【ネタバレ注意】七つの大罪、第271話「魔神王登場!ゼルドリスとメリオダスの過去」の巻

少年マガジン28号(2018/06/13日発売の)七つの大罪の考察です。※読んでいない人はネタバレが含まれている可能性があります。

前回の考察↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第270話「生き別れのホークの兄が煉獄で登場?!バンはパワーアップ確定!」の巻

2018.06.06

第271話「一途なる思い」

煉獄で出会ったワイルドという豚・・・

ホークにそっくりなので聞いてみるとどうやら、ワイルドとホークは兄弟らしい

ホークは生まれてすぐに魔神王にさらわれたようだ

三人は魔神王のもとへ向かう

メリオダスは弟たちの話を始める・・・・

そこに現れたのは、魔神王!!?

内容はkindleでチェック↓

考察と感想

ワイルドとホーク、兄弟確定

煉獄に現れた豚!その名はワイルド!

しかし、見た目はホークそっくりなんですよね!

メリオダス「お前の弟ってホークの事だよな?」

ワイルド「ホーク?はて・・・弟の名はマイルドだが・・・・確かに弟が姿を消したのは生まれたての頃・・・己の名を覚えておらずとも不思議ではない」

という事で、ワイルドとホークは兄弟で確定のようですね。うなり方もそっくりですw

ちなみに、ホークの本当の名はマイルドだそうです。

で!ホークは魔神王にさらわれたとのことでした。

ホークは魔神王にさらわれていた

我がマイルドは生まれてすぐに魔神王にさらわれた挙句、この世界とは別の地に飛ばされたのだ・・・もう800万年以上も前になるか

ホークがブリタニアで目覚めたのが16年前。

現世の1分が煉獄の1年だとして、計算は合っているようです。

何故、ホークは現世にやってきたのか理由も解明されましたね。

魔神王は以前からメリオダスを監視するために、現世の動物を通してみていました。

しかし、動物はすぐに死にます。そこで煉獄の生き物に目をつけたようです。

そこでメリオダスの監視に選ばれたのがホークでした。以前、「ホークが魔神王の忠実な目」だったという事は明らかになっています。

【ネタバレ注意】七つの大罪、第243話「魔神王メリオダス」の巻

2017.11.15

ヘンドリクセンの攻撃に耐えられたのも、納得ですね。

しかしワイルドはホークの事ばかり聞いてますけど、ホークママの事は気にならないのでしょうか?

もしかして、ホークママと面識がない?のでしょうか?

今更ですが、ホークといい、ワイルドといい普通に喋ってるのが気になります。

ホークママは喋れないのに・・・・煉獄の生物の中で喋れるのはこいつだけではないかと思います。

ワイルドvs魔神王

3人は魔神王のもとへ向かいます。

現世への扉は魔神王の足元にあるっぽいですからね。

って!この様子だとワイルドも一緒に現世へ行くんじゃないでしょうか?

