【ネタバレ注意】黙示録の四騎士、第1話「新章スタート!七つの大罪の続編?伏線や登場人物を考察する!」の巻

少年マガジン9号(2021/01/27発売)の黙示録の四騎士の考察です。※まだ見ていない人はネタバレの可能性があります。

七つの大罪はこちら↓

【ネタバレ注意】「七つの大罪、最終回!!!!!!!そして続編決定・・・」の巻

2020年3月29日

※誤字・脱字はお許しください。

第1話「少年は旅たつ」

神の指と言われるその山の頂上に、2人の姿があった。

パーシバルとバルギス(じいじ)

2人はのどかに過ごしていた。

パーシバルは冒険に出たいと思っていた

しかし、心優しいパーシバルはじいじを思い旅たつことをためらっていたのだ。

 

パーシバルが16歳を迎えようとしていたが、そこへ突如来客が現れる・・・

その名は聖騎士イロンシッド。

イロンシッドはバルギスを殺しに来たのだ。

イロンシッドはとにかく強かった。

颯爽と二人を始末する。

そしてパーシバルはじいじから真実を知らされる。

内容はkindleでチェック↓

考察と感想

さてさてさ~て!!!

皆様お久しぶりです。管理人のsane.kです。

七つの大罪改め「黙示録の四騎士」となって帰ってきました!

本当に久しぶりだな~って感じで1年ぶり?くらいだと思います。

話の内容的には、ちょっとだけ「え??」って感じで戸惑った部分もあるんですけど、その辺も考察していきたいと思います。

とりあえず今わかる範囲の整理と七つの大罪からのつながりをまとめていきます。

トリスタンが主人公と違うんかい!!

七つの大罪の最後にメリオダスとエリザベスの子供であるトリスタン。

そして、バンとエレインの子供のランスロットが出てきたんですけど・・・

関連記事↓

【ネタバレ注意】「七つの大罪、最終回!!!!!!!そして続編決定・・・」の巻

2020年3月29日

てっきり、トリスタンが主人公だと思っていたので「えっ!」ってなりました。

結局は出てくると思うんですよね・・・

ちょっと今のところ、七つの大罪からどれくらいの月日がたっているのか不明ですが今後出てくることを願いましょう。

気になる登場人物の謎??!

とりあえず今出てきたのは3人です。

簡単に説明すると

「祖父・父・息子」

その人物の中でわかっている情報として。

主人公:パーシバル

  • あまり強くない
  • 身体能力高め
  • 150㎝
  • 防御力が半端ない
  • 人であるか不明

じいじ:バルギス

  • 元聖騎士
  • 空は飛べない
  • 人?
  • デカい

聖騎士:イロンシッド

  • パーシバルの父?
  • 強い
  • 聖騎士
  • アーサー王に仕えている
  • 16歳の時に冒険に出ている
  • 死んだことになっていた

そもそも!本当に父なのか?本当に孫なのか?血のつながりはあるのか?

微妙なんじゃないかと思います。

しかも、イロンシッドは仮面をつけたままで取ってませんからね・・・

そこもまた怪しいところです。

ブリタニア上空、これは山です

どういう事だっけ?七つの大罪の時は出てこなかったですよね?

魔神王との戦いでそうなったのか?

とは言っても・・・

ブリタニアは広いですからね。

リオネス上空というわけではないでしょう。

元々あったのか?わかる人コメントお願いします。

わかっている事は「神の指」と呼ばれている事。

もしかすると他にもあるかもしれませんね。

ブリタニア上空。

山と言っている。

神器は健在?

一応じいじことバルギスが包丁として使ってます。

この事から神器のシステムは健在なのではないかと予想されます。

ちなみにイロンシッドは「陛下から賜った剣」と言っているのでアーサー王とは別に陛下が贈ったものと考えていいでしょう。

バルトラ・・・が思い浮かぶ・・・

ちなみに、七つの大罪の最終話でバルトラはヨボヨボでしたね・・・

パーシバルはじいじの剣を持っていくのかな?と思っていましたが、手ぶらだったので少し心配ですw

「黙示録」名前の由来

前回は七つの大罪と登場人物の名前から聖書がモデルになっているという事でストーリーを想像している部分もありましたが、今回も続編という事で何かしらのヒントがあるのかな?とか考えていました。

黙示録の意味って何かな~っと思って調べてみたら

人間の力ではわからなかったことを明らかにする事、あるいは密かに明らかにされること

と出てきました。

関連記事黙示録の意味とは?

やっぱり、聖書とか引き続き関係していて、その中で「獣」も出てくるようです。(架空の動物)

そして「数字」も何やら関係深いようですね。

今後、この2つにも注目です。

皆さんもこの二つの側面から考察してみると面白いかもしれませんよ!

じいじの訓示

その眼は悪を見抜き

その口は真を語り

その心は正義に満ち

その剣は悪を砕く

悪しき者を挫き弱きものを助けよ

大切なものを己が命を懸けて守るものとなれ

多分ですけど、この1年間で央先生はかなり熟考していたと思うんですよね。

そして、1話からガンガン伏線をちりばめていくと思っています。

そしてこの言葉も後々の伏線に繋がっていくのかな~と考えています。

七つの大罪の時にメリオダスとギルサンダーの間に合言葉のようなものがあって、ギルサンダーをビビアンから解放したみたいな感じで・・・

何かしらに繋がっていけば面白いなーと思ってます。

今回もじいじとパーシバルの絆的な関係に結びついていると思うんですけどそれ以外にも何かあると予想します。

謎の文様

これもまた気になる文様が出ています。

紋様にも必ず意味があると思いますが・・・

蛇かな??

