【ネタバレ注意】喧嘩稼業、第94・95話「川口夢斗、佐川睦夫このタイミングでエピソード回」の巻

ヤングマガジン39号(2018/08/27日発売の)喧嘩稼業の考察です。

前回の考察↓

【ネタバレ注意】喧嘩稼業、第93話「芝原の煉獄対策とまさかの金剛が炸裂」の巻

2018.07.30

第94話

最強の格闘技は何か?

94話は川口夢斗と拳治の最格エピソードでした。

時はさかのぼりトーナメント対戦相手発表前。

2人は一回戦の相手を予想していた。

拳治は石橋強か上杉均だろうと予想するが夢斗の予想は違った

一回戦の相手は金隆山だ

「金隆山以外はあり得ない」

第95話

佐川睦夫のセコンドである、菅野祐太郎はふと気づく

「なぜ俺はここにいる?」

菅野は記憶を失っていた

ここがどこなのかもわかっていなかった

ただし、睦夫がやばいやつだという事は一見して理解した

気が付くと佐川雅夫になっていた

最強の格闘技は何か?その答えの一端がこのトーナメントで示される。

考察と感想

はいっ!という事で今回は2話掲載!!!!!

と思いきや最格エピソードでした。

別にいいんですけど、このタイミングでエピソードかと・・・・少しやられましたね。

完全に忘れていました。

間が大きく空いているので、完全に期待していたのだと思います。

菅野は洗脳されているんです

所で菅野は洗脳された状態です。

ところどころ、睦夫に合わせて洗脳されてるっぽい感じを演出しているのかと思っていましたが・・・

完全に、本気者になってましたね。

しかも、記憶はないらしい。

それでも、睦夫のやばさは察知していました。(睦夫の顔が進撃の巨人みたいになってる怖さ)

そして「完全なる佐川雅夫」の誕生です。

ある意味セコンドの準備も完了しました。

しかし、菅野の最後は笑えましたね。

ちなみに、睦夫はリングイン直前だと思われます。

睦夫はあの格好で戦うようですね。

関にズボンを掴まれる可能性が高いかもしれません。

まだ、上杉vs芝原の戦いが終わらない中ですが、次の戦いが楽しみになってきました。

その前に・・・・田島襲撃事件もあるのかもしれませんが・・・・

そういえば徳夫はどうなったのか?

アリはどうなったのか?

色々忘れちゃいけないことが山ほどありますね。

そして最後は二人仲良くリングに向かう画がほほえましいです。

菅野の記憶はありませんが、さほど問題ないでしょう。

ps.次回はYM42号(9/15)掲載予定(月曜祝日なので土曜日発売)です。

【喧嘩稼業11巻】

↓9/6日に発売です!

電子書籍【kindle】なら本がかさばらにという事に気づいた!しかもお得!

Amazonサービスとkindleを使ってお得に本を読みませんか?毎週購入している雑誌、単行本がかさばらずデータで管理できます!kindleであなたの本と生活をスマートにしましょう!

15 件のコメント

  • まさかのエピソード回で残念です。
    ただ菅野が正気を取り戻しかけた時に容赦ない洗脳。あの問答無用さは爆笑しました。今まで何度も正気に戻っては殴られるを繰り返したんでしょうね。最後に完全にぶっ壊れてたのも笑えました。菅野が長年やってきた事が自分に帰ってきただけなので、このまま一生を終えてもいいと思います。
    芝原と上杉の続きを早く見たいところですが、パターン的に次回もエピソード回になりそうな気がします。

    • 神拳さんへ
      コメントありがとうございます。
      菅野は普通に面白かったですw
      あれは完全にぶっ壊れたように見えました。
      元はクズキャラなので今後は雅夫として生きてほしいですね。
      次回もエピソード回と見せかけて、今回は2本立てだったんで・・・次回は休載かな・・・

  • エピソードで無駄に頁を割かれ、またまた本編が勿体ぶられた感じで残念でした(>_<)

    そのエピソードが、伏線として楽しめるような内容ならまだましも、ましてや このタイミングで川口と金隆山のエピソードは、それ今じゃなくてもよくねー?!って思いで憤りました。

    睦夫と菅野については、試合前の様子として、まぁ百歩譲れるところとしても、川口と金隆山は、読者皆が上江VS芝原についての展開を待望してたとこ、川口と金隆山のエピソードは流石に不要だったかと!

