【ネタバレ注意】七つの大罪、第230話「メラスキュラの首とったり!エレインの運命はいかに?」の巻

少年マガジン38号(2017/08/23日発売の)七つの大罪完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第229話「エレインの羽根が・・・・!メリオダスは暴走!」の巻

2017.08.09

今週の内容

第230話「選ばれし戦士たち」

IMG_5785

メリオダスは暴走状態になっていた・・・

リザベス「メリオダス・・・まさか暴走を・・・!?」

メラスキュラ「もうおしまいよ・・・!あのメリオダスは十戒統率者時代・・・私たちですら畏れた”殲滅状態(アサルトモード)”」

マーリンは二人を”完璧なる立方体(パーフェクトキューブ)”で囲む

どうやらメリオダスは暗澹の繭から抜け出すために一か八か魔直を極限まで開放したらしい・・・

 

バンはメラスキュラに突っ込んでいく

バン「てめこそ残る心臓を潰されりゃおしまいだろが♪」

フォックスハントで心臓を潰しに行くが失敗・・・

逆に毒をかけられとけてしまう

IMG_5786

エリザベス「健やかなれ」

バンがの体が再生していく

ディアンヌ・キングも応戦する

メラスキュラ「並みの巨人族のパワーじゃない!!まるでドロール!!!」

 

メラスキュラがいったん撤退しようとする

その時!

”嵐瀑布(テンペスト・フォールス)”

エレインがメラスキュラを囲む

エレイン「もう終わりにしましょう」

IMG_5788

メラスキュラ「わかっているの?私を殺せばあなたも死ぬのよ?」

ゴウセルがメラスキュラの動きを封じる

エレイン「マーリンお願い」

その時エリザベスが動く

エリザベス「安らかなれ」

メラスキュラは小さな蛇になってしまった・・・・

 

一方、エスカノールとメリオダス・・・・

メリオダス「下賎な人間がおこがましい。俺はメリオダス十戒の統率者」

エスカノール「おこがましい」

IMG_5789

第231話「傲慢vs憤怒」

今週の考察と感想

さてさてさ~て!

今回はエスカノールvsメリオダスかと思いきや!

残念ながら引っ張られましたね!次回に持ち越しです。

しかしながら今回、ついにメラスキュラを倒しました。しかもマーリンが試験管に保存w

グレイロードに続き2人目ですかね?

という事で今週も気になるポイントをピックアップしていきます。

完全なる立方体(パーフェクトキューブ)とは?

IMG_5783

今更なんですが・・・・

パーフェクトキューブってすごいですよね。

何者の攻撃も完全に防ぐことができるという・・・・

しかし、ふと思ったんですよ。あれって外からの攻撃だけを守るものだと勝手に思ってたんですけど、内側の攻撃も防げるという・・・

それなら、団長だけをパーフェクトキューブに閉じ込めればよかったんじゃないの?・・・・

とか野暮なことを考えてしまった・・・・

とか言いつつ最強対決が見たいので良いんですけどね!

メラスキュラとエレインの運命は?

IMG_5782

今回、覚悟を決めたエレインでした。

エレイン「マーリン、お願い・・・・」

これはマーリンが止めを刺す展開かと思いきや出てきたのはエリザベス!

エリザべス「安らかなれ」

メラスキュラは蛇になってしましました。

最初は「なんで蛇なんだろう?」という疑問があったんですが、ちゃんと理由がありました。

エリザべス「メラスキュラは魔界の強い瘴気を浴び続けながら300年生きた毒蛇が魔力を得たものなの・・・メリオダスからそう聞いたわ・・・」

という事で元は蛇だったようです。

謎解決!

そして、最終的にマーリンが試験管に捉えました。

つ・ま・り!

