【ネタバレ注意】七つの大罪、第263話「恩寵炸裂!エスタロッサまたやられる・・・」の巻

少年マガジン20号(2018/04/18日発売の)七つの大罪の考察です。

前回の考察↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第262話「エスタロッサ暴れる」の巻

2018.04.11

第263話「闇 爆ぜる」

タルミエルとサリエルはエスタロッサの前に立ちはだかる・・・

エスタロッサが攻撃を仕掛けるが効かない。

更に二人は恩寵を解放

なされるがままのエスタロッサは雷を食らう・・・

内容はkindle・Koboでチェック↓

考察と感想

慈愛の戒禁

前回もエスタロッサの戒禁である「慈愛」について話しが出ましたが、やはり予想通り四大天使には戒禁は効かないようです。

エスタロッサ「本来なら俺の「慈愛」の前で憎悪を抱くものは何人をも傷つける術を失うはずなんだが・・・最高神の加護を受けた四大天使にゃ効かねぇ、そうだよな?」

エスタロッサの発言からもわかるように、コメントでも予想をいただいていましたが、やはり四大天使は最高神から戒禁を無効にする加護を受けているようですね。

つまり、リュドシェルとマエルも同様に戒禁は効きません。

タルミエルも言っていますが、戒禁が効かないのに何故マエルは負けたのか?疑問は残ります。

「エスタロッサの事ですから何か卑怯な手段を使ったのか?」

「それとも他に理由があるのか?」

「エスカノールと同様の力、という事で夜に襲って倒したのか?」

近いうちに、その戦いの真実とエスカノールの関係性も明らかになるでしょう。

ヨナの受難

なんだかエリザベスがどんどんよ良くなっているイメージです。

といいますか、元がこれくらい強いのでしょうけども・・・・

今回はエスタロッサが獄炎で作り出したブラックハウンドを”ヨナの受難”であっさり消し去りました!

ちなみに「ヨナ」とは旧約聖書に出てくるようですね。大きな魚に飲み込まれたとかなんとか・・・・

で!その獄炎のブラックハウンドに襲われたハウザーたちでしたが、ディアンヌの力で地中に潜り込み攻撃を逃れていました。

恩寵の力とは?

タルミエル、サリエルvsエスタロッサの戦いが始まり恩寵の力が明らかになってきました。

タルミエルの恩寵は「大海」、サリエルは「竜巻」

エスタロッサの攻撃を受けたタルミエルの体が水に・・・サリエルはエスタロッサの攻撃を竜巻でガードします。

サリエルの竜巻ガードに弾かれたエスタロッサですが、デリエリは腕を削られながらも気合でサリエルの右目を潰しました。(206話)

しかし、恩寵の神髄はここからでした。

サリエルが竜巻で飛ばし、タルミエルの大海へ落とします。

そこは、一面が大海原

「神の領域へようこそ。そこは僕らの恩寵によって作り出された空間さ・・・」

恩寵により別空間に飛ばされた?ようですね。

そして二人の恩寵から作り出された雷に打たれます。

はいっ!またまたエスタロッサはやられていますね。事実上3度目の敗北でしょうか?

登場当初は大物感が半端なかったんですけど最近は戦うやつ全員に負けてるので小物感が出てきてて少し残念です。

エスカノールvsエスタロッサが懐かしい・・・

とは言っても!

エスタロッサは生きています。

次回タイトル「歪み捻じれ壊れる男」からもわかるようにこれはエスタロッサの事を指していると思います。

エスタロッサは生きている、さらに言えばこの2人を倒すのではないか?とも思えます。

まぁ少し無理があるので、戒禁を取り込んでとか・・・

以前、メリオダスが言っていましたが戒禁を自然に取り込むには半日かかると言っていたのでエスタロッサは無理やり取り込むのだと思います。だから歪み、捻じれ、壊れるのかな?と・・・・

そういえば、エスタロッサは生まれながらにして闇の力を有していなかったので最終的にメリオダスに取られたらどうなるんでしょうね・・・

まとめ

  • 四大天使は戒禁に掛からない加護を受けている
  • ディアンヌたちは無事でした
  • 恩寵は強い
  • エスタロッサは生きている

エスタロッサは生きています。

次回、恩寵からどのように脱出するのか?

2人とどう戦いが繰り広げられるのか?楽しみですね!

次回もお楽しみに。

第264話「歪み捻じれ壊れる男」に続く。

ps.ホークがでかくなってる?

【最新刊情報】

七つの大罪31巻が4/17日に発売されています。

電子書籍【kindle】なら本がかさばらにという事に気づいた!しかもお得!

Amazonサービスとkindleを使ってお得に本を読みませんか?毎週購入している雑誌、単行本がかさばらずデータで管理できます!kindleであなたの本と生活をスマートにしましょう!

4 件のコメント

  • これだけマエルの話が出てくると今後どこかでマエル登場としか思えませんがどうなんでしょうか。そしてマエルはエスタロッサにわざと負けた、殺された(ふりをした)ような気がしてきました。エリザベスがらみなのかなと思ったりしてます。マエルはエリザベスが好きだけどエリザベスは魔神族のメリオダスが好きで・・・みたいな。ありきたり過ぎかな。

    • となりんさんへ
      コメントありがとうございます。
      これだけ前振りがされるとマエルへの期待感が高まりますね。
      となりんさんの言う通りエスタロッサをみているとわざとやられた?ような気がします。もしくは何か裏があるに違いないでしょう。
      そのありきたりな感じがあり得るんですよね~w

  • 四大天使が1人で十戒2人分の強さっていうのが一番衝撃でした。
    闘級にして8〜10万はあるってことですかね。

    • いちさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね~
      とは言っても、ガランとかだと27000、エスタロッサ60000ですから幅はありますので何とも言えませんね。
      四大天使には恩寵・・・
      魔神族にはインデュラがありますし・・・・
      感覚的にはそこまで大差はないように感じます。
      が!リュドシェルになると闘級は10万くらいあるでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です