【ネタバレ注意】喧嘩稼業、第47話「工藤・・・金剛に倒れる・・・」の巻

喧嘩稼業47話 2

ヤングマガジン28号(2015/06/08日発売)の喧嘩稼業完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

 今週の内容

第47話

最終局面!!

優勢の工藤を蝕んだ梶原の屍!!!

工藤は確実に勝つ方法を選んでいた

梶原の逆転を避けるために打撃の砲撃を選択した・・・・

しかし、梶原はそれ以外の方法を残していた

不確かではあるが工藤も毒の存在に気づく・・・

 

時間が経っても回復の兆しは見えない

逆に梶原は回復に向かう

喧嘩稼業47話 6

「俺は死ぬのか?」

「さぁどうだろう」

「お前は平気なのか?足元・・・」

「ふらついているのはお前も・・・」

「違う、血ですべらないか?」

梶原は足元に目線を切る・・・

その瞬間に工藤は殴りかかる

 

工藤は生まれて初めて自ら罠を張った

それは極めて単純な罠

 

梶原はト辻で対応する

しかし、工藤はその攻撃を予想していた

梶原は意識が混濁している、朦朧状態では平常動作を選択する

 

工藤の単純な罠が梶原を捕らえた!

 

破壊してやる!!

喧嘩稼業47話 3

誰にも媚びる事なく自分の力だけで生き抜いた

ドックン

脳内麻薬が溢れ出る・・・

ぶっ潰す

喧嘩稼業47話 10

その瞬間・・・

梶原の左肘が工藤の胸を貫く

喧嘩稼業47話

動きが止まり前のめりに倒れこむ工藤・・・

喧嘩稼業47話 9

梶原に今までの事が蘇る

「金剛0式」

観客が沸いた!!!

喧嘩稼業47話 7

今週の考察と感想

ついに梶原さんの金剛が工藤を捕らえました!

しかし、色々違和感もあります。

本当に決着?なのか?

とりあえず今週の気になるポイントをピックアップしていきます。

今週の気になるポイント

最後に出す技

喧嘩稼業47話 4

やはり予想通り最後の技は金剛でした。

しかも金剛0式!!

つまり間合い0からの金剛だと思われます。

確かに左の金剛は工藤も警戒していなかったと思います。出してませんでしたし。

ちなみに十兵衛が初めて打った金剛も0式でしたねw

牙突零式みたいでカッコイイww

俺の金剛とは何だったのか?

以前から言っていますが、十兵衛との会話で

「俺の金剛も効く」といっています。

屍を使って過呼吸にし、金剛を打つ事で決まるという事だと思っていましたが

当初、工藤に屍を使う予定はありませんでした。

つまり屍を使わずに工藤に決める事が出来る金剛が存在するという事になります。

が・・・どうでしょう?

実際倒れてますし・・・

おそらく金剛0式ではないと思いますが・・・なんかあやふやな感じになりそうですねw

本当に決着?

喧嘩稼業47話 5

ここからが要点です!!

金剛が決まり、工藤は倒れています。

しかし本当に決着したのか疑問です。

まず初めに最終ページなんですが・・・

普通だと「梶原vs工藤ついに決着!!!」みたいな文字があると思うんですよね?

いつもは何かしら書かれていますが、今回は何もなかったのが少し気になります。

そして最初のページに最終局面と書かれています。

あくまでも最終局面で決着ではありません。(間近ではありますが・・・)

そして、十兵衛や他のトーナメント選手が出てこなかったのも気になります。

全体的に決着という雰囲気ではないですよねw

個人的にはまだ決着はついていないと予想します。

金剛が打たれる前に脳内麻薬を分泌

喧嘩稼業47話 11

梶原さんの金剛0式が炸裂する前に工藤の脳内麻薬が分泌されます。

完全にいつもと違いましたよね。

スケールと言うか、何か起こりそうな感じとか・・・無極に似ている感じとか・・・

そもそも、すでにスイッチオンの状態だったはずです。

という事はさらに脳内麻薬を分泌したという事になります。

実は金剛は効いておらず、工藤は死んだふりをしていると考えるべきです!

梶原さんは今までの事とか思い出して涙?なのか汗なのか?流してます。

完全に油断状態ですよねw

ここから工藤はどうするかは自由です。

梶原さんに屍を打ち込むか?(仕掛けに気づいていたらの話)

両足を潰すか・・・

左右対象にするか・・・

やっぱり展開が十兵衛戦と似てるんですよねw

最終的に工藤が逆転すると思ってます。

まとめ

結果、決着はついていないと予想します。

工藤の逆転劇に期待が膨らみますね!

でも実際どうなんでしょうね・・・

もしかしたら工藤は負けたのか?次回、明らかになるでしょう・・・

色々書きたい事もありましたが、まとまりませんでした・・・w

PS.次週は休載です・・・

喧嘩稼業(4) (ヤンマガKCスペシャル)
木多 康昭
講談社 (2015-06-05)
売り上げランキング: 129

152 件のコメント

    • kさんへ
      コメントありがとうございます。
      私もショックでした・・・普通に決まっちゃいましたし・・・
      でも、工藤の勝利を信じています。

    • さわいさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かに対策している可能性は高いですね!
      自ずと、腕以外の肘、膝、足、も一応頭に入っているかもしれません!

  • 更新を待ちきれずに電子書籍でヤンマガ購入してしまいました。

    いやあ、電子書籍ってマジで便利ですねw
    今更ですが。

    コンビニ行かなくていいし、ゴミは出ないし、
    売り切れないし。

    なるほど、決着がついていない可能性もあるんですねえ。

    自分は単純に、うわあ、終わっちまったあと思い込んでいました。
    浅はかでしたね。

    金剛0式ですか。

    ゼロというと、ハンターハンターのネテロ会長を想起してしまいます。
    通じるのかな?

    あちらは、掲載再開は絶望的ですが、喧嘩稼業だけは、隔週で我慢するんで継続して欲しいところです。

    • ガンズさんへ
      便利ですよねw私も電子書籍です!
      私的にはまだ決着ではないと思ってます。

      そっちの方は見たんですが・・・
      再開しないので忘れちゃいましたwww

  • 死んだふりって事は実は工藤には金剛効いてないってことだよね?
    なら死んだふりとかせずにそのまま右腕握り潰すんじゃね?
    次回は検証回か何かだろ。

    • 麻さんへ
      コメントありがとうございます。
      そうです!
      もしかすると検証回かもしれません!
      死んだふりとか言ってますけど、予想じゃなくて個人的願望に近いですよね!
      確かに、そのまま握り潰した方が早いですしw
      その後の色々あるかもですねww
      もしかすると工藤に作戦があるのではないか?と願ってますw

  • 予想です。

    このまま工藤が立ち上がらず、梶原が勝つ。
    まだ工藤は生きている。

    次の試合、十兵衛は精神的ショックの為、佐川徳夫に負ける。

    工藤が負けた十兵衛に話しかける。
    「死ぬ前に喧嘩しようぜ」

    • チェックウォーリアさんへ
      コメントありがとうございます。
      まぁ結果的に工藤と十兵衛が戦ってくれればいいんですけど・・・
      もっと工藤のいいところ見たかったなぁ~って感じですw

    • 島田清さんへ
      コメントありがとうございます。
      それですねww
      あくまでも個人的希望になりますけどねww
      あと・・・「燃えたぜ」を聞いていないので、何かスッキリしないんですよね

  • 初コメです よろしくお願い致します
    脳内麻薬が溢れた事によって金剛が利くのでは? じゃなかったら最初に腕を捕まれたときに金剛打っててもいいですよね?
    それにしても面白過ぎです!

    • tkさんへ
      初コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。
      屍を使った事で金剛が決まったので、最初は意味がないと思われます。
      そしてその後の金剛×10000

  • 見ました。たしかに厳密には終わってないですが、これは流石にもう梶原さんに軍配ですよね…なら下手に先延ばしせずこの話で試合終了って素直に表示していただきたかったですね…モヤモヤしますわw
    はたして工藤は結局どうなっちゃうのか。
    個人的に回想で父親に撫でられてる少年梶原さんがなんか良かったです。

    あと23話での里見と田島での会話で田島が当時中学生だったって言ってた部分が修正されてませんね。陸から逃げた時の田島は17歳でしたが…

    • 梶原さんお疲れ!?さんへ
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよねw終了なら終了と表示するべきですよねww
      2週刊もモヤモヤしないといけませんよ・・・
      回想シーンは意外とよかったです!

      そうですね、気づいてないんでしょうかね?

  • 金剛0式って0距離の金剛ってことだったんでしょうか?
    居合のタイミングというか相手の意識の外のところで放つ金剛かと思ってました
    普通なら相手の攻撃が決まる刹那の一撃かと

    個人的には力押し系の工藤より、多彩な技と十兵衛とは似て非なる策略家の梶原さんが好きなので
    このまま決まってほしい所ではありますが、勝ち名乗りを受けていないうちは何が起こるか分からないですもんね

    • 蟲さんへ
      コメントありがとうございます。
      なるほど・・・
      そういう考え方もありえますね・・・
      梶原さん勝利ムードですが、まだ何が起こってもおかしくはない状況です!!

  • sane.k さん、
    初めてコメント残させていただきます。
    木多先生の連載と共にこちらの更新もいつも愉しみにしています。

    僕は梶原が好きキャラクターなので、
    どうにかこのまま決着がついてくれ!と願っていますが、
    確かに最後の工藤の倒れる位置が梶原に近すぎて、
    ここからどんな展開でもあり得ますよね。
    次回、十兵衛が工藤が罠に最初に「まだだ」と気づいて、
    工藤の大逆転と梶原の悲惨な最後が待っていそうですよね。
    やはりその場合は工藤が屍をなんらかの攻略が必要ですよね。
    今週号で、途中芝原剛盛に着いて来た後藤先生のカットが入ってますよね。そこも気になるところです。
    次号は休載との事ですが、
    今週号めちゃくちゃ面白かったので、来週は我慢します!

