【ネタバレ注意】七つの大罪、第250話「エリザべス前髪パッツン事件」の巻

少年マガジン7号(2018/01/17日発売の)七つの大罪考察です。

前回の考察↓

【ネタバレ注意】七つの大罪、第249話「ベリアルイン=賢者たちの都」の巻

2018.01.10

第250話「構図」

ゼルドリスはリュドシェルの不意打ちの一発を食らったが生きていた・・・

逆に渾身の一撃をお返しする。

取引が決裂?したマーリンはその隙にキャメロットへ乗り込み聖騎士と民を解放しにいった。

その時、チャンドラーの手によって放たれた刺客にエリザべスが襲われる・・・・

エリザベスのメリオダスを助けたいという気持ちは変わらない。

エリザベスは七つの大罪と再び力を合わせる。

↓内容はkindleでチェック↓

考察と感想

取引失敗

リュドシェルの攻撃により取引は失敗に終わりました。

という事はつまり?

グレイロードはゼルドリスに渡していない?という事になります。

さすがマーリンやっぱりあの前振りからして渡さないとは思っていましたが・・・・

とりあえずキャメロットにいる人々の戒禁(ゼルドリスの敬神)は溶けた状態になっているので人々を助けることは成功しました。

しかし、まだアーサーはキャメロットに・・・・

ゼルドリスvsリュドシェル

リュドシェルの先制攻撃を直撃したゼルドリスですが、やっぱり生きていました。

無傷とは言いませんがほぼノーダメージでしょう。

そして、お返しに攻撃!

”怒りの日”(デイエス・イレ)

リュドシェルたちの上空から稲妻のような攻撃が撃ち落されました。

おそらくリュドシェル大丈夫だと思いますが、残りのヘンドリクセン・ドレファス・ギルサンダー・ビビアンが心配です。

塔ごと破壊している様子なので逃げる事が出来たのか?

可能性的には、リュドシェルがバリア的な防御で守るか・・・ビビアンのテレポートで脱出するか(生きていればの話)・・・・

エリザベスと七つの大罪

今回エリザベスがチャンドラーの刺客に攻撃をくらいました(ひたい)。

そのおかげで前髪がパッツンになっています!

何故ここでイメチェンなのかはさておき・・・

話はジワリと動いていますね。

  • メリオダスは魔神王になってエリザベスの呪いを解きたい
  • エリザベスは自分の命を犠牲にしてでもメリオダスが魔神王になるのを阻止したい
  • エリザベスは七つの大罪と協力する
  • グレイロードは渡していない
  • バンは煉獄に行っている

ここで重要なのはとりあえずグレイロードを渡していないのでメリオダスが完全体になることはありません。

そのためにマーリンは渡さなかったのでしょうね。

そして、バンが今煉獄に行っているという事を忘れないでくださいね!

メリオダスの感情を持ってくるはずですから・・・・

次回もお楽しみに!

ps.マーリンは今後この姿を定着させるのか?

七つの大罪アニメ情報

”アニメ「七つの大罪 戒めの復活」がMBS/TBS系全国ネット アニメサタデー630にて2018年1月6日よりTVシリーズ放送開始!”

ということで待ちに待ったアニメ放送も始まってます!

土曜日の朝6時30分からの放送です。

公式サイト:TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」

↑プレゼントキャンペーンとか最新情報が掲載されているのでチェックしてみてください。

↑ムービーなんかもあるので確認してね!

劇場版は夏に公開予定なのでそちらもお楽しみに!

2 件のコメント

  • 管理人さん
    いつもありがとうございます。
    コメントはあまりしていませんが、毎週楽しみにさせていただいてます。

    単行本で読んでいるので、私の中では「チャンドラーが第2形態?になってドロールとグロキシニアが登場」したところで止まっていますが、管理人さんの文字情報で妄想を膨らませています !

    パッツン笑いましたw

    • coco&natsuさんへ
      コメントありがとうございます。
      毎週閲覧していただいているという事でありがたいかぎりです。
      単行本派の人にはネタバレ感がありますよね。
      しかも、週刊連載を読んでいる事を前提に考察しているので、結構わかりづらい部分も多くあると思います。
      色々ありまして、現在は考察がメインになってますからね・・・・
      楽しんでいただいているなら幸いです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です