【ネタバレ注意】七つの大罪、第226話「囚われたメリオダス!?」の巻

少年マガジン33号(2017/07/17日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第225話「城塞都市コランド到着!そこに待ち受けていたのは・・・・」の巻

2017.07.12

今週の内容

第226話「アラクレ」

IMG_5452

メリオダスが飛び出す・・・

「団長ー!!」

メリオダス「おおっ」

メリオダスの一振りが入りゼルドリスは真っ二つになる・・・

 

ゼルドリスが真っ二つになるが、骨になってしまった

メリオダス「やっぱり幻覚か・・・」

メラスキュラ「罠だと知って切りかかってくるなんて、よほどゼルドリスに怒り心頭のご様子ねメリオダス様?」

 

その時、メリオダスの足元からメラスキュラの魔力が包み込む

”暗澹の繭”

IMG_5453

バン「団ちょ・・・あの技は、メラスキュラの!!」

とっさにバンが飛び出すがメリオダスは繭に包まれ地面へと消えた

 

ディアンヌ「団長がさらわれた!?どうしよう!!」

ゴウセル「大丈夫遠くへは行ってないよ、街の中心部から魔力を感じる」

その時、足元に転がっていた骸骨たちが動き出す・・・

これはメラスキュラの能力だ・・・

 

一方、繭の中ではメリオダスが苦戦している様子だ

メラスキュラ「あなたの負のエネルギーはすべて暗澹の繭に吸収されあるものに変換されるの、さて・・・そのあるものとは何かしら?もし当てられたらそのご褒美に・・・エリザベスが記憶を取り戻した3日後に繭から出してあげる」

IMG_5454

怒りの表情を浮かべるメリオダス・・・・

 

一方、骸骨と戦っていたメンバーだが異変が起こる・・・

徐々に骸骨が強くなっているのだ

その原因はメラスキュラ・・・メリオダスの力を吸収して骸骨たちに与えていた・・・

どうしようもないメリオダス・・・

メラスキュラ「これはいわばメリオダスと七つの大罪の潰しあいよ・・・!」

IMG_5455

第227話「激突!激突!激突!!!」に続く。

今週の考察と感想

やっぱり罠だったかーww

マーリンは違和感を感じたのか瞬時に見抜いていたというわけですね。

結局あっさりと捕まってしまったメリオダスですが・・・

問題はここからの展開ですよね

どうやって脱出するのでしょうか?

とりあえず今週の気になるポイントをピックアップしていきます。

ゼルドリス幻覚でした!そして罠w

IMG_5456

コランドに到着した途端に出てきたのはゼルドリスでした・・・

しかし!

そのゼルドリスはメラスキュラによる幻覚でした。

マーリンが罠だと言っていましたが、幻覚でメリオダスを引き付けるための罠だったという訳ですね。

メリオダスも「やっぱり幻覚か・・・」というような感じだったんですが・・・

その後、簡単にメラスキュラに捕まってしまいました。

”暗澹の繭”これは以前にバンが魂を抜き取られた時の技ですね。

ちなみにエスカノールも魂を抜き取られましたが、魂になっても自分の魔力でメラスキュラを内側から焼き付けました

しかし、今回は違います。

”死霊強化の法【修羅の怨讐】”という事で暗澹の繭の中で放たれたメリオダスの攻撃を吸収して、【怨反魂の法】で生き返らせた骸骨たちに、力が移ります。

つまり、潰しあいという事です。

となると・・・メリオダスは暗澹の繭の中で何もできなくなりそうですね・・・・

まぁ結局そこらへんは何も関係なくメリオダスは暴れるんじゃないか?とも思っていますw

メリオダスマックス?

メリオダス 紋様 違い

メリオダスがゼルドリスの幻覚に飛び掛かった瞬間にメリオダスは魔神化します。

その時に額に文様が現れますが・・・統率者時代の文様とポジションが似ているんですよね・・・

↑上の画像で言うと左が初期の文様、中央が生き返った時、右が十戒の統率者時代なんですが・・・

今回の文様と比較すると似ています

むしろ、それ以上にバージョンアップしているようにも見えますw

IMG_5457

↑今回のメリオダスの額の文様

もしかすると、メリオダスは以前と同等の力に戻っているのではないでしょうか?

メラスキュラも言っていますが顔つきも、その時のモノになっている雰囲気が・・・・

メリオダス分身説?

ところで、メリオダスはここからどうやって脱出するのでしょうか?

メリオダスとメラスキュラは地面に消えていきました

おそらく地面に消えたとはいえ別の場所にループしたと考えられます。

ゴウセルも「街の中心から魔力を感じる」といっているのでほぼ間違いないかと・・・・

となると、残りのメンバーが二人を見つけ出し外部から攻撃して繭を割る?

もしくは、メリオダスが自力で脱出する他ありません

1つ気になるのはメリオダスが罠だとわかっていながら簡単に捕まるでしょうか?

もしかすると、ゼルドリスをど派手に攻撃した際、気づかれないように分身している可能性もあります。

さすればメリオダスの脱出も可能になってくるのではないでしょうか。

大虐殺の犯人は?

大虐殺があったコランドというワードが出てきた時から、その犯人はヘルブラムではないか?という疑惑が浮上していました。

・・・・しかし、今回

ヘルブラムも声だけですが出てきています。特に何かを感じさせる様子もありません

もしもヘルブラムが大虐殺の張本人なら何か意味深なシーンや発言があってもいいのではないでしょうか?覚えていないという事はないでしょうし・・・

そう考えると、大虐殺の犯人がヘルブラムというのも疑わしくなってきました。

まだ、確定はできませんがそんな気もしてきました。

アラクネとは何だったのか?

今回の個人的な一番の疑問なんですが・・・

結局、今回のタイトルである「アラクレ」とは何だったのか?という事です。

ん~謎ですね・・・

たま~にこういう意味深なタイトルがあるんですよね・・・

気になりますが、これも後々判明するかもしれません。

【七つの大罪最新刊情報】

↓七つの大罪27巻が7/14に発売されています!まだの人はこちら↓!!!

著者:鈴木央
出版社:講談社
販売:Amazon

2 件のコメント

  • お久しぶりです┏○ペコ

    今回のタイトルの謎なのですが。
    「アラクネ」は蜘蛛女の事なんですよね。よく知りませんが…。
    蜘蛛っと言えば、蜘蛛の巣を作り虫を捕まえ食べる。女→メラさん。虫→メリオダスや七つの大罪。っと思われます。
    そして、メリオダスが罠にわざと引っかかるのを踏まえた罠なのでは?っとも考えましたがメリオダスは読みがいいのでそれは多分…ないと思います……。

    次が楽しみですね(・ω・`三´・ω・)

    • ゆきさんへ
      コメントありがとうございます。
      お久しぶりです!
      そのようですね、ギリシア神話にも登場するようです。
      しかし、今回のタイトルはアラクレです
      もしかするとアラクネにかけている?のだとするとゆきさんの言う通りかもしれませんね。
      次回に期待しましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です