    • 灰色さんへ
      初コメントありがとうございます。
      結構、梶原さんのファンが多いんですよねw
      「次回、十兵衛が工藤が罠に最初に「まだだ」と気づいて」
      ↑何かありえそうですw
      って!これ後藤先生ですかね?何か微妙な感じですが・・・
      何とも言えませんね・・・観客だと思ってましたが・・・

  • 期待としてはまだ
    先があってほしいような

    田島は工藤を不死身と言ってる点
    これが決着だったら、十兵衛や文さんの表情とかなにかあってもよいのかとおもったり
    あとは、若干梶原さんは詰めが甘いというか、びっくりさせられキャラみたいな点で

    先があったらなと、梶原さん今回、眉毛がきにならないくらいかっこよかったです

    • ちいきちさんへ
      コメントありがとうございます。
      十兵衛とかの描写がなかったのは気になりますよねw
      もしかすると、そこらへんは次回あると思いますが・・・
      梶原さんのファンではありませんが、カッコよかった点は賛同します。

      • 毒はどうあれ、治らなくても
        工藤は十兵衛戦までもてばいいのかなと
        工藤は死んだふりではないけど、
        体質的にすぐに目覚めるとか、

        このトーナメントの試合終了はなんか合図とかあるんですかね
        梶原さんが勝ったつもりで、腕をあげて観客に答えているところを、後ろから立ち上がった工藤に腕をつかまれて殴られる
        ような気もしてきました
        事後処理休載はざんねん

        四巻の反町とカブトのなかのよさは愉快でした

        • ちいきちさんへ
          確かにそうですねw
          ルールではセコンドがタオルを投入するか、リング外の二人のレフリーが同時に戦闘不能と判断した時でした
          その時、試合終了なので厳密にはまだ終わっていませんね!
          逆に、工藤サイドがレフリーを買収していて試合を止めないかもしれません!
          金剛はただ単に気絶させるだけですし!
          首とかへし折られたら終わりですが・・・

  • 初コメです。よろしくお願いします。

    「俺の金剛も効く」に関してですが、あれは過呼吸のことだと思します。
    あくまで屍を使って引き起こしたのが予定外だっただけで、過呼吸自体は別の方法でおこすつもりだったということじゃないでしょうか。

    しかし、ここから工藤の逆転があったとしても2回戦ができるイメージが全くわかないんですよね。
    片目失明&ボッコボコ(これはまぁ平気でしょうが)&ボツリヌス菌&金剛によるダウン
    こんだけ食らってますからね・・・・

    • 通りすがりさんへ
      初コメントありがとうございます。
      こちらこそよろしくお願いします!
      金剛ですがやっぱり屍+金剛ですかね?
      まぁここまで来たら結果的にそうでしょうねw

      確かにボコボコすぎますよねw
      失明している事もボツリヌスもかなり、支障が出ると思いますし・・・
      それに対し梶原さんは少しふらついているだけw

  • 僕もマガジン読み終えてショックでした。しかし決着とは書いていないので大どんでん返しがあることを期待してます。
    脳内麻薬でプッツンして毒耐性(過呼吸完治)ができ、0式金剛を打たれた時に金田のように神経が麻痺してて失神にならず。次回蘇る事を期待したいです。

    • YU2さんへ
      コメントありがとうございます。
      過去の事例から、金田パターンもあるかもしれませんねw
      個人的にも蘇る事を期待しています!

  • やったああああああああああああああああああああああああああああああ
    梶原さん大勝利!!!!
    希望の未来へready GO!(Gガン並感)

    いやー今週号は最後の最後までハラハラしながら読みました。こちらのコメントに書いてあった予想のように毒食らわしても不死身パワーで何とかしてしまうのかと…。
    でも格闘技術的に毒食らわした上で負けるなんてあり得なかったようですね。
    正直、修行前の十兵衛に苦戦するやつがあのトーナメントで勝ち上がっても違和感しかないと思っていたので…。というか親父が死に、自信も左手を切断されている梶原さんが馬鹿力キャラにやられたら完全にピエロですし。
    これで十兵衛の佐川兄弟と連戦は無くなったと思います。多分…。
    でもここまでの伏線を考えると十兵衛、佐川兄弟と連戦→満身創痍で梶原さんと試合→梶原さんの毒を逆に利用して殺す。てな具合になると予想してみます。

    本当に梶原さんが勝ててよかった!

    • デカイ犬さんへ
      コメントありがとうございます。
      まだわかりませんよw5%くらいは工藤勝利の可能性が残ってますw
      そして、工藤も進化しているので・・・
      と・・・工藤ファンはつぶやいていますww

  • 意識が完全に飛んでおります。
    忍者の勝ちですね。
    十兵衛が二回戦に行ったら屍を考慮した闘いをしないと
    行けない。喰らえば死。
    てか梶原さんの勝ちでもう予定調和じゃなく誰が勝つか
    わからん・・・・・・・

    • ガムさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かに梶原さんが勝ちなら、この先予想不能ですww
      十兵衛はこの先大変ですねww
      もしかすると、梶原さんが決勝に行くことも・・・?!

  •  
     
     今回も見事に予想を裏切られました( 笑 )!

     もし工藤が負けたとしても、梶原さん毒をチクられてトーナメント敗退もあり得ますよね・・・。

    • Ken-G.さんへ
      コメントありがとうございます。
      十兵衛や文さんは屍を知っているし、気づいているのでチクる可能性はあるでしょうねw
      証拠がないとか言い出すんでしょうけど・・・

  • 今回の試合を十兵衛戦に置き換えるとビルから落下した時のような状態ですね。
    工藤がビルから落下したした後、十兵衛はどうなったか・・・あくまで工藤ファンとしての悪あがきですけど希望は捨ててません

    • 島田清さんへ
      コメントありがとうございます。
      ですねw
      梶原さんは余裕ぶっこいて勝ったと思ってるはずです・・・
      と私も工藤ファンとして希望を捨てきれません!

  • 金剛が決まった時って必ず暗転みたいな演出いれてないっけ?

    金剛が決まった時、対象者の顔アップ+明暗逆転のコマが入って、金剛の効果を引き立たせる描き方をしてたんだけど…

    ざっと見直して、雑魚ヤクザや梶原父、金田セコンドはその演出で金剛が決まっている…(手元に無いんでわからんけど、多分上杉も…

    何が言いたいかっていうと、今回の工藤もその演出が無いから、
    やっぱり金剛が効いてないと予想出来るんじゃないかなと

    さらに付け加えるなら、不発に終わった金田の時も、石橋の時も、暗転演出は無かったから尚のこと、金剛が決まったか決まってないかのはっきりした描写を分けているのではないだろうか?

    今週号は立ち読みだし、手元にない巻もあるので見落としあったら申し訳ない

  • 追記だけど、今確認続けたら、橋口とそのツレ、ビクトリアにも同様の演出があって決まっているかな

    ただ熊に金剛決めた時は法則無視しているのがあるんで、断定は出来ないかも

  • 私もsane.kさんと同じく梶原の油断で工藤が勝つと思います。
    まず、金剛が決まっている時はいつも打った直後に白黒の描写になっていたはず(私の記憶では)。
    でも今回は打つ直前にその描写が書かれているんですね。
    直後の白黒だと金剛が決まった表現に感じますが、直前だと「はっ」とか「しまった」の様な表現に感じます。
    そして、耳が痛いくらいの歓声が上がった事。
    これでは背後から工藤が仕掛けに来ているのを梶原は気付けないのではないかと思います。

    • バイソンさんへ
      コメントありがとうございます。
      工藤的にチャンスはここですね。
      十兵衛が金田戦で背面への金剛を決めに行った状態と似ています。
      確かに、「しまった!」の表現にとらえる事ができますが工藤の表情的にそんな感じじゃない様なきもするんですよね・・・
      逆に、金剛が決まったとも見えてきちゃいました・・・(弱気)

  • 左肘の金剛は読めませんでした。
    このまま決着なら、王道を裏切る展開ながらそれもまた王道…といったところでしょうか?
    梶原を贔屓目にするのは、何となくsaneさんに申し訳ない気もするんですけど^^;
    …やっぱり、先生は工藤の入れ墨がメンド…(中略)…だったんじゃ?
    ちなみに梶原さんが順当に勝ち上がった場合ですが。
    もし、田島が「当たり」の仕掛けに気づいたとしても、興行の第一試合から毒殺とか…公にはしない方向に話が行くと思うので、反則負けはなさそうですね。

    • ベスさんへ
      コメントありがとうございます。
      ん~王道と言えば・・・王道・・・かな?
      梶原さん贔屓目で大丈夫ですよ(笑)
      逆に管理人は工藤贔屓ですがww
      確かに隠ぺいされそうですねwwでもさすがに次に進めないのでは?
      屍ばれる⇒梶原さん棄権(反則負け)
      工藤が死亡⇒心不全(毒殺)みたいな感じで・・・

  • バイソンさん、フォローすいません、ありがとう

    今見直したら、工藤にも白黒演出入ってますね。

    恥ずかしい…

    直前ってのはたしかにあるけど、法則的には決まっていてもおかしくないですね。

    私の予想は外れてます、たぶん

    • うねさんへ
      コメントありがとうございます。
      確認したところ入っていましたね
      喧嘩商売は今、手元にないので確認できませんでした・・・
      丁度、知り合いに貸している状態ですw申し訳ございません。
      となると、やっぱり金剛は決まっているかもしれません・・・
      私の予想も外れてるかもしれません・・・

  • ここで工藤が負けて、毒の影響で入院。病室で十vs梶を観て,十の勝利を確認後,十の成長に満足し,安らかな顔で息を引き取る….とかありそうかな~と思いましたw

    • satoumoeさんへ
      コメントありがとうございます。
      あー何かそれもありえそうですねーw
      最後に「燃えたぜ・・・」とか言いそうです。

  • 工藤死んだふり→梶原が油断する→工藤逆襲→梶原殺られる
    この漫画でこの勝ち方はないんじゃない?
    それにこういう勝ち方って作者本人が一番嫌ってるじゃん。

    • 麻さんへ
      コメントありがとうございます。
      んーそうですねw
      嫌っているかは定かではありませんが
      確かにないですね!金田戦で十兵衛が死んだふりをしましたが不発でしたし・・・

  • ①梶原は工藤に屍を使ったせいで十兵衛戦では屍の使用がほぼ不可能になった
    ②十兵衛は同じ仕掛けは無いだろうと思いつつも屍の威力を目の当たりにした以上、常に警戒しながら戦わなくてはならなくなった
    ③梶原は十兵衛が屍を警戒していることを逆手にとって罠を仕掛ける
    こんな感じになるんですかね?

