【ネタバレ注意】喧嘩稼業、第51話「十兵衛と芝原の戦略?!」の巻

ヤングマガジン第47号(2015/10/19日発売)の喧嘩稼業完全ネタバレなので注意してください。

前回の内容↓

 今週の内容

第51話

十兵衛 後藤 接触

十兵衛「後藤先生」

十兵衛は後藤と接触していた・・・

明らかに警戒する後藤だった

十兵衛は後藤が金田を殺した事もすべてお見通しの様子・・・

 

2人はコーヒーを飲みながら話し出す・・・

十兵衛 後藤 交渉

十兵衛の目的はドーピング薬のようだ

十兵衛は交渉で後藤からドーピング薬をもらおうとしていた

 

十兵衛「俺の一回戦の相手は佐川徳夫・・・まともにやったら勝てない・・・」

 

しかし、後藤は金田戦で使ったドーピング薬はもって来ていないという

今回持ってきているドーピング薬は

病気の痛みを気にせずに普通に動くことが出来るだけの薬だと・・・

 

しかし、十兵衛も食いつく

十兵衛は数種類のドーピング薬を持ってきていると予想していたからだ

 

十兵衛「そのカバンに入っているんでしょ?」

 

 

芝原剛盛は全てを見透かしていた・・・・

薬の事を知っている十兵衛が必ず動くことを!

芝原 お見通し

後藤「負けたよ」

「試合直前に2つ同時に飲みなさい」

 

十兵衛「んじゃ1つだけ貰うわ」

「そっちの残りは先生が今この場で飲んでくれ」

 

後藤「さすが」

後藤はなに食わぬ顔で薬をコーヒーに入れて飲んだ・・・・

後藤 薬 飲む

十兵衛も少し驚いたようだ・・・

 

後藤「ただのグラニュー糖です」

 

後藤は芝原の指示で偽物の薬を準備していた

もしかすると十兵衛が薬を盗む可能性があるからだ

 

十兵衛「読まれてたか」

 

場面は変わり、十兵衛はリングイン!

十兵衛 リングイン

芝原の息子は言う・・・・

十兵衛にドーピング薬を渡すべきだったと・・・・

トーナメントルールでは佐川徳夫のほうが圧倒的に強い

弱い十兵衛が勝ち残るように手助けすべきだった・・・・

芝原 思考

芝原「十兵衛は退場させて、味方に引き込む」

これが陰陽トーナメント必勝法よ

芝原 戦略

最強の格闘技は何か!?

その答えの一端が

このトーナメントでわかる

今週の考察と感想

ついに再開キタ――(゚∀゚)――!!

とりあえず!とりあえず一安心です!

そして、当ブログsane.kにアクセス出来ない不具合が起こり、大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

今後はこのような事が起こらないように注意します。

 

とりあえず今週の気になるポイントをピックアップです!!

今週の気になるポイント

十兵衛は本当にドーピング薬が欲しかったのか?

後藤 薬

なんというか、若干の違和感を感じたんですよね・・・

「本当に薬が欲しかったの?」って感じですw

 

何となくですが・・・十兵衛らしくないというか、ただ単に違和感でしたw

もしかすると本当に薬を貰えると思っていたかもしれません。

芝原が優位に試合を進めるためといえども、果たしてドーピング薬を渡すのか疑問です。

ただ単に、薬を持っているかの確認にも見えました。

文さんいわく、上杉よりも芝原に勝手欲しいと言っていますが、アクションを起こすとすればその後になります・・・・

 

つまり、この接触はあくまでも前置きと言うか、伏線になっているのではないか?と思います。

十兵衛=トーナメント最弱www

薬 くれ

最弱・・・

と言われれば、トーナメントでは下の方でしょうねww

ただ、芝原も言っていたように十兵衛は裏で動きます。

それプラス、十兵衛にも戦略はあるはずです。佐川徳夫には勝つはずなので今後が楽しみですねw

芝原の戦略

芝原 戦略

芝原はまた新しい戦略家ですね!

そして、十兵衛には早めに負けてもらい見方に付ける!と言っています。

しかも、十兵衛を釣る餌は用意してある様子です。

いったい何なんでしょうか?

個人的には十兵衛が勝つと思ってますが、餌次第では今後に影響が出てくるかもしれません・・・・

気になりますねww

十兵衛の戦略

早くも、十兵衛はリングインという事で・・・・

意外とスムーズですwwww

そして十兵衛の戦略ですが・・・・

梶原vs工藤戦で残っていると思われる毒針!!!

これがキーポイントになってくると思います(おそらく回収されていない)

毒針 確認

針を確認しているようにも見えますww

おそらく多分反対側のコーナーなので違うと思いますが・・・・

そして、今回は十兵衛のみの登場でやはり徳夫の姿がなかったのも気になります・・・・

もしかするとまさかの不戦勝?なんてのもあるかもしれませんねww

だとすると芝原さんもビックリ!

でもそうなると、親父の玄覚の伏線が回収されない・・・睦夫と戦たなら話は別ですがw

あっ!そっちのほうが玄覚伏線回収しやすそうwww

まとめ

とりあえず、再開されたので一安心ですw

次回から、十兵衛vs徳夫が始まるはずです!!