中にはドラゴンボールのような☆が見えます。

一応、じいじの奴ですけどその辺も注目です。

 

1つ気になったのは伝説と今後のストーリー展開

心を閉ざした魔術師の住むねじれた塔

天空を翔ける玄海の舟を操りし騎士

勇者を誘い閉じ込める魔の湖の姫

迷い込んだら二度と出られぬ錯覚する森

伏線として出てきたこの4つ

1つは父親という事がわかっていますね。

今のところ詳細は不明ですがパーシバルとイロンシッドの関係と渦を巻いていきそうな予感がします。

七つの大罪もこんな感じだったかな・・・・

心を閉ざした魔術師の住むねじれた塔

魔術師と言ったらやっぱりマーリンを思い出しますよね。

しかも、ねじれた塔というのは混沌の際に捻じれたものだと考えられます。

やっぱりマーリンか・・・

しかし、マーリンはアーサーと一緒にいるのではないか?

という事で別の人物の可能性も考えられますよね?

新キャラか・・・あるいはマーリンの弟子であるビビアンとかw

意外とビビアンはしぶといキャラだと思うのでw

天空を翔ける玄海の舟を操りし騎士

現段階でわかっている事は、この「天空を翔ける玄海の舟を操りし騎士」というのはイロンシッド(パーシバルの父)という事がわかっています。

しかし、まだまだ謎だらけです。

  1. 顔が明かされていない
  2. 攻撃の謎
  3. 舟が浮いている謎
  4. 本当にパーシバルの父親なのか?

先ほども言いましたが、顔が明かされていないのが気になりますね。

パーシバルに顔が似ていたら、親子だと考えて良いでしょう。

ちなみに父親がいれば母親もいるはず・・・・

その辺も今後出てくるでしょう。

ん~しかし、奴の雰囲気的に正気とは思えません!

もしかすると、何者かに操られている可能性も考えられます。

そして、あの攻撃力・・・というかどういう攻撃なのかさえ不明です。

舟も浮いているし、あれは魔力なのか?神器の特性なのか?不明です。

ちなみにこの船の船首は蛇のような顔をしていますね・・・

ドラゴンとか??もしかして生きているのか?

そんなことも考えられます。

そもそも、人なのか?そうでないのか?

何族なのか気になるところです。

また、ブリタニアは魔神王を倒した聖戦後にどのようになっているのか?そこも気になります。

アーサーが王になっているとして、妖精族や巨人族はどうなってしまったのか?

今後に注目ですね。

勇者を誘い閉じ込める魔の湖の姫

ここら辺は新キャラでしょうね。

姫という事で女性であることが考えれます。

何人もの勇者?聖騎士?が犠牲になっているのでしょうか??

迷い込んだら二度と出られぬ錯覚する森

この言い回しはちょっと懐かしいですねw

ディアンヌも登場時は眠れぬ森?にいましたよね。

これも新キャラでしょう。

ストーリー的にはこいつらを仲間にして黙示録の四騎士の完成だと思います。

予言とは何か??

ここでまた1つ気になることがあります。

イロンシッドは「忌まわしい予言」が示されたと言いました。

さて!予言したのはいったい誰なのでしょうか?

七つの大罪ではキャメロットの国王であるバルトラが予言していましたね。

バルトラが健在なのかはわかりませんが、登場人物としてアーサーの名前は出てきました。

可能性が無いわけではありませんが、バルトラではなく他の誰かが予言していると思っています。

しかしバルトラの予言はそういう能力でした。

↑バルトラはリオネスw

まぁ~た悪いやつが何かを企んで予言をしているのか?

とも思いましたがどうでしょう?

ストーリー的には女神続編だと思っています。

天空人というワードも出てきてますし・・・

雰囲気的にはその黙示録の四騎士は悪いやつではないが女神族やアーサー王にとっては敵となる存在ではないか?

とりあえずは子vs父の形でその真実を探してストーリーが進むでしょう。

と現段階では予想しています。

七つの大罪とのつながりは?

話は戻って、七つの大罪やトリスタン、ランスロットはどこへ行ったのでしょうか?

また、今後登場するのでしょうか??

現在、聖戦後どれほどの月日が流れているかはわかりません。

しかし、アーサーが健在であることは確かです。

アーサーも七つの大罪で最終的に混沌に飲み込まれるなど大変でしたからね・・・

順調に人間の寿命をたどっていれば、月日はあまり流れていないと思われます。

しかし!

そう考えた場合、パーシバルとメリオダスやトリスタンとの血縁関係は無いと考えられますね。

でも、時系列的には、トリスタンも出てきておかしくはなさそうな気もします。

アーサーはキャメロットを復興させて、トリスタンはリオネスの王というのが順当な流れかもしれません。

あっ!

そういえば・・・

黙示録の四騎士とは

  • メリオダスとエリザベスの子供トリスタン
  • バンとエレインの子供ランスロット
  • キングとディアンヌの子供

この三人が出てくるって事は無いでしょうか??

それは、それで面白そうですよね。

ただ、先ほども言いました巨人族や妖精族が人間たちとどういう関りになっているのか?

その辺も関係してくると思います。

まとめ

本当に久しぶりで、再開されただけでもうれしい限りです。

まだ1話目なので今後に注目していきましょう!

とりあえずはパーシバルがどうなっていくのか??

リオネスやブリタニアはどうなっているのか?

今後に期待していきましょう!!!!!

ps.七つの大罪を読んでいない人は

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
電子書籍【kindle】なら本がかさばらにという事に気づいた!しかもお得!

Amazonサービスとkindleを使ってお得に本を読みませんか?毎週購入している雑誌、単行本がかさばらずデータで管理できます!kindleであなたの本と生活をスマートにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です