    というか田島が期待していたのはやっぱり死人が出ることによる「本当の命懸け」だったんですかね?

    • 蟲さんへ
      コメントありがとうございます。
      もし梶原さんが進んだ場合そこらへんの駆け引きも勿論あるでしょうね!

      「命懸け」と言うワードが結構出てきていたのでそうかもしれませんねw
      もしくは番狂わせか・・・?

  • 初めまして。
    喧嘩稼業好きがまわりに居なくて
    調べてたら、このサイトの存在を知りまして、
    毎回楽しみに読ませてもらってます。

    今週号に関する私の見解は、
    工藤は気を失っていないのではないかと感じました。
    ダウン直後?くらいのコマで、うつ伏せの顔と「パン」という擬音がある描写があります。
    眼は開いていますし、白眼をむいている感じでもないので、あのコマはダウンした工藤が意識を取り戻したという演出なのかなぁ・・と。

    わかりませんけどね!

    • ちばななさんへ
      はじめまして!コメントありがとうございます。
      意外と周りに喧嘩稼業が好きな人いないんですよね(笑)
      私もそうです・・・w

      確認したところ確かに「パン」の描写がありました
      おそらく、これは梶原さんの涙?汗?が落ちた音ではないでしょうか?
      定かではありませんが・・・

  • こんちにわ、初コメです!

    “梶原VS工藤”

    燃えるぜ~っ

    コンビニで、ヤンマガが配達されるのを待ち、店員に無理を言い、強引に頼み袋を開けてもらい、一番で買いました!

    私は、かなり”梶原”推しで、むしろ優勝しいし、そして 対”工藤”戦の以降は、技、策略など引き出しの超多彩キャラが徹底され、対”工藤”戦以降はすべて、アッサリと勝ち進み、トーナメントで最も激闘となったのが第一試合で、 やっぱり”工藤”は強かった…と言う印象が作られたら美しいと考えてます。

    そして、梶原のトーナメント優勝後、澤との計画がすんなり実行され、梶原には闇組織ボスとかに君臨したら面白いかと!!

    とにかく

    “梶原VS工藤”

    燃えたぜ

    • K太郎道場さんへ
      初コメントありがとうございます!
      早起きですね!
      しかし、その先は十兵衛、文さんが待ってますからねw
      一筋縄ではいかないと思います
      トーナメントが終わり、その後のストーリーで梶原さんがボスになってたら、面白いですけどねww

  • 自分も、最終ページに編集の煽り文句が入っていなかったのに疑問を感じた派です。
    そして、十兵衛戦でビルから落とされ、うわ〜壮絶な決着だわって思わされた時と似てるんですよね。
    このまま終わったら、怪物が生まれようとしているという表現も浮いちゃいますし。
    ただ、自分が工藤に肩入れしているから、そう考えたがってしまっている感は否めません。
    個人的には、金剛が効いた演技ではないと考えます(既出ですが、そのまま握り潰したほうが早い)。また、効く金剛は、屍で過呼吸+金剛と思います。元々、念のため効く金剛は用意していても、屍も金剛も出さずに勝てると踏んでいたという意味と思います。
    ただ、仮に、ここから立ち上がった所で、工藤の攻め手が全く思い浮かばないんですよね。

    • アベンさんへ
      コメントありがとうございます。
      喧嘩稼業は最後まで何がおこるかわかりませんからねww

      工藤の攻め手はなんでしょうね?・・・
      そういえば以前、工藤が金剛を使うというコメントが結構出ていたので金剛とか・・・?

  • 大変なことになりました・・・。
    一応、工藤が勝つと予想してましたが8:2くらいでこのまま梶原勝ちでしょうね・・・。

    気になる点をいくつか・・・

    みなさん指摘のとおり沸いたで終わっている点。(梶原勝利とは断言されていない)

    このまま梶原が本当に二回戦へ進めるのか?工藤の身体から検出されるであろう毒素とキセルを調べられたら終わりです。(十兵衛は毒の形態こそ読めていませんが、キセルにまでは気づいています。)

    いままでの攻撃パターンから梶原の攻撃を予測し攻撃に出た工藤ですが、掴んだ瞬間に攻撃をされることは本当に予測できなかったのか?

    最後はあくまで希望ですが・・・
    この最悪の状況から逆転してこそ不死身という肩書きにふさわしいのではないか。
    また成長した主人公のライバルとしてふさわしいのではないかと思います。

    • Yさんへ
      コメントありがとうございます。
      8:2もしくは9:1くらいですねww
      「掴んだ瞬間に攻撃をされることは本当に予測できなかったのか?」
      ↑確かにそうですよね・・・
      予測できなかったと言われればそれまでですが・・・
      できそうな気も・・・もしかすると命懸けの罠の可能性も・・・

      • 一応、梶原が工藤の罠にかかったような描写はありますよね。
        掴むまでで終わりなのかどうか・・・?

        今のところ、工藤に金剛が効かなかった理由に説明がないのも気になります。過呼吸状態なら効くというのも半信半疑なわけで・・・(ダウンはしたわけですが)

        大歓声で音が聞こえない上に感傷的になっている梶原はスキだらけ・・・

        十兵衛が川から上がった時のシーンのように油断しているところをフルボッコが希望です。

        • Yさんへ
          まぁ一応、右手を潰すと言っているので・・・
          終わりかと・・・
          確かに説明がないですね!
          気になりますwもしくは次回出るか?・・・

  • 今回の金剛での決着はまだ無いと考えます。

    一つはモンスターが生まれるの伏線回収がまだされて無い事。あれだけ煽っておいて何もないのでしょうか?これで工藤が立ち上がる際にモンスター誕生の下だりを使うのでは無いかと予想しています。

    もう一つは前回の話で、ボツヌリス毒素は意識と体温に変化を与え無いという説明が、二回意味有りげに入りました。意識については変化がなく、工藤がしっかりと意識が有る描写がされています。しかし、体温に関する描写は今のところ有りません。やはり、これは前回のコメント同様、工藤が脳内物質を使い体温を上昇させて、熱に弱いボツヌリス菌を殺菌すると考えます。

    金剛0式についてですが、少し期待外れでした。梶原さんが工藤には屍を使う予定が無かった事から、過呼吸状態からでは無くても工藤に効く金剛を予測してましたが、0射程から放つだけの威力は普通の金剛でした。屍以外の手段で工藤を過呼吸状態にする手段が有るとも思えませんし、十兵衛との会話の中で、同じ事を考えているかもしれないと言っていた事から、やはり屍からの金剛が本流とは考えにくいです。一つ考えられるのは、金剛0式が0射程から放つ金剛だと言う事では無く、何か梶原さんが別に仕込んでいる可能性です。そもそも、今回の金剛はト辻で突っ込んだ勢いで肘打ちしてるので、0射程では無いのかな?と考えています。

    • もんもんさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよね!モンスターの伏線が回収されていないんですよねw
      スルーされるという事はないでしょうし・・・?

      私も少し納得できていなかったんですよねww
      もしそうなら次回解説が入るかもしれませんね

    • 梶原さんが本当にボツリヌス毒素を工藤に使ったのなら、殺菌&毒素失活のためには100℃近い熱が必要なので、そのレベルの発熱は残念ながら人を死に至らしめてしまいますね(というかそんな方法で菌を殺し毒素を失活させることが可能ならば、ボツリヌス毒素に対する救命措置として医師が実用化しているはず)

      • ボツリヌス梶原さんへ
        コメントありがとうございます。
        そうなんですね・・・
        じゃあ無理ですねww
        いったいどうなることやら・・・

      • このマンガの凄いところは現実には絶対にあり得ない事を有るかもしれないと読者に思わせるところだと思います。工藤の怪力もいくら脳内物質を使ったからと言って、人間の骨を握り潰すなんて事は現実ではあり得ない事です。かと言って私の仮説が正しいと言う根拠には全くなりませんが、工藤が勝利し、十兵衛と戦う事になるのであれば、作者がその様にする可能性はなきにしもあらずかな?と思ってます。しかし、正直に申し上げると私は梶原さん派なので、このまま綺麗に終わって欲しいと実は思っていますw

  • 試合中に満足しちゃった梶原さんには失望しました。
    慢心は死ぬまでなおらないということですかね。
    セコンドはタオル投げない、レフェリーは試合止めてくれないで
    十兵衛と同じ命乞いをしながら左右対称にされる梶原さんが目に浮かびます。

    • 郷さんへ
      コメントありがとうございます。
      今回はじめてスキを見せていますw
      「十兵衛と同じ命乞いをしながら左右対称にされる梶原さんが目に浮かびます。」
      ↑中華料理屋で直接、十兵衛に挑発してますからねww
      想像できますww