期待せずに、気長に待ちましょうwwwww

↓関連記事↓

ps.次週は休載です。再開は49号の予定。

5巻の発売日は決定次第、誌面とWEBにて告知するそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

31 件のコメント

    • Han Ji-hoonさんへ
      コメントありがとうございます。
      海外?からのコメントってのも嬉しいですねww
      頑張ります!!!!

  • 十兵衛がまともにやったら勝てないって言ったのもなんか違和感がありますね…マジでそう自覚してるのかそれとも…ドーピングももし手に入れられたら自分に使用する以外で使用したかも…知らんけどw
    さて展開上佐川弟に(多分)勝つとは思いますのでどう勝利していくのか見ものですね。不戦勝って展開はさすがに萎えちゃうかもですw
    てか次回から普通に始まって欲しい(真顔)

  • あと、徳夫の描写はこれまで試合中終始なくて不気味でしたが、試合をちゃんと見てて梶原さんが何かを仕込んていたのをあの眼力で既に気づいてる可能性もありそうっちゃありそう。

    • 梶原さん頑張れ!さんへ
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよね、違和感半端ないですww
      自分に使用する以外で使う可能性もありますね・・・
      徳夫なら毒針に気づいている可能性は高いです・・・もし不戦勝なら、次の文さんの試合で・・・・

  • 掲載きたー!
    長かったあああああああああああああ

    そして今週の十兵衛「薬くれよ」は直接的すぎるだろwwwww

    どうやら十兵衛自身トーナメント参加者と比べて実力不足だと感じているようですね。石橋との戦いもトークと地の利で優位に進めた上であれだけ苦戦したのですから当然と言えば当然か…。芝原親子も「リング外の戦いだから勝てた」と見ているようですし。

    二回戦開始はよ!

    • デカイ犬さんへ
      コメントありがとうございます。
      本当に長かったですね・・・ww
      時間が無いにしてもあんな直接いいますかね?
      探りを入れているように見えるんですよねw
      本当に最弱かどうか・・・・試合を見てみないとわかりませんからね!!!

  • やっと再開しましたねぇ
    今回は芝原剛盛の手の内の前フリですかね
    芝原剛盛は入江無一、田島彬、山本陸の怪我の事を詳しく知っていましたよね
    医療関係者に強いパイプを持っている可能性が高いです(整体関連?
    十兵衛に吊るす人参は上記の理由で工藤の治療の詳細を知っているので弱点を見極めた事を教えるとか?

    しかし徳夫はずっと隠してたから何か起きている筈
    やっぱ父親関連かな

    • fogさんへ
      コメントありがとうございます。
      やっぱり、十兵衛に吊るす人参とは工藤関係でしょうか?
      工藤くらいしか思いつかないですよね(笑)
      徳夫は不気味です・・・何かが起こっている可能性は高いですが・・・
      何も起こってなかったりして・・・・wwww

  • 十兵衛の試合前の布石はどこまで打たれているのか?

    手ぶらで試合に臨むようなまねはしてないだろうから、
    芝原のさらに裏をかいていることを期待です。

    • ガンズさんへ
      コメントありがとうございます。
      おそらく芝原の裏をいっているでしょう・・・・
      そして我々の予想を超えてくるかもしれませんよww
      一つ言えるのは、必ず何かしらの対策が打たれていると言うことです。

  • 更新お疲れ様です。
    工藤と戦うまでは誰にも負けないはずだし、戦う場所としてこのトーナメントがふさわしいといっていたので、ここで徳夫に勝つのは間違いないと思いますがどうやって。。
    既に薬入りケースを盗んで、高野君あたりを実験台に使えそうなものをドーピングとかってないですかね。(徳夫に使うのも含め)

    次は格闘勝負ではなく頭脳戦になると思うので楽しみです。

    • ルイ・コスタさんへ
      コメントありがとうございます。
      お疲れ様です!
      なるほど・・・すでに盗んでいるパターンですね?!
      もし、高野君に使われていたらかわいそうですねwww
      その場合、無許可に使っていると思われるのでw
      頭脳戦だと十兵衛のブラフも徳夫の前では無力化しそうです・・・・

  • まともに戦って徳夫が十に負けるとしたらメンタル崩壊に付け込まれての必殺(金剛、煉獄、高山)だろうし、この戦いで親父の死を無理矢理思い知らされるんだろうねぇ。

    いずれにせよ、徳夫は本来の実力をほとんど見せることなく敗退と予想。

    • shhsさんへ
      コメントありがとうございます。
      おそらく、煉獄のくだりがあったので煉獄で決めるのかな?と思います。
      親父の玄覚は思い知らされるでしょう。しかし、十兵衛は徳夫が幻覚を見ている事を知っているのか?もしくは試合中に気づくのか?
      そこらへんでも、試合の流れが大きく変わってきそうです。

  • 再開です\(^^)/

    喧嘩家業”に至ってたは、乞うご期待”って言葉の意味合いが、もはや漫画のストーリーというより、掲載するか否かの方を、乞うご期待”となってしまってますよね^^;

    まぁ、何にせよここからまた、まさかの長期休載とか、それだけは無いことを祈りたいです^^;

    それから、今回は後藤先生と十兵衛でしたが、この絡みも新鮮で斬新に感じて面白かったです。

    後藤先生も、考えてみれば、梶原さんや、十兵衛や、柴原にも負け時劣らずな策士”であったのを思い出し、そんな策士同士がやりあつ裏舞台での”かけひき”、後藤先生VS十兵衛”による”かけひき(勝負)”、 ゾクゾクするしました