌ最初から全力でとばすんだ!!」

ディアンヌ「そのつもりだよ!!」

二人はグロキシニアとドロールに襲い掛かる

 

グロキシニア「キミらの実力じゃ死ぬ気でかかってきてくれないと三秒も楽しめない」

グロキシニアとキングの実力は圧倒的だった・・・

真・霊槍シャスティフォルでも太刀打ちできない

キングはグサリとやられた・・・

img_4308

一方、ディアンヌも同じで実力差がありすぎる

全力の攻撃でもドロールはガードもしない

”乱撃衝”

img_4309

ディアンヌの攻撃がドロールを襲う

しかし、ドロールは華麗にかしていく

 

ディアンヌはあることに気づいた

これは逃げているのではない踊っている・・・・

ディアンヌもまた一撃でやられてしまった

 

キング「殺すならさっさと殺せ・・・」

グロキシニア「じゃっ死んでもらうッス。キミらが私たちの期待を裏切ったら」

!?

img_4310

ドロール「今から汝らに修行を与え」

グロキシニア「私らを超えてもらうッス・・・!!!」

第200話「聖戦の記憶」に続く。

今週の考察と感想

なななんという事でしょう!!!

敵である十戒のグロキシニアとドロールに連れ去られたと思えば、今度は修行をつけてもらうという展開に発展しました・・・

二人の思惑とは何なのでしょうか?

やっぱり十戒ってだけあって強いですねwww

とりあえず気になるポイントをピックアップしていきます。

今週の気になるポイント

グロキシニア&ドロール強すぎw

img_4312

それにしても、二人とも強すぎますねw

さすがは十戒です・・・

メリオダスと戦った時は2対1でも、いっぱいいっぱいでしたが、メリオダスが強すぎるだけですww

そして・・・・最後にこんな発言が・・・・

ドロール「今より汝らに修行を与え」

グロキシニア「私らを越えてもらうッス・・・!!!」

無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理・・・・・

無理でしょうww

何とも強引な展開ですw一応、十戒の二人の闘級は・・・

グロキシニア

  • 闘級:50000
  • 魔力:47000
  • 武力:0
  • 気力:3000

ドロール

  • 闘級:54000
  • 魔力:14000
  • 武力:36500
  • 気力:3500

という事で二人とも闘級が50000を超えています・・・

対して・・・

キング

  • 闘級:4190
  • 魔力:3370
  • 武力:0
  • 気力:820

ディアンヌ

  • 闘級:3250
  • 魔力:900
  • 武力:1870
  • 気力:480

と・・・闘級は1/10以下です・・・・

まぁ二人とも伸びしろはあるのはわかっているのですが・・・少し無理があるような気がします。

でも個人的にはこの強引かつスムーズな展開が好きですww

無駄に引っ張らない感じがいいんですよね!

意外と期待していますww

キングの羽が生えていない理由?!

img_4311

キングの羽なんですが・・・・

何故生えていないのか?・・・過去に色々な予想をしてきましたが、今回グロキシニアが気になる発言をしています。

グロキシニア「おかしいと思ったけど妖精王たる者が未だに羽も生えていないとは前代未聞の珍事っスね。それじゃ真・霊槍を連発するどころか維持することも難しいっスよ」

・・・とグロキシニアさんはキングに対して苦言を呈しておりますww

という事は、キングの羽が生えた時、覚醒するという事でほぼ確定ですね!

羽が生えていない状態でこの強さなので、もしも覚醒したらグロキシニアを超えられる?のかもしれません。

伸びしろはあるかもしれない・・・

ディアンヌも同様ですね。

以前から伸びしろはあると言われていたので、巨人族の舞をマスターして大地と一体化する。

そして、覚醒という一途をたどると思います。

ちなみに前回のコメントで頂きましたが、キングは覚醒すると羽が生えると思いますが、ディアンヌは覚醒しても腕は生えませんw

二人の思惑とは何なのか?

img_4313

前回、いきなり二人を連れ去ったと思えば今度は修行をつけると言い出した二人ですが・・・

一体何が目的なのでしょうか?

二人は十戒・・・

何をたくらんでいるのでしょうか・・?