  • 初コメです。
    個人的には、梶原の勝ちかと。
    死んだフリまで戦略として考える工藤はリアリティに欠けますし、工藤のキャラではない。
    しかし、真実をばらされてしまった澤が、控え室で梶原さんを証拠隠滅のため、拳銃で射殺するなんて予想なのですが(((^_^;)

    • kjさんへ
      初コメントありがとうございます。
      そうですね、さすがに死んだふりは無いかもしれませんww
      澤はどうなるんでしょうね・・・
      そうなっても仕方ありませんよw

  • ここまで予想が多様化するのって、この漫画くらいでしょうね。思い出したのがAEDがある部屋での「金剛対策」なんですけど、ただ「工藤には効かない」っていう話を出す為だけでしょうかね。
    万が一金剛でやられてしまった時の備えとか、無いですかね。いわゆる「気つけ」。何か嗅がせて目を覚まさせるなら運営にはバレないし、梶原も屍を使ったのでアイコではと。
    とにかく死なないで欲しいです。

    • かぶとさんへ
      んー難しいところですね・・・
      可能性としてはあるかもしれませんが
      方法が思いつきませんね・・・

  • これまでの展開との親和性を考えたら工藤が勝って十と戦わなきゃいけないですが
    とにかく読者の意表をつきたいなら梶原勝ちになりますね
    まあ木多さんは何だかんだ王道は外さないのでこれまでの描写はなんだったんだよというような流れにはしないと思いますが
    梶原というキャラをあっさり負けさせず活躍させ掘り下げてくれたという感じでしょうね

    • knさんへ
      コメントありがとうございます。
      当初の予想通りそうであって欲しいですが・・・
      正直わかりませんよね、どちらの展開もありえそうで・・・

  • ところどころ、コマの外枠が二重になっているところがありますよね。

    単に梶原パパとの回想シーンのところも、
    ありますが、何かの伏線かな?と
    気にかかります。

    また、最初の数ページで
    工藤が 回顧するようなセリフまわしも
    気になります。

    工藤に勝ってほしい!そうなったら
    梶原は、けちょんけちょんですけどね。
    (親父は自殺、手首切り落とされて、
    トーナメントでは負けるというw)

    • ぼよ〜んさんへ
      コメントありがとうございます。
      回想ですね、伏線あるかな・・・?
      そうなったら本当にけちょんけちょんですよ

  • ちょっと話がずれるんですけど、
    もし工藤が負けるor死ぬの場合十兵衛の無極が使えなくなるってことはないんですかね?

    • 柔道二段さんへ
      コメントありがとうございます。
      どうでしょうね・・・
      使えるんじゃないですか?
      もしくは怒りの矛先が梶原さんに・・・

  • 確かに、「効く金剛」が数種あったとも考えられますよね!?
    屍→金剛がその奥の手といったトコでしょうか。

    そして工藤の倒れ方はヤバい!!!!
    意識のある人間は防衛本能が働き前のめりには倒れないかと。
    工藤好きな自分としてはショック大ですorz

    • 那須与一さんへ
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよ。そう捉える事もできますよね?
      屍⇒金剛で確定かと思われますが・・・(今の所)

      本気の気絶ですかね・・・

  •   描き方から見れば梶原の勝利確定だと思います。またこれはある意味「金剛」という技に対する肯定だと思います。本来、金剛は「強力で相手の胸に打ち込む」というバカみたいな技ですが、正確に心臓が膨らむ瞬間に打ち込めば、頭が鉄製の靴に撃たれてもビルから落ちても死なない工藤でも雑魚みたいに倒されることになります。磨き上がれた技は工藤の脳内痲薬より純粋なものだと言いたいじゃないかな

    • ちょうですさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かにそれなら、金剛の一撃必殺の金剛の威力が際立ちますねw
      逆に工藤がかませ犬だったのでしょうか・・・

  • 読み返して…脳内麻薬が大量分泌されたシーンを考えてみて。。

    其れによる解毒作用がなされたと言う展開も有るのかも⁇

    倒れたのは金剛のダメージではなく、脳内麻薬による一時的な意識の喪失とか…

    で、解毒に成功し反撃の流れ…かもですね。

    • はまさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね・・・
      その可能性もなくはない・・・かもしれません!
      解毒の方は賛否両論分かれていますね・・・

  • 正直、自分はどっちに勝ってほしいとかはないんだけど、この試合は梶原の勝ちで確定だと思う。
    万が一、工藤が逆転勝利にするにしても
    工藤死んだふりして逆転→多分ない
    工藤が急に何かに目覚めモンスター化してパワーアップで逆転→多分これもない
    まあ、あるとしたら脳内麻薬関係だとは思うんだけど毒も金剛もくらって今にも死にそうな工藤に「読者を納得させる」(ここが重要)ような勝ち方をさせるのは今からだと正直難し過ぎると思う。
    後、梶原が毒で失格になるっていう人達の意見だけど、かなり入念にボディーチェックをしたにもかかわらずリングに毒を持ち込まれたというのは主催者側の落ち度にもなるからそれもないと思う。

    • 麻さんへ
      んーそこらへんは難しいところですよねw
      ボディーチェックは主催者側の責任ですもんね・・・
      それはそれでもみ消されそうです

  • ご無沙汰してますKさん。他の方も言っておりますが今回はショックですが、まだ工藤が勝つと信じてる方もおり最高かな~。最後のシーンは個人的な見方では工藤の罠です、知恵が付いたのですよ~騙す為の。あのシーンは喧嘩商売の何巻か忘れましたけど十が工藤の口にけり入れて終わったかなの状態から工藤が十の足首を片手で持ち上げフン投げるシーンと近い状態なるのかな想像してます。ここから工藤の本当の意味での闘争本能です、生きるか死ぬかの世界で生きてきた工藤が勝つと信じたいですね。

    • 2Jzさんへ
      ご無沙汰です!コメントありがとうございます。
      あっ!そんなシーンありましたねww
      そして、今回は現時点でも勝敗の予想は割れています。
      本当に最高の戦いですね!!私もまだ工藤に期待してますよww

  • 我々は、十兵衛が工藤にリベンジするという物語を
    追い続け、「まあなんだかんだで工藤が勝つよ」
    「あの石橋を破ってここまで来たんだし、工藤と戦わなきゃ意味ないよ」
    という考えを、擦り込まれていったのではないか?

    「工藤は新雪の野を持っている」
    「工藤はもっと強くなるべきだと感じた」
    ほかいくつかの表現から工藤は勝つ
    という先入観を植え付けられてきたのだ。
    もちろんそれは、単なるミスリードではない。

    十兵衛は工藤と再戦すべきである!
    しかし、それが、陰陽トーナメントの2回戦で、などという
    決まりは全くない!

    工藤もまた梶原という技術習得に執念を燃やす鬼に負け、十兵衛と同じように成長し、強くなっていく。
    この敗戦を機に、新雪の野を開拓し、とてつもないファイターになっていく。
    十兵衛は、その工藤といつか再戦するのだ。

    「おいおい、工藤は屍で死ぬじゃないか?」否
    梶原は必ず解毒を用意している。田島は工藤の解毒・蘇生を条件に、
    梶原の反則行為を見逃し、梶原が二回戦へ進むことを承認する。

    以上が俺の妄想でした!

    森本レオ、板尾創路、極楽山本、そのまんま東、高橋ジョージ
    「僕たちは、『喧嘩商売』芸人です!」

    • pppさんへ
      コメントありがとうございます。
      何か説得力ありますねw
      木多先生ならありえる・・・
      トーナメントで戦うとも行ってませんし
      先入観で操られているだけなのでしょうか?

  • 初コメです
    予想的には工藤が最後に金剛をコピーして・・・という展開を予想していたのですが
    1dayトーナメントといえ、ダブルKOもアリと思いつつもこの試合は梶原の勝ちと予想します。

    その根拠として、ふと思ったのはシグルイの舞台となった「駿河城御前試合」です
    この第一試合は物語の無明逆流れ編ですが隻腕の剣士・藤木源之助(注:左腕がない)と剣士・伊良子清玄(注:盲人) 何かピンときませんか?
    藤木が梶原。伊良子が工藤という仮定ならば。

    さらにその観点からしてみるとトーナメントの16試合を全てやるわけではない・・ということです
    「駿河城御前試合」では収められているのは13編。(試合も11番のうち8組に勝敗あり、3組が相打ちとなっています)
    全16試合のうち3試合がダブルKOの試合もありで行われない可能性もアリなんじゃないかと思います

    作者の木多先生にしてみれば連載が延びれば延びるほど・・なんですが
    リザーブの選手がいない&ダブルKOならば描くべき試合数を減らせるということです。

    • sassiさんへ
      初コメントありがとうございます。
      そうですね。工藤の金剛コメントも多かったですがなさそうな感じです

      そんなのあるんですね・・・知らなかった・・・
      しかも、木多先生ならやりかねないですよw

  • 工藤絶望的ですね。勝ったとしても片目が失明してるし、あの山本陸ですら片目での闘い方を習得するために長期間姿を消したのだから、1DAYトーナメントの間に片目での闘いを強いられるのは工藤にも難しいですね。しかも毒に犯され時間と共に死が近づいてきてる。身体は弱る一方。
    その前に金剛から立ち上がらないといけないのですが…
    解毒に関しては上の方で言ってる方がいるのですが、脳内物質によるスパーク?バキであった裏返りwでしょうか。
    血液の熱での殺菌は無いかと思いました。何故なら殺菌に必要な温度.100度?まで上がったら、血液が沸騰してしまいますよ。蒸発してタンパク質も固まって、死にます。
    物語的に工藤は勝つと今でも思っていますが、絶望的すぎるので整合性とれるか心配。
    それから思ったんですが、梶原が十兵衛に俺の金剛は効くと言った時点では、十兵衛に工作を防がれる前で澤に工藤の食事に屍を仕込む予定でした。
    つまり、あの時点での予定では食事に屍を使い試合の時には屍の効果で工藤は過呼吸になっていたのかも知れません。結果として使用方法は異なりましたが、梶原の効く金剛とは屍からの金剛だったのかもしれないと思いました。
    少なくとも俺の金剛は効く発言の時点では屍は使う予定だったという事は間違いないです。ただし入場の時には屍は使うつもりはなかった。田島戦で使うと言ってましたが。

    • ダンさんへ
      コメントありがとうございます。
      毒なんですが、試合前に飲ませ用としたのは
      後遺症が残る程度の強い下剤と言っていたので、過呼吸にはならないと思われます。
      梶原さんが嘘をついているか、他の症状も出るものだったのか?はわかりませんが・・・
      しかし、数種類の毒を持っている事は確かですね

  • 工藤応援してたので今週号読んでうわぁ…って気持ちになりました。

    個人的には金剛は確かに炸裂したが脳内麻薬によって一瞬の気絶で済んで、完全に勝った気分で油断してる梶原に逆襲みたいな展開を期待したいです!

