【ネタバレ注意】黙示録の四騎士、第9話「ナシエンスは人間でした」の巻

少年マガジン17号(2021/03/24発売の)黙示録の四騎士の考察です。※まだ見ていない人はネタバレの可能性があります。

前回の考察↓

【ネタバレ注意】黙示録の四騎士、第8話「ナシエンスとドロレス兄妹だった!?目的は谷を救う事??」の巻

2021年3月17日

第9話「調毒少年」

薬を飲んだパーシバルはのたうち回る・・・

逆に元気がみなぎっていたようだ

調毒は成功した

その時、森が枯れていく・・・

ナシエンスは自分の魔力で調合した薬を谷にまいた

見る見るうちに谷は蘇った

しかし、谷を荒らしていたのはパーシバルが逃がした妖精???!

内容はkindleでチェック↓

考察と感想

さてさてさ~て!

先週に引き続き、着々とストーリーは進んでしますね。

しかし!

どうやら、当サイトの予想は少し外れていたようです・・・

今週の気になるポイントとして↓

調毒は成功

薬を飲んだパーシバルは

メチャクチャ元気に泣てます!

しかも、髪の毛もまた伸びてる・・・

元に戻るのかな???

前回、何かしらの副作用があると言っていましたが・・・

どうやら、元気になる+髪の毛が伸びる程度だったようです。

それはそれで一安心です!

ナシエンスは人間です

今回の話で分かったことは、どうやらナシエンスは人間のようです・・・

元々この谷は妖精族は住んでいませんでした。

そこへオルドという人間が薬の元になる植物が豊富なこの谷に住んでいたわけです。

オルドは近くに住んでいた妖精族のケガを手当したり、薬を分けたりしていました。

そして、群れからはぐれた巨人族の少女も谷に迎え入れ一緒に過ごすようになりました。

そして、その谷に捨てられた人間の子供がいました。

それがナシエンスです。

つまり!!!!

ナシエンスは人間でほぼ間違いないと思われます。

という事は、当サイトで予想していたキングとディアンヌの子供という説は違うという事になりますね・・・

残念です。

しかも、巨人族の少女ドロレスとも本当の兄弟ではないという事になりますね。

しかし、そのオルドが突如谷から姿を消すと共に谷に異変が出始めたわけです。

ナシエンスの魔力

ナシエンスの魔力は

「調毒(ミクスベノム)」

という事も判明しました。

自ら毒を摂取し体に覚えさせることで毒を自在に生成し合成することが出きるようです。

でも、自分で飲める事が前提ですから、微妙に範囲が狭そうな気がします・・・

まぁ、後々は結構危険な奴を飲んで自力で解毒して、どんどん強くなっていくパターンかなとも思います。

黒幕は妖精でした

って!こいつはパーシバルが助けた妖精??じゃないですか!

もちろんこいつは小物で、黒幕は別にいそうな気がしますね・・・

しかし、オルドの姿が変わり果てすぎて可哀そうです。

ナシエンスが倒すのかな・・・?

心が痛みますね。

オルドの復活は無いでしょう。

しかし、この姿見たことあるような・・・

もしかして灰色の魔神じゃないですか?

魔神化?した可能性がありますね。

灰色も魔神じゃなくても魔神系じゃないか?と思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
電子書籍【kindle】なら本がかさばらにという事に気づいた!しかもお得!

Amazonサービスとkindleを使ってお得に本を読みませんか?毎週購入している雑誌、単行本がかさばらずデータで管理できます!kindleであなたの本と生活をスマートにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です