エレインは生きている状態?という事になるんじゃないか?と思われます。

途中、エレインも死期が近い・・・的な感じで寝込んでいたりしていたので魔力の効力が切れるのかな・・・とか思っていましたが普通に復活した様子ですし・・・

これで丸く収まるんじゃないかな?って思います。

じゃないとエレインも覚醒した意味がありませんからねwww

しかも、蛇になったメラスキュラはマーリンが捕獲しました、グレイロードに続き2人目ですね。

【十戒の生存状況】

傲慢vs憤怒

IMG_5781

なんやかんや引っ張られましたが・・・

次回は、エスカノールvsメリオダスです。

まず、メリオダスの状態なんですが・・・・

リザベス「メリオダス・・・まさか暴走を・・・!?」

メラスキュラ「もうおしまいよ・・・!あのメリオダスは十戒統率者時代・・・私たちですら畏れた”殲滅状態(アサルトモード)”」

という事でアサルトモードという状態になっているようですね。

その名の通り暴走とはまた一味違った殲滅に徹する状態でしょう。

エリザベスの口ぶりからしてこのアサルトモードは知らない?ようですね。

という事で、最強vs最強の夢の対決が実現するわけです!

エスカノール自体はまだまだMaxではありませんが戦いの最中でマックスに近づくでしょう・・・・

にしてもメリオダスもなんか凄い事になってますよねw

額の文様も原型がありませんし、闇の力も鎧みたいになってます・・・・

元々着ていた鎧は壊れてしまったんですが、このアサルトモードが解除されたら全裸という事になりますね。

予備の鎧があるのか心配です。

まぁ最終的にどうなるんだ?って話なんですけど

力関係は五分五分で終わるかもしれませんね。

最終的にはエリザベスの力で何とか収めるんじゃないでしょうか?

という事で次回に期待です。

ps.バンがかわいそうになってきた・・・・

↓七つの大罪27巻が7/14に発売されています!まだの人はこちら↓!!!

著者:鈴木央
出版社:講談社
販売:Amazon

9 件のコメント

  • エスカノールに「下賤な人間」と言い放ちつつも、
    自分から所属と階級と名前を名乗るメリオダス(笑)
    う~ん、これはおこがましい。

    ところで、メラスキュラが魔力を失ってただの蛇になったらエレインも死んじゃいそうなものですが、
    術者の魔力とは関係なく、術者の生死のみがエレインの生死を決めるのですかね。

    • エビスカノールさんへ
      コメントありがとうございます。
      メラスキュラは魔力を失っているわけですからね・・・・
      そこらへんが非常にあいまいなんですよね。
      今のところ術者の生死できまる?のかなと思っています。
      ここでエレインが死んだら、なんで覚醒したんだ?って話になりませんか?

  • 失礼致します。
    なぜエスカノールVSメリオダスという展開になったのですか?コランドのゾンビは倒したのに、その2人の間に戦う理由つてあるんですか?わからないです教えてください😭

    • つばささんへ
      コメントありがとうございます。
      ん~そうですね。
      メリオダスが暗澹の繭から脱出するために魔力を極限まで開放した結果、理性を失い十戒の統率者時代に戻っているようです。
      つまり今のメリオダスは自分を十戒だと思っているという事で敵の状態にあります。
      そして、メリオダスを止めることができるのはエスカノールだけでしょう・・・
      最終的には2人の対決が見たいという結果だと思います。

  • 返信ありがとうございます!
    なるほど理解しました!
    主人公が負けるのもやだし
    傲慢なエスカノールが負けるのもやなのでどっちが勝つのか気になります(笑)バンの覚醒も早くみたいです(笑)

  • パーフェクトキューブで十戒みんな囲っちゃえば、勝てるんじゃないですか?

    まぁこんな展開になったら面白くないですよね。

    • 猫ノ鳥さんへ
      コメントありがとうございます。
      確かにwしかもマーリンが術を解くまで消えませんからねw

  • メラスキュラの正体は蛇ということは、それまでの姿は人間に化けていたと思います。単行本を読み返していたところ、彼女が浮遊している時の闇が螺旋状になっていたのはとぐろがモチーフ、口元が広がって舌を伸ばしていたり、魂を捕食する様子は獲物を丸呑みする蛇そのもの、このように伏線が張っていました。

    マーリンが実験室に籠ったのはジェリコ達のために、グレイロードの卵を孵化させずに体内から除去させる方法を見つけ出すためだと思います。

    • 賢者さんへ
      コメントありがとうございます。
      そう考えると伏線は十分にありましたね。
      しかし、ジェリコたちはどうなったのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です