    ただ、工藤が倒れてパンと音の鳴っているシーンが眼のあたりな気がするんです。毒によって眼球が破裂したのかと思ったのですが、さすがにそんな恐ろしい毒の効果はないですよね?

    金剛が完全に決まりだめ押しのダメージを描写したのかと思ってしまい、もしそうだとしたら梶原さんの勝利確定ですね。

    • 工藤推しさんへ
      コメントありがとうございます。
      「パンッ」は梶原さんの涙か汗が垂れ落ちた音だと思ってます。
      が・・・実際は不明です。
      そうなら、梶原さんの勝利確定でしょうね・・・

    • てっぺんさんへ
      コメントありがとうございます。
      ペースメーカーで防げるんでしょうか?
      そもそも、試合前にそんな手術を行う可能性は低いと思います。しかし、他になにかしらの対策を行っている可能性はありますよね

  • みんな予想割れてますけど、単純に今週の展開滅茶苦茶面白かったですね。
    静まりかえったリングで梶原の「金剛0式」が凄くキマッていた。

    梶原は工藤対策を練りに練って、試合の挙動1つまで考え抜き
    裏辻連打+眼球負傷+顎脱臼でダメージ重ねて止めに屍まで決めた。
    この積み重ねを見ていると、顔面に一撃入れただけの工藤に負けないで欲しいと思う。

    今回も工藤が裏辻を攻略することを読み切って密着からの金剛。
    リーチが短いからより近距離から撃てるというのは片手が無いことを逆手に取っていて非常に熱い。

    不安な要素として
    メタとしては
    ・主人公との再戦フラグが残っている
    ・「怪物が生まれる」「新雪」のモノローグが回収が不十分か
    ・煽りで決着と明言されていない
    作中では
    ・梶原の勝利が宣言されていない
    ・耳が痛いほどの大歓声
    ・梶原は過去を回想し涙を流している(完全に油断している)
    ・「意識がハッキリしている」と強調されている工藤
    ・「意識が混濁している」と予想されている梶原

    自分は梶原の立ち位置が非常に不味いと思います。
    もし工藤が戦闘可能な場合、あの間合いは完全に足が掴める。
    片足もしくは両足を掴まれた場合、
    油断している梶原が、うつ伏せの工藤に対してインパクトの前の一瞬を妨害することは難しいでしょう

    今まで読者に散々左右対称にされると言われていましたが、
    その予想を裏切る意味でも両足を破壊されるのではないかと思います。

    もう一つは「怪物」「新雪」モノローグの回収です。
    ここで工藤が死ぬなら、試合中に怪物を生まれさせるために、
    脳内麻薬をどうこうして
    ・金剛の無効化若しくは軽減
    ・ボツリヌス菌による能力低下を一時的に無視して工藤が勝つと思います。

    しかしpppさんの予想を見て解毒剤があるなら少しは勝つ希望があるかも?
    ボコボコにされるか、屍の設置を読まれて命と引き換えに渡すということになりそうですが

    • 一之瀬さんへ
      コメントありがとうございます。
      梶原さん勝利のコメントが多いですが
      伏線や現状の違和感やら
      何とも言えない状態ですw
      予想ができない・・・
      個人的には工藤が勝つと、まだ思ってますw

  • さすがにこれは梶原さんの勝利でしょう!!

    いくらなんでも、これから工藤復活(死んだふり他)→再再逆転はしつこすぎて興ざめです。工藤は、金剛決まってモノクロになってるし、フェイクするにしても、最後の命綱といえる梶原さんの右手を離した段階でもうないと思います。

    工藤を超えるフィジカルモンスターは、他のトーナメント参加者にもいますし、工藤本人もダメージもひどい。正直、超脳筋の工藤が似合わない策を弄するあたりで、工藤の魅力も半減です。

    今更、稚拙な策を覚えて使ったところで、長年の知識、経験があり、かつもともと頭もいい策略系の本家、田島、十、文学、梶原さんなんかに通じる訳ないです(現に最後にやられたし)。

    前回、46話あたりから、梶原さん本人は勿論、十、文さんあたりも、「梶原が勝つのは決定、問題は勝ち方だ!」的な流れになってます。

    この漫画、最近読み始めましたが、個人的には、工藤より梶原さんのほうがずっと思い入れが強いので、梶原さん勝利は嬉しいです。

    あと、トーナメント招集のころから、梶原さんのことを小馬鹿というか舐めてかかっている、アリ(この若僧、今のところ十と違って、なんの実績もないですよね?)も、梶原さんにしめてほしいと思ってます。

    • 日拳さんへ
      コメントありがとうございます。
      確かに梶原さんの右手を離している時点で金剛は決まっているでしょうねww
      個人的には金田パターンを予想していますが・・・

      逆に工藤に思い入れがある人も多いでしょう。
      この漫画は最後まで何があるかわかりませんからねww

  • まぁいずれにせよ、梶原さんの勝利が確定となったら、梶原さんは実は”ペテン”や”ブラフ”ばかりでなく、武道家としてもハイレベルであっなのが正明された事になりますね!

    なんせ、どの武道家も、工藤のフィジカルに通用せず、返り討ちにされてたなか、その工藤に梶原さんは、開始早々から終始ずっと”技(陽)のスキルで工藤を劣勢に追い込み続け、意外なまでに、日本古武術(格闘家)としてのスキルを梶原さんは皆さんに魅せつけ、実力を証明した内容となりました。

    どうやら梶原さん、読者の大勢から悪者脇役キャラ、手頃な噛ませ犬キャラなように見られて節があるようでした…が、やらせてみると(いざ戦わせてみる)案外と”達人だったりするとこが”喧嘩稼業”の奥の深さや、じょじょに”梶原修人”ファンもさりげなく増えてきてるのを感じてるしだいであります。

    梶原さんについては、”能ある鷹は爪隠す” これを象徴し、技(陽)の引き出し多彩な、達人キャラとして、新たなポジショニングとストーリーが展開されるのを期待したいと考えてます。

    もし、このまま”工藤優作”に勝ちが確定となった場合は、あの怪物”工藤”に勝った実力者として再認識される訳なので、せっかくなら、今後は”文さん” “十べい” “田島”なみに、実力者キャラを徹底的させても良いかと思います(^^)

    • K太郎道場さんへ
      それは間違いないですねw
      梶原さんツエーって感じになってますし

      やっぱり喧嘩稼業は深いですよ・・・
      その線もありです

  • 毎度です。試合もコメントも白熱してますね。

    私は今後の試合展開の予想はしません。工藤はカタワになりながら血を流し戦っているのです。

    工藤はまだ障害者になったばかりです。手帳も申請していません。障害者の先輩の梶原さん(多分障害者3級)に遅れをとっても不思議ではありません。

    梶原さんは工藤にレクチャーしているのかもしれません。

    障害者として生きるきびしさを。

    梶原さんは北斗の拳のアミバと同格くらい好きですけれど、再三のジョジョ立ちのポーズは似合いません。

    工藤はすでにペースメーカー内臓とコメントありましたが、事実であればすでに障害者1級確定、黒帯寸前のツワモノということになります。

    私も工藤と同じく障害者の端くれとして書きました。

    木多先生へ……工藤は素直でいい子ですが、生まれつき無学なので、急な詰め込み教育はかわいそうです。もうこれ以上の勉強はいりません。四肢につながれた鎖をぶちきる狂気の暴力が見たいのです。

    • 我奇さんへ
      コメントありがとうございます。
      たしかにジョジョ立ちw
      そうですねw
      策略よりも工藤ファンとして豪快な暴力がみたいですね

  • 王道信者の私としては十兵衛VS工藤は譲れない。
    なので未だに工藤復活を信じてます。

    今回の工藤はボツリヌス菌による筋肉の脱力であり、カウントダウンがない陰陽戦にて起き上がり反撃に出ると予想してます。

    ちなみに日本でも過去にボツリヌス菌が発症した幼児がおり、井戸水による水感染だった例もあります。
    工藤も不衛生なポリバケツの中で既に抗体を持っているのかと思います。

    頼む!こうであってくれ!十兵衛VS工藤が読みたいんや!
    ついでに言うと文学VS川口、上杉VS佐川(兄)、里美VS反町も読みたいんや!