まぁ強いし、戦力にはなりますが・・・・

実はワイルドはホークを探しつつ、元凶である魔神王と幾度となく対決しています。

戦績は・・・

12万118戦12万118敗の全負けですw逆に生きているのが不思議ですね。

ゼルドリスの過去

そして、今回はメリオダスとゼルドリスの過去が少し明らかになりました。

当時、メリオダスは十戒の統率者でした。

そんな時、メリオダスはエリザベスと出会い世界が一変します。

それにより、メリオダスは魔神族を裏切りエリザベスと共に戦う道を選びました。

しかし、それが聖戦のきっかけになったのです。

そのはずみで魔神族の支配下にいた吸血鬼一族は魔神王への謀反を企み、失敗しました。

そこで、魔神王は吸血鬼一族を処刑するようにゼルドリスに命じたのです。

しかし、吸血鬼地族の中にゼルドリスの恋人がいたのです。ゼルドリスは自らの手で恋人を殺せと命じられたのです・・・・

そうです。メリオダスはゼルドリスの幸せを奪ったのですね。そりゃゼルドリスも恨むかもしれません。逆恨みっぽいですけど・・・・

でですね。その吸血鬼一族なんですけど、七つの大罪 公式ファンブック 罪約聖書に掲載されているエジンバラの吸血鬼という短編ストーリーに出てきます。

その中に出てくるゲルダという吸血鬼がゼルドリスの恋人ですね。

そして、話はメリオダスvsゲルダになるんですが・・・・

ゲルダはメリオダスに「殺して・・・」と自ら頼みます。

そしてメリオダスの攻撃により、ゲルダは闇の中に包まれそこには大穴が空きました。そして七つの大罪メンバーは退散・・・・という流れなんですが・・・・

思ったんです。ゲルダは生きてるんじゃないか?ってね。

あの時、メリオダスはゲルダを封印したのではないか?と・・・・

しかし、ゼルドリスとメリオダスが魔神王の座でもめていた時に、メリオダスは交換条件を餌にゼルドリスに協力させています。

【ネタバレ注意】七つの大罪、第246・247話「魔神王争奪戦!開始!」の巻

2017.12.13

つまり、ゼルドリスが魔神王の座よりも優先する何かがあったのです。

それがゲルダの存在ですね。

当時からゲルダが関係していると考えていましたが、そんな流れになってきていますね。

ただし、メリオダスが本当にゲルダを封印したのかは謎です。

もしも、死んでいたら生き返らせるってことはできないでしょうね・・・・

魔神王登場でエスタロッサの記憶が思い出せない?!

ゼルドリスの事を話してくれたメリオダスでしたが、エスタロッサの話はまた今度という感じになりまた・・・

しかし!

メリオダス「なんだ?おかしいエスタロッサとの記憶が・・・」

魔神王「お前も気づいたか・・・わしと同様何も思い出せぬことに」

ここで魔神王登場!!!!!!!!!

にしてもでかいわwwwこいつは幻術なんじゃないかってレベルです。

ひとまず魔神王の登場は置いといて・・・・

思い出せないって、どいういう事でしょうか?

メリオダスはエスタロッサの過去を思い出せなくなりました。

ついでに登場した、魔神王すらもエスタロッサの過去を思い出せない様子です。

そういえば、エリザベスもエスタロッサの記憶を忘れていた?曖昧?でしたよね。

↑これは別件かもです。

いや!ちょっと待てよ・・・・

モンスピートはエスタロッサの過去を知っていたぞ!って感じですが・・・

そこじゃない感じですね。

もしかして、メリオダスと魔神王の記憶から過去のエスタロッサが消えたのはまさに今の話なんじゃないかと思います。

現世でエスタロッサがやらかしているのではないかという事ですね!

例えば、エスタロッサがもう一つ戒禁を取り込んだとか・・・それで魔神王に近づいたとか・・・・

なにかしら起こっているかもしれんせんね。

まとめ

  • ワイルドとホークは兄弟
  • ホークは魔神王にさらわれていた
  • ゼルドリスの過去
  • エスタロッサが何かしらやらかしている可能性あり

魔神王も登場して煉獄編もクライマックスですね。

とは言っても、もう少しかかりそうな予感です。

しかし、エスタロッサの記憶が思出せないというのは気になりますね・・・・

何か良からぬ予感です。次回もお楽しみに。

第272話「永劫なる戦い」に続く。

ps.魔神王の額の紋様がナルトの木の葉のマークに見える。

電子書籍【kindle】なら本がかさばらにという事に気づいた!しかもお得!

Amazonサービスとkindleを使ってお得に本を読みませんか?毎週購入している雑誌、単行本がかさばらずデータで管理できます!kindleであなたの本と生活をスマートにしましょう!

2 件のコメント

  • お疲れ様です。

    エスタロッサのことを思い出せないのはゴウセルが深く関わってるんじゃないかと思います。

    目的はわかりませんが記憶を操作できて、なおかつ魔神王ほどの人物に魔力を施せるキャラといったらゴウセルしか思い浮かびません。

    それと魔神王は「感情は不要」と言ってたのに対し、ゴウセルは「感情こそ生きてる証」と言って、真逆の考えを持っているところも気になります。

    • hallさんへ
      コメントありがとうございます。
      あり得ますね。
      記憶の操作という事で、ゴウセルが関わっている可能性が考えられますね。
      そういえば、エリザベスの記憶が・・・って時も・・・・
      今回もゴウセルが関係しているかもしれません。
      確かに魔神王と逆の考えを持っているゴウセルは気になります・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です