【ネタバレ注意】黙示録の四騎士、第6話「四騎士メンバーの特長が明らかに!」の巻

少年マガジン14号(2021/03/05発売の)黙示録の四騎士の考察です。※まだ見ていない人はネタバレの可能性があります。

前回の考察↓

【ネタバレ注意】黙示録の四騎士、第5話「黙示録の四騎士確定でキツネもやっぱり喋った!」の巻

2021年2月24日

第6話「目指すべき場所」

その後、ペルガルドはキャメロットへ招集されていた

黙示録の四騎士について新たな予言があったらしい

全員が少年である・・・・

一方で、自分が黙示録の四騎士であることを告げられたパーシバルであったが

信じがたいと言った表情である・・・

三人はリオネスへ向かう・・・

内容はkindleでチェック↓

考察と感想

さてさてさ~て!

今回も新たな情報が出てきましたね。

黙示録の四騎士のメンバーの情報がありましたが、見逃せませんよ!

そして、キツネの名前も!

そして、向かうはリオネス??

とりあえず気になるポイントをピックアップしていきます。

黙示録の四騎士の特長!

全員少年

  1. 金色の魔力を持つ少年
  2. 瞳に聖と魔を宿す少年
  3. 姿が定まらぬ謎多き少年
  4. 鳥の羽のごとき翠の髪の少年

予想では・・・

金色の魔力=バンとエレインの子供(ランスロット)

瞳に聖と魔=メリオダスとエリザベスの子供(トリスタン)

姿が定まらない=キングとディアンヌの子供

翠の髪=パーシバル

かなと思っております。

キャメロットは何処に?

リオネス王国を経由しないといけない場所?

という事を言っております。

なんだか複雑ですよね??

キツネのシンはアーサーと対立している側だと言っていました。

リオネスを経由しないとキャメロットへはいけないという事は、リオネスとキャメロットは仲間なのでしょうか?

勝手に、リオネスはキャメロットと敵対していると思い込んでいたので・・・

シンは何処の王国?組織?に属しているのか気になるところです。

そして、いきなりリオネスを目指しているあたりからして・・・

やっぱり、シンはリオネス側なのでしょうか?

 

こいつは人ではない?

前回の聖戦から16後で確定!

キツネの名前は「シン」

初めは誰かの生まれ変わりか何かかな?

とも思いましたが、シン=罪なのかもしれません。

まとめ

※考察は後ほど追記します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
電子書籍【kindle】なら本がかさばらにという事に気づいた!しかもお得!

Amazonサービスとkindleを使ってお得に本を読みませんか?毎週購入している雑誌、単行本がかさばらずデータで管理できます!kindleであなたの本と生活をスマートにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です