【ネタバレ注意】黙示録の四騎士、第16話「奪われし常闇の棺」の巻

少年マガジン25号(2021/5/19発売の)黙示録の四騎士の考察です。※まだ見ていない人はネタバレの可能性があります。

前回の考察↓

【ネタバレ注意】黙示録の四騎士、第15話「常闇の棺完成間近」の巻

2021年5月12日

第16話「戦慄のシスタナ」

イロンシッドは常闇の棺を完成させようとしていた。

そして、イロンシッドはこの街の住人を生贄にするつもりらしい・・・

最後の欠片も、奪われてしまった

生贄にされるのが先か・・・

それとも、パーシバル一行が欠片を奪い返すのが先か・・・

アンも交えてイロンシッドと対峙する!

内容はkindleでチェック↓

考察と感想

さてさてさーて!

今週も話は進んでおります!

しかも!早い展開!欠片取られてるし・・・

とりあえず気になるポイントをピックアップしていきます。

常闇の棺の生贄

以前も話しましたが、常闇の棺には生贄が必要です。

七つの大罪では女神族の血を引くエリザベスの血が使われました。

しかし、今回はその女神族の血がありません。

どうやら、イロンシッドは街の住民を生贄に封印を解こうとしているようです。

恐ろしや・・・

奪われた欠片

って、その欠片はパーシバルが持っているはずでは・・・?

一体、いつ取られたのか?

アンがパーティーに加わりました

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
電子書籍【kindle】なら本がかさばらにという事に気づいた!しかもお得!

Amazonサービスとkindleを使ってお得に本を読みませんか?毎週購入している雑誌、単行本がかさばらずデータで管理できます!kindleであなたの本と生活をスマートにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です