    欲を言うなら金隆山VS芝原という。筋肉VS技術の試合も見たい。

    なんだかんだで石橋が推奨する総当り戦が見たい…

    • ニョニョーンさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かに見てみたい試合はいっぱいありますねww
      本当に総当りでもいいくらいですよw
      そうなると完結は不可能になりますが・・・

  • 今回のキモは“誰にも媚びる事無く自分の力だけで生き抜いた男”と“父への想いだけが生きる理由の男”のコントラストかなあ、と。

    この先の逆転があろうがなかろうが“死合ならアウト”の状態に持ち込んだ以上トーナメントとは関係なく梶原の勝ち、さらに大衆の面前で真髄の屍を使い金剛で決めたことで直接冨田流にリベンジするよりも梶原柳剛流を高みに誘った・・・陰の人間はそう解釈するんじゃないだろか(平たくいえばこれで梶原さんのメンツは保った)。

    トーナメント的には工藤が残りそうだけど。ボツリヌス菌も文字通り「燃えるぜ」で体温を異常な温度まで高めて命のカウントダウンを止めるような気がする。

    • だんさくさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かに梶原さんは梶原柳剛流を高みに誘いましたね
      これぞ鍛錬のたわものでしょう・・・
      満足しているご様子ですし・・・
      ボツリヌス菌は、コメントもかなり割れていますし、何とも言えない状態ですねw

  • 度々の投稿となってしまい、すみません(^^;

    しかし”工藤優作”、支持されてるようですが、周囲の反応が”梶原修人”支持も増えてるようで、やはり”工藤のようフィジカルのみというキャラだと、ストーリーに限界があり、これ以上 フィジカル任せだけの戦法を続けると、ストーリーが非現実的になってきて、”ドラゴンボール”や、ここ最近の”刃牙”なように、”あり得んだろ”的な、興醒めのスパイラルに陥ってしまうのかと思います。

    “工藤優作”は、所詮はフィジカルだけなのです。やはり鍛練された物理的な技術を極めた者には通用しないし、”工藤”のようなパターンを引っ張り続けたら、すぐに無理が出てきます。

    しかし、努力や鍛練の苦手な者にとって、”工藤”のような”努力”せずにも、ストイックになれる者を制する姿は、世間でいうとこの、人生においてストイックになれず”負け組み(表現に悪意はありません)”人生となってる層にとって”工藤優作”は、努力せずとも優秀な”勝ち組み”に勝てる、そんな痛快さがあったのかも知れませんね?!

    とにかく、読者を飽きさせない為には、フィジカルのみのキャラを、非現実的すぎるドラマ展開にしないことかと思います。

    しかし、”喧嘩稼業”、そして このblogや皆さん、とても白熱してますよね(^^)

    • K太郎道場さんへ
      何度でもコメントOKですよw
      逆にフィジカルだけのシンプルな選手も必要かなとも思います。
      が・・・少し無理する部分はありますねww
      まさか、自分のブログがこんなに白熱するとは思ってもいませんでしたが(笑)

  • ここまできて工藤が逆転すると思いますとかもう考察じゃなくあなたの願望ですよね。
    仮にもトーナメント考察というタイトルのブログならもっと早い段階で梶原の勝ちの可能性をおうべきだったのでは?。
    好きなキャラばかりひいきしている管理人さんは考察ブログを名乗る資格がないと思います。
    梶原の腕を掴んでいる工藤がその腕を離してまで金剛を食らって気絶した“フリ”をする意味がありません。
    某スレに貼られていたので初めて来ましたが考察ブログを名乗るなら格選手を公平に見て欲しいです。
    工藤は梶原が左腕の肘で金剛を撃てることは知らないわけで気絶した“フリ”をするより握っている右腕を潰す選択をするはずです。

    • Nさんへ
      Nさんの仰る通り、金剛は完全に極り、工藤は完全に気絶したのは確かだと思います。
      普通の試合ではそこで試合終了ですが、このトーナメントは特別ルールが有り、気絶しただけでは終わりません。このわずかな時間を使って、工藤モンスター化の回収が入り復活すると私は考えています。

    • Nさんへ
      コメントありがとうございます。
      いやー手厳しいですねww
      まさにその通り!!実際、私よりも皆さんの方がかなり良い考察してますしね!
      でも、結果的に、それでもいいかなぁとも思ってるんですよね!
      私の考察も予想もあまり当たりませんが、みんなで盛り上がれれば楽しいかなと?!

      • みんなで考察をして盛り上げていくブログであって、ブログ作者さんの考察はあくまで投げかけでそれだけで完結してるわけではなかったんですね。
        そこを勘違いしていました。
        確かに木多先生も人間である以上お気に入りのキャラはいるわけだし、それを考慮すると多少は一部のキャラを贔屓目に見ることもありなのかなと思いました。
        私の最初のコメントを改めて読み返したら少し言葉がきつすぎる部分があるなと思ったのでそれを謝罪させてください。
        どうもすみませんでした。
        喧嘩稼業ファン同士の交流は私もネット上でしか体験できていないのでこういった場があること自体は大変喜ばしく思っています。

        • Nさんへ
          紳士な対応ありがとうございます。
          管理人として出来るだけ贔屓しないように頑張ろうと思います。
          今後もコメントに期待しています!!

  • Nさん

    横槍になり失礼をお詫びします。

    私も、大勢のコメントが”工藤に勝って欲しい”願望が強いと感じ違和感はありましたが、それも含め、皆が感情移入(トーナメントに参加)できるblogって、ありがたいじゃありませんか(^^)

    この”陰陽トーナメント”を機会に、このblogが盛大に白熱し、日本中の読者達の想いを、”予想” “願望” “議論”として、このblogを通して我々もトーナメントに、より一層の感情移入(参加)させたいです!

    私は”格闘技”もはの作品(漫画)が大好きです。そんな中で、このように読者が感情移入(気持ちはトーナメント会場の客席で観戦してるかのような気持ちで参加)できるblogと出会えたのは初めてで、読んだ後の気持ちのたぎり(血のたぎり)の矛先のぶけどころとして、まさに皆にも的得てたのでは?!

    せっかくですから、このblogを是非とも盛大に上げてきたいすね!

    • K太郎道場さんへ
      ありがたきコメントありがとうございます。
      このようなコメントを頂き感謝しています。
      少しだけこのブログを立ち上げた話をさせてください。
      皆さんと同じ?ように私の周りにも喧嘩稼業ファンがあまりいません。
      もっと誰かと話をしたいのに・・・そう思いながら・・・
      喧嘩商売の時からずっと思ってました。何故、こんなに面白いのに人気がないのだろう・・・と
      ネットで調べてもまともな予想がありませんでした。これなら自分の方がもっと面白い予想を立てる事ができると!
      全国にはもっと喧嘩商売、喧嘩稼業ファンがもっといるはずだ!
      皆の意見を聞きたい!そう思いブログを立ち上げた所存でございます。
      トーナメント予想・考察と名乗っていますが
      管理人としてはみんなで予想・考察・願望を論議できればいいかなと思ってます。
      だから、今後も贔屓な予想スタイルは変えるつもりはありません!(多分)
      K太郎道場さんの言う通り、このブログを通して、心のモヤモヤをぶつけて頂いて構いません!
      皆さんが参加することにより、予想・考察も100倍深まりますし
      喧嘩稼業も100倍楽しく読めると思います。
      そんな、ブログを目指してます!だって喧嘩稼業が好きだから!!

  • バッシング来て始めて、「盛り上がってる」って言えるんじゃないかな。
    ごもっともなこととか、見てわかることだけ喋ってても面白くないもんね。
    こっからの工藤復活は、有り得なくもないんですがね。梶原が勝ちを決めつけ工藤に背を向けたあと……まぁこれやっちゃうと橋口戦、十兵衛戦とちょっと被っちゃうんだけどね。たしかに金剛は決まっていた、心臓失神も起こしてはいた…数秒だけね。とかかな。
    まぁ自分は変わらずこのまま梶原の勝ちのほうが、因縁の回収にも幅が出るし面白いかなと思ってました。

    • 幕張さんへ
      応援コメントありがとうございます。励みになります。
      まだ管理人は川から上がったばかりですね(笑)
      あらゆる可能性を検討していけたらなと考えています。
      金剛は決まっていた、心臓失神も起こしてはいた…数秒だけね。
      ↑ありえそうですねw
      もうひと波乱ありそうな気もするんですよねw

  • 作者が良く悪くも連載が”休みがち”です(^^;
    なので、休刊中も、このblog内だけは止まらず盛り上がりましょう!

    きっと、必ず作者(木多先生)の目にもとまることかと思います(^^)

    blog 管理人さん。
    このblog立ち上げの経緯、ありがとうございます。なんだか、”喧嘩稼業(喧嘩商売)”お馴染みの、選手達それぞれの”サイドストーリーのようで、とても共感しました。

    私は、断続的に喧嘩稼業(喧嘩商売)を読んでました、それは、そもそも”ヤングマガジン愛読者で、私も管理人さんと同様で、喧嘩商売時代から読んでましたが、しかしギャ グ編になると全てスルーしてたりき、結果的に断続的となり、いまいちストーリーも曖昧になってしまってました。

    ちなみち、私自身も格闘技をやっいて、都内で行われる殆どの試合に客としても足を運んでおります。

    そして、ここ最近になり、陰陽トーナメントになってから急激に、喧嘩稼業の話題がでるようになり、やはり私と同様で、ヤンマガ愛読者が故に、喧嘩商売時代から、作品を知ってる者が多く、サイドストーリー編や、闘いシーンの時だけ読み方、ギャグ編をスルーしてた者が圧倒的に多かったようでした。

    けど、陰陽トーナメントになってから、プロ格闘家も、ニートも、サラリーマンも、満場一致で、喧嘩稼業(陰陽トーナメント)に至っては、感情移入してる節が沢山見られる感じをひしひし見受けました。

    私もその一人で、そして、こちらのblogにたどり着き、コメントしてる投稿者の皆さんが、恐らく同様なように思います!

    ということで、管理人さん!
    木田先生の休刊期間は、代わりに先導し、喧嘩稼業”ファンの想いのたけのぶつけ処”として、コメントのレスや、管理人からの予想や意見の提起など、今後とも、勝手ながら、激しく期待しております!