    早く、どんどん進めて欲しい!
    これに尽きるような、今回だったかと思いました!

    川口や金隆山のエピソードやるぐらいなら、それこそ 忘れちゃいけない 他の人達、アリや徳夫の方が気になります!

    • GOLD GYMさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かに川口のエピソードはこのタイミングかって話ですね。
      これは11巻に掲載されているかもです。
      菅野はとりあえずよかったですね。笑えましたし。
      しかも、リングイン直前だったという事で、タイミング的にも良かったです。
      エピソードは単行本書き下ろしでいいんですよ・・・・
      木多先生の時間稼ぎですから・・・まぁないよりは良いので個人的にはそれも楽しみにしています。

  • 今週も更新お疲れ様です。
    本当に睦夫は出てくるだけで面白いですね。
    何はともあれ、菅野が人前に出る前に服を着てくれて良かったです笑

    • コモモさんへ
      コメントありがとうございます。
      お疲れ様です。
      睦夫と菅野は・・・実はお笑い担当という可能性があります。
      もしも、睦夫が負けたら菅野はどうなるんでしょうか・・・

  • 木多先生が最格エピソードを描く時はストーリー展開に詰まった時ですね どうせ描くなら金隆山を死なせた後の川口親子や川口の実の両親や弟のその後を描いて欲しかったです

    • 島田清さんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね。
      そこじゃない感が半端ないです。
      もっと私たちの好奇心をえぐるようなエピソードを描いて欲しんですよね。
      対戦相手が決まる前の川口サイドなんて誰が興味あるんだって話ですよw
      今更感です・・・・

  • 思うのですが、変なタイミングで最格エピソードいれないでほしい…。
    試合の合間でええやん!
    しかも片方はすでに終わった試合て…

    睦夫の顔がおかしくなってるだけやん
    かなりヤバげな表情でしたけど、あくまでも表の強者の関さぁぁんが勝つことが出来るのだろうか!?

    まあそれよりも試合を進めて欲しいのですがね…

    • デカい犬さんへ
      コメントありがとうございます。
      確かにタイミングは大事ですよね。
      今回の睦夫の顔はまた今までとは違うやばさでしたw
      木多先生も時間稼ぎしてますね・・・

    • fukoさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですねw
      ここでかっちゃん出てきたらビビりますよ。
      GOLD GIYMさんの言う通り生産性はありませんね。
      金隆山も亡くなりましたし・・・

    • 同感です。かっちゃん”だけは勘弁してほしいですよね!かっちゃん”エピソードは ろくなことがない尽くしです。頁数を無駄に割かれるわぁ、優勢を劣勢へと換えてしまう疫病神のような死亡フラグだわぁ・・・

      まさに、”かっちゃん”登場のエピソードこそ”生産性が無い”ですね!

  • 更新お疲れ様です
    最格エピはまぁ、いいとして試合前の川口親子はいらなかった気が(後日譚ならまだしも)
    んで、後半の隙のない親子(笑 ですが予想通り恐怖を刻み付けて認識を変える感じの洗脳してましたか
    たぶん睦夫の考える父さん像と少しでも違うことしたらそのたびにボコられてたんだろうなぁ・・・

    飛行機の時はまだまともな部分が残ってて話を合わせてる感じでしたが、そこも記憶がないとなるとかなり洗脳は早かったとらえることもできるんですが睦夫の記憶も飛んでるのでその辺がわかりませんね
    前の葉っぱ隊(葉っぱ無し)の時のやばさを考えるともう正気に戻れない気もしましたが上杉効果おそるべしw

    次回は試合の続きでありますように

    • PONさんへ
      コメントありがとうございます。
      お疲れ様です。
      まぁ川口のエピには賛否ありますね・・・
      確かに菅野は睦夫に合わせている雰囲気がありましたよね?
      洗脳されている中でも、模索中だったという事でしょうか?
      まぁ面白かったのでいいですが、次回は続きに期待です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です