気になるのは次回タイトル「聖戦の記憶」です。

もしかすると、3000年前のグロキシニアとドロールがなぜ魔神側に行ってしまったのか?

過去の回想と共に、真の理由が明らかになると思います。

まとめ

  • キング&ディアンヌ修行
  •  キング&ディアンヌそろそろ覚醒
  • 聖戦の記憶とは?

とりあえず、グロキシニアとドロールは二人を倒しに来たのではなく協力しに来た?感じです。

修行という事で二人の覚醒もついに近いでしょう・・・・

何故こんなことになっているかは不明ですが、次回色々な謎も少しはわかってくるとおもいます。

キングも覚醒したら、羽が生えて・・・あの鎧っぽいやつもできるようになるのかもしれません・・・

㎰.本当に超えることはできるのか?

著者:鈴木央
出版社:講談社
販売:Amazon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

19 件のコメント

  • 2人の成長、とても楽しみです!
    少し気になったんですが、グロキシニアとキングでは、霊槍の形態も、それぞれの機能も、かなり違いますよね。
    キングか覚醒することで、デスソーンや、生命の雫?みたいなのもできるようになるんでしょうか?

    • のっぽさんへ
      コメントありがとうございます。
      霊槍を比較するとかなり違いがありますね。
      グロキシニアのガーディアンは蜂なんだぁ~と思ってましたww
      デスゾーンや生命の雫のようなキングに使えない技もあります。
      デスゾーンはわかりませんが、生命の雫は使えるようになるんじゃないかな?と思ってます。

    • ひかるんさんへ
      コメントありがとうございます。
      キングは三代目のようです。
      調べたところファンブックに記載されていました。
      ”メリオダス曰く「先代の妖精王ダリアも先々代・・・初代妖精王グロキシニアも立派な羽を持っていた」にもかかわらず、キングだけはなぜか羽が生えていない”
      という事です。

  • お疲れ様です。
    キングってやっぱり人間と妖精のハーフなんですかね。エレインにもありませんし。だとするとキングの正装(おっさん姿)って実はキングの父親なんじゃないでしょうか。あれって結局誰なのか明らかになってないですよね。

    • halさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね~キングもハーフ説が出ていますね。
      羽も生えていませんし、妖精族の特徴的な耳も普通なんですよね。
      そう考えると可能性はあると思います。
      そして、キングの正装おっさんの正体は誰なのか?
      気にしていない人も多いですが、意外とこれも謎です。
      キングだけに言える事ではないですが、両親も不明です。
      意外と父親という事の考えられますね。
      先代の妖精王ダリアなのか・・・・・謎が多いですね!

  • 流れ的に二人とも超えるとは思いますが、ディアンヌはほぼ確実ですよね、ドロールのあの力したら当然戦士長ですから、それを上回る実力があると言われてたディアンヌは間違いなく強くなれると思います、あとデスゾーンはサンフラワーで消せない的を消す魔力と言ってましたがそもそも武器が違うのでやっぱり使えないと思うんですが…サンフラワー自体がつよくなるんですかね?

    • たこさんへ
      コメントありがとうございます。
      デスゾーンは霊槍バスキアス第9形態なのでもしかすると、キングも同じような技を使えるようになる可能性はあります。
      キングの第9形態は明かされていないんですよね。
      第一形態→霊槍
      第二形態→守護獣
      第三形態→化石化
      第四形態→光華
      第五形態→増殖
      第六形態→?
      第七形態→導苔
      第八形態→花粒園
      第九形態→?
      第十形態→クッション?

  • いやーやっぱり圧倒的ですね十戒。
    グロキシニアとか武力0のくせにやたら機敏に動きますしねw
    武力=筋力で、動体視力とかは入ってないのか…?

    あと、今更なんですけど、魔力が高いとどうなるんですかね?メリオダスの「獄炎/ヘルブレイズ」とかなら、魔力が高ければより高威力の攻撃が出せると解釈できますけど、ギャノン(ディアンヌを騙した聖騎士)の「幻聴/ホロウサウンド」とか、魔力100でも魔力10000でも戦闘力に影響しないような…
    魔力攻撃の連発可能数に関係するんですかね?ということはドレファスが全力で天漢破獄刃を撃ちきった直後は闘級が2000(魔力0、武力1000、気力1000)までダウンするってことか…?
    問題提起ばっかしちゃってすいません

  • ドレファスのくだりが分かりにくいですねすみません
    「魔力を持ってる奴は、技を出すたびに魔力を消費して、魔力の値(闘級)が下がっていくのか?」っていうことです。ゲージ制みたいな感じで。

    • Aさんへ
      コメントありがとうございます。
      武力0は極端ですよね。
      一言でいうとAさんのいうようなゲージ制ではないと思いますよ。
      それだと、違和感がありますしねw
      そこらへんは、あまり深く考えてはいけません!!