    皆で参加し、意見や予想を戦わせましょう(^^)/

    • K太郎道場さんへ
      また新たなストーリーありがとうございます。
      格闘技やってるんですね!!スゴイです!
      木多先生も見てくれているなら、メッチャ嬉しいですねww
      若輩者ですが先導していくつもりで頑張ります!!
      が、コメントの返信が遅くなるのはご了承ください(;▽;)

  • 工藤は脳内麻薬を調整して数秒の気絶に限定。油断を誘い、即事の反撃が不可能な足下ポジションをゲット。
    両足首粉砕からの逆転(°▽°)

    • ロイ白川さんへ
      コメントありがとうございます。
      数秒とかありそうですねw
      その場合、足首でしょうね・・・

  • もう自分は次の佐川VS十兵衛戦が本格的に気になり始めてます(早漏)
    十兵衛は佐川弟についても絶対ある程度は調べてるでしょうが、流石に兄ほどではないが弟までイっちゃってるまではわかってないでしょうねw現段階では…
    結果がどうなろうと佐川弟の本格的な強さがすごい楽しみです。そしてそれにどう十兵衛が対応するのか

    あとたくさん言われてましたが弟が!?一覧にいなかったのもなんか不気味でしたね…(流石に試合当日に大会に専念せずカジノに行くとかいうナメプはしないはず…)

    • 梶原さんお疲れ!?さんへ
      何故いなかったのでしょうね・・・
      徳夫にはブラフは通用しないと思いますし、普通に強いでしょうし
      2人がどんな戦い方をするか楽しみですね!

  • 毎度です。

    私なりの見解です。

    梶原さん

     長所①学生時代パンチパーマ(二グロヘアー)していた。
       ②義手など使用せずに、片手がないのを見せびらかして、カタ輪ライフ    を謳歌している。
       ③なんとなく カムイ伝に出演していたように感じる。

     短所①折角のパンチパーマをやめてロン毛になってしまった。
       ②パンチパーマに対する愛情が薄いか、拘りがなく移り気である。
       ③ジョジョ立ちが決めポーズになってしまっている。

    工藤優作

     長所①ラングリッツレザーのカスタムパンツを履いて殺し合いをしている。
       ②立ち姿が文句なくカッコイイ。
       ③攻撃していても、打撃を受けていても同じくらいカッコイイ。    

     短所①なんか 同じ男として焼きもちを焼いてしまう。
       ②存在自体がロックしている。
       ③彼を見ていると、喧嘩をしたい衝動に駆られる。
       
        
       

        

    • 我奇さんへ
      毎度です!
      確かに学生時代はパンチパーマでしたねww
      決して、喧嘩をしてはいけませんよww
      ダメ、絶対!

  • “工藤”支持派の皆さん

    フィジカルだけ強いだけの”工藤優作”にしがみつき続けてても、すぐに限界もあり、いくらなんでも非現実過ぎる”不死身”だと、リアリティーが無くなり、観てる方もシラケてきて、ストーリーにも無理が出ていてしまう(多くの格闘係漫画で起こりがちな、こういう事でシラケ始められる)事かと考えてます。

    これが、もし”工藤優作”が、なんでも不死身なフィジカル任せだけでなく、達人たちとの死闘により進化し”工藤優作”、すなわち新しい”工藤優作”に造り上げるなら、ストーリーにも広がりもあるし、リアリティーもあるかと思います。

    むしろ、”工藤優作”には、”金隆山”や、”カブト”とか、パワー フィジカル系の選手か、”佐川(弟)”や、”里見”や、”上杉”や、”桜井”や、”文さん” みたいな徹底的達人ら相手の試合が見てみたくてたまりませんでした。

    “川口”とか、”反橋”のような、たんなる一流格闘家らとなると、”工藤”に攻め続はする物の、いつものように”工藤”は倒れず、相手を掴み、そして潰される”工藤”の必勝セオリーになるだけのようなシーンを創造してしまいます。

    もしも、このまんま”川尻さん”の勝ちが確定となったとしたなら、皆(私)も好きだった”工藤優作”に勝利させたのなら、これ以降のストーリーでは、絶対に”梶原さん”を、”喧嘩稼業”においての中心的人物像の一人として、超達人とした立位置で扱って欲しいと、強く激しく願います!

    あの”工藤優作”を追いつめられる者など、そんじょそこらには存在しません、けど、”梶原さんは、その不死身の”工藤”を、あそこまで劣勢に追いつめられた猛者で、なので、かなり”田島彬”や、”文さん”や、せめて”上杉”あたりの存在感にして貰わないと、”工藤(ファンも含め)”浮かばれません。

    • K太郎道場さんへ
      確かに無理は出てくると思います。
      好きなのは工藤
      見たいのは、工藤vs十兵衛
      勝つのは梶原さん?
      工藤ファンのコメントはこれが多いですね。
      あくまでも工藤vs十兵衛が見たい感じです!

  • ボツリヌス毒素についてネットでいろいろ検索してみると、この毒は、「一般的には致死性が極めて高いが、工藤には攻略可能」という理由で、作者が選んだような気がします。

    ボツリヌス毒素はシナプスに結合し、神経伝達物質のアセチルコリン放出を阻止し、筋肉を動かせなくなる……というもののようですが、工藤は、産まれたときから、常人とかけ離れたアセチルコリンを大量に放出することで「異常な怪力を使って」います。

    そのため、ボツリヌス毒素が破壊するというSNAREタンパク質(これがアセチルコリンの放出する)が、工藤は、常人よりはるかに大量にあるのではないでしょうか?(たぶん)

    だから、常人が死ぬぐらいSNAREタンパク質を破壊されても、工藤は死なない。

    また、作中の描写にもあるように、脳内から神経物質を大量に放出しつづけて、全身の筋肉から大量のアセチルコリンを出し続けると、「ボツリヌス毒素で筋肉の神経伝達ができなくなる」のを防げるのでは?、と思うのです。

    実際、A型ではありますが、ボツリヌス毒素を使うボトックスという療法が失敗したときには、「アセチルコリン注射」をするようですし。

    というのが、まったく医学的知識の無いシロウトの推測です。

    「じゃあ、一般人でも、H型のボツリヌス毒素に感染したら、アセチルコリン注射で助かるのかよ!?」

    というツッコミには答えられないが、辛いですが(笑

    あと、やっぱり梶原さんの「金剛0式」の効果の暗転が、決まったあとじゃなくて、「直前」というのは、意味があるような気がするのです。

    • kさんへ
      コメントありがとうございます。
      なるほど・・・
      お調べご苦労様です。
      専門家の意見が必要ですねww
      直前の暗転はワザとなのか?それとも意味はないのか?
      気になるところですねw

  • こんにちは!前回、間違って意味不明な挨拶だけでコメントしてしまい申し訳ありませんでした(笑)あと一週間待ち遠しいですね(>_<)

    一つ気になっているんですが、睦夫が十兵衛の事を徳夫と思っているのが今後どうなるのかがすごく気になってます…!
    ここの皆さんみたいに現実的な考察ができないので、止まりません(笑)

    とりあえず梶原さんvs優作さんは、
    なんだかんだ優作さんが勝つのだろうと予想してます。反撃が怖すぎます。

    • Dさんへ
      オッケーです。
      確かに4巻を読み返していて気になるところではありましたねw
      今後の伏線になるのかどうか・・・・

  • 初コメです。
    みんなどう思っているのかと検索して辿り着きましたw
    個人的にはこの試合は梶原さんの勝利だと思いますが、
    十兵衛vs工藤の可能性が頭から離れないんです。
    そんな時浮かんだのが、澤の存在です。
    バカな澤ですw 試合中に裏切ったと言われパニクって、
    試合後の控室で銃(お前の持ってる銃は云々のやり取りありましたね)で
    梶原さん殺っちゃうんじゃないのかなと?
    梶原さんが消える事で、まだいつ死ぬか分からない工藤が
    2回戦に特例で上がって、vs十兵衛かなって。
    ただ皆さんの予想通り、リング内外での戦い多そうですよね。
    田島vs山本陸とか。

    • 茜さんへ
      初コメントありがとうございます。
      外での戦い多そうですよw
      スムーズに進めばいいのですが・・・
      もし、梶原さんが勝った場合は澤との一悶着はありそうですね
      山本陸が出てくるかどうか・・・
      個人的にも期待してます!!

  •  
     工藤ダウン編2回目の投稿になりますが、スミマセン( 笑 )。

     K太郎道場さん、格闘技はやっていませんが私も全く同じ視点で昔からヤンマガの喧嘩商売を見ていました。

     “ 想いの丈を・・・!” → 同感デス( 笑 )!

     我奇さん、これまでにSane. K さんのこのサイトで拝見した中で、最高のコメントですネ!

     “ ロックンロールな工藤!” → 笑っちゃう程のカッコ良さ→ 恐ろしい程の強さに裏打ちされていると思いマス!!

     Sane. K さん!

     次号ヤンマガでは、『 俺は負けたのか・・・?』的な工藤の最期のシーン、或いは工藤敗北後の梶原勝利後の展開となる可能性が濃厚だと思います。

     が。

     万が一にでも工藤再起動の展開があるならば、梶原さんはヘタすると命を落とす危険性が高いかと。“ 梶原さん!今すぐ工藤から離れろ!” と警告してやりたいです( 笑 )。

     なんちゃら関連マッスルマシマシ肥大症:何十億分の1に相当する今隆山がそうである様に、工藤もアドレナリン馬鹿力チョモランマシマシ体質であるなら・・・☆

     事実、その “ スーパーマキシマム ザ ホルモン発動 ” の描写が描かれている訳だし、金剛食らって倒れたのはやはりブラフの可能性もあると思います。十兵衛 vs. 金田戦で金的を食らってダウンのブラフ、そこからの反撃をした十兵衛の戦い方を工藤もしっかり見ていますし。

     勝ったとは言え、十兵衛にはかなり追い込まれた工藤は、十兵衛の喧嘩手段からかなり学んでいるはずですから。

     それから裏辻からの右手取り、同じ手段を使えば読まれる事くらい工藤自身も理解してますよね。それで梶原さんの裏辻や前蹴りをトレースしたり、1度目の “ 右手取り ” が出来た訳で。

     “ 圧殺するには順番がある。危険の芽を摘み取ってからだ。”

     → この工藤の思考は無意味に描かれたモノなのでしょうか。

     右手を先に潰せなかったものの、右手を奪うよりも遥かに有効な梶原さんの両脚が、今の工藤の目の前、それも手元に在ります。

     梶原さん、悦に浸るのは文さんを倒してからでないと!

     一度ケチョンケチョンにされた十兵衛なら、完全に動かなくなる、或いはタオルを投げ入れられるまでは攻撃と警戒を止めないと思うのですが・・・。

     屍無しにはここまで戦えなかった梶原さんは、工藤に勝ったとしても次戦で勝ち抜く要素が見当たらない感が否めません。

     梶原さんのファンには怒られそうですが(→ Ken-G. アンチ梶原さん派【笑 )万が一、工藤が再起動したら、の希望的な妄想ですよ( 笑 )。

     とは言え元々フィジカルで劣る梶原さんは、“ 屍ありき ” の戦いしか出来ない事が初戦でバレてしまいました。

     トーナメントを勝ち抜く可能性の薄いキャラを、面倒臭がりな漫画家( 笑 )が描き続けるでしょうか。

     格闘センスと眼力で圧倒的に勝るイカレた弟。

     策略で同等かそれ以上、対梶原さんに屍も使いかねない( 使わなくても屍をブラフにも出来得る )卑怯度:最強な高校生。

     『 昔、手首切り落としちゃってゴメンネ♪ でも今回は右足で許してあげるから☆ 』と宣告して本当にやりかねない童貞。

     サバイバル本能が研ぎ澄まされた男は毒の存在に気付き、逆にそれを奪って返り討ちにする可能性だって有る。

     剛力剛速の脚に殺られる前に屍を打てるのか。

     地球イチの筋肉マシマシに屍は効くのか。ビンタ( 鉄砲 )喰らって、一瞬にして270度首を捻られるのをどう防ぐのか。

     煉獄 “ 完全版 ” から逃れ、或いは防ぐ術はあるるのか。

     リングドクターが解毒剤を持っていたら・・・。

     僅か2秒で落とされる三角締めをヤられている最中に、屍は使えるのか。

     イカレアニキは何しでかすか分からない。

     屍を打てば超人格を覚醒させてしまうかも知れない。

     空気の読めない男は、毒を盛られても逆転の可能性を信じている。そして本当にやり遂げる。

     田島にして『 華麗な技を持つ 』と言わしめる憲法家。

     硫酸を浴びても攻撃の手を止めないプロレスラー。

     まずは目の前の “ 燃える男 ” の炎を早急に消火しないと!
     

     ここまで梶原さんを貶めて何ですが、もし工藤に勝ったら是非とも文さんとの対決まで進んで欲しいとも思っています!

     ドSでサボりがちな漫画家のせいで妄想が膨らむばかりですが、sane. K さんの、このブログを楽しむ事も日課になっています( 笑 )♪
     

    • Ken-G.さんへ
      ブログやってるんですね!拝見いたしました!
      おいしそうですww
      何回でも投稿オッケーですよww
      私も妄想が膨らむばかりです!
      毎週の楽しみではなく日課になっているのが嬉しいです((+_+))

  • Ken-Gさん

    >今すぐ工藤から離れろ…
    >浸るのは文さんに勝ってから…

    と梶原さんに伝えたい、激しく同感(^^;

    大勢が見たがってた”十兵衛”VS”工藤”ですが、こんな展開はどうでしょうか?

    まず第一試合で”工藤”は”梶原さん”にまけ、”十兵衛”も、佐川の達人っぷりに負け、二人ともトーナメントから脱落し、大会外での喧嘩決着、双方とも負傷してるので、お互いにハンデの無い公平なコンディション、屍を食らった”工藤”の寿命は残すとこ最長でも十日となり、”工藤”にとって、十兵衛との喧嘩(リマッチ)が、人生最後の喧嘩となる。

    これで皆さんも楽しみにしてた
    “十兵衛”VS”工藤”が見れ、なおかつ、その天界ならば、”文さん VS “梶原さん”の遺恨対決までもストーリーが繋げられ、一先ずは観たい対決が不自然なファンタジー無しな展開で観れて、めでたしかと思います!

    そして、せっかく主役級であったはずの”工藤”を、あそこまで追い込んだ”梶原さん”を、これからは”推し”たいと思いますが、皆さんいかがでしょう?!

    もし、”梶原さん”が”工藤”に勝利し、その後に、”梶原さん”が、次の相手に、”文さん”なり”櫻井”なりに、あっさり負けたら、それもまた”工藤”の強さへの冒涜にもなるかと考えてます。

    喧嘩商売(昔から)からずっと、準主役級であった”工藤”からダウンを奪い、ましてや勝利できたとしたなら、それでも”工藤”は強かった証しという意味でも、今後の”梶原さん”の存在を、”文さんに”、”櫻井”、”上杉”、”十兵衛”、”田島”レベルの存在感にし、なおかつ、せっかく”梶原さん”は あのような徹底したダーティーなキャラを持つのですから、トーナメント閉幕後、いっそ”澤”との悶着を上手いこと治め、澤を(澤も”梶原さん”を)利用し、裏社会の乗っ取りを成功させ、マフィアのボスに仕立てるってのはどうでしょう?

    開催中の”陰陽トーナメント”については、”梶原さん”は決勝まで進むも、”田島彬”との対戦を謎の辞退(もともと興味無かった)し、むしろ”ファイトビジネス(興業)”の主催者側に回り、継続して興業を行う方が、一回こっきり貰うだけでしかない優勝賞金(200憶円)なんかより、ずっと長期的に見れば利益があり、その為の客寄せ、ブランディングとして”田島彬”を利用してこうと判断する。

    そして、”梶原さん”は一先ず、”陰陽トーナメント”を優勝まで勝ち進んだとこで辞退し、裏社会の組織を乗っ取り、それ以降からの”陰陽トーナメント”が、”梶原さん”仕切りになっていく‼

    こんな展開は、どうでしょうかね?
    “工藤”を あそこまで追い込んだ達人には、それくらいのスケールであって欲しいと思いませんか?!

  • 追伸

    梶原さん”には、あらゆるパターンの”屍”と”金剛”を屈指し、卑怯”バリエーションの多さ、罠”の多さで、十兵衛”をも圧倒して勝ち進んで欲しいです。

    梶原さん”が屍”を出す度に誰もが、それが渾身の虎の子(最後の屍)かのように思わせ、皆、流石にもう出し尽くしたろうと思わせ、それでも次々と屍”や金剛”が放たれて、そのつど十兵衛が「アイツ、まだ持ってたのか」って台詞を言わせたいところですね!

    梶原さん”は、そんな戦法の強さで宜しいかと思います。ここで工藤”を勝たせたら、ナンセンスで、ここ最近の”刃牙”や、ドラゴンボール”末期のようにシラケちゃいますって!

    • K太郎道場さんへ
      屍の効果は何種類か出ていますが
      屍の種類は無限大でしょうねw
      はたして梶原さんがどれほどの屍を用意しているか・・・

  • 佐川弟の!?描写がなかったのは、梶原さんが針を仕込んだこと自体には最初から気がついてて、それが毒物だと工藤の症状を観察して完全には把握できないですがある程度見切りをつけて田島の元に不正(毒物仕様)かもしれないから梶原や工藤を調べろと密告しに向かってる途中とかってのもありそうっちゃありそう
    針を仕込んだ時点で何もしなかったのは梶原さんが工藤にそれを仕込んで工藤を潰してくれた上で梶原を失格という形で除去できる方がいいからとか…
    もちろん田島がそれで失格にするかどうかはわからないですが失格にしてくれる可能性は普通にありそうなのだと佐川弟は考えてるのかも…

    まぁないでしょうがw

    • 私はこの屍は2戦目でも使われると考えています。

      あくまで、工藤が梶原さんに勝ったらの話ですが、梶原さんが負けた時は死んでいるか、少なくとも担架で運び出される事が想定されます。
      ここで問題となるのが、梶原さんが仕掛けた屍はこの場合、そのままその場に残る事になります。
      ここで、十兵衛は屍の仕掛けは他は気づいていない為、次の試合で使えると考えるでしょう。しかし、徳夫も気づいているという設定で、二人の心理戦が展開されるものと予想します。

      来週月曜日が楽しみですね。また、突然休載にならない事を願っています。

      • もんもんさんへ
        コメントありがとうございます。
        この意見はもんもんさんが初です!(多分)
        意外とスゴイ所に気づきましたねww正直スゴイです!
        あくまでも工藤が勝った場合ですが、そうなればあの時、徳夫の描写がなかったのも納得かもしれません。
        その心理戦、是非みてみたいです!

    • 梶原さんお疲れ!?さんへ
      徳夫なら見破れそうではありますよね
      ただ、密告するかどうか・・・微妙な所です。
      徳夫はそういう駆け引きは行わないと思ってます。

  • ありきたりだと思いますが文さんに投票しました。日本人は敵討ちとか好きですからね(笑)ただ金隆山のあの体を見てるとどうやってあれに勝つんだと思ったりします(笑)

    • 島田清さんへ
      コメントありがとうございます。
      なぜでしょう?敵討ちは好きですよねwww
      金隆山は足での金剛でしょう!!
      個人的にそれしか考えていません!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です