  • ルンルンです。お疲れ様です!!
    今回の展開なんかなにがなんだかよくわからなくなってきましたね…
    もしかしたらドロールとグロキシニアって守りたいものがあり十戒側につき、騙され少し洗脳されていたけれども少し意識があるっていう可能性もありそうですね…

    • ルンルンさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね。なんだかその可能性もありますね・・・
      とにかく訳ありなのでしょう。
      騙されていたとゆうより、わざと十戒側に属したのではないかとも思えます。
      次回、詳しい解説があるかもしれませんね。

  • 以前から気になっていたのですが今回のプロフィールを見て改めてコメントしようと思いました。以前、グロキシニアがエスカノールの攻撃を見たとき「これはエスタロッサ級の魔力っすよ!?」と言いましたが、エスタロッサは3000グロキシニアは47000これは一体どういうことなんでしょうか?

    • にんにくさんへ
      コメントありがとうございます。
      確認しました。
      確かに言っていますね・・・・
      この時は闘級が公開されていなかったと思うので、エスタロッサ=強いと見せかけて
      闘級はグロキシニアの方が上というパターンですね。
      もしくは、ただ単に十戒メンバーと闘級を比較しただけか・・・
      エスタロッサ級と言われればエスカノールの強さも際立ちますからね。
      もしくは、バカにしているかww

  • キングとディアンヌの魔力って結局どうなったんでしょうか?初代のお二方はキングとディアンヌみたいな技使ってますよね。キングの魔力ディザスターは、かすり傷を重傷化させ、毒を猛毒に変え、小さな腫瘍を増大させる。 植物を成長させる。 植物が含む水分や養分を圧縮することで殺傷能力を持つ水弾を撃つことも可能。 の他に神器を最大限に発揮するとのことらしいですけど、神器の発揮できてなくないですか?初代の方が最大限に発揮できてるような気がします。真霊槍シャスティホルについて初代は維持するのは難しいと言っているので最大限に発揮できてるわけじゃないですよね?さらに上があるのでしょうか?

    ディアンヌの魔力クリエイションは、体現する地と密接な関係にある巨人族特有の魔力。鉄を飴のようにねじ曲げ、地層を塔のように隆起させ、鉱石を軽く叩き砂にすることもできる。 らしいのですけど、これなんて特に初代と同じ魔力ですよね!!

    後これは今回の話には関係がないんですけど、バンの神器はバステ監獄投獄された際に取られたって本人は言ってますが、王国反逆の疑いは晴れたのになぜ王国は返さないのでしょうか?

    • 突然のお邪魔失礼します。さんへ
      コメントありがとうございます。
      キングの場合はまだ神器を使いこなしていない・単純に弱いという事でしょうね。
      神器の形態も不明な部分もあります。
      単純に強くなるのと使える神器の形態が増えると思います。
      ディアンヌの場合、魔力の性質はドロールとほぼ同じです。
      ディアンヌは創造(クリエーション)
      ドロールは大地(グラウンド)
      もしかすると、違いがあるかもしれません。
      そこはディアンヌが覚醒してからのお楽しみです!
      バンの神器は誰かが持っているのかもしれませんね・・・・
      早く返せ!とも思いますが・・・・おそらくは女神族編で登場すると思います!
      そうすることで、今後の戦いについていけるようになるのかな?という予想です。

  • グロキシニアとキングの霊槍の名前・力の違いはあるものの生命の雫と花粒園は同じ回復系だから強化はあっても変化はないと思います。

    • 七つの大罪さんへ
      コメントありがとうございます。
      確かにそうですね。
      回復系としては同じです。生命の雫と花粒園が同じとするならば強化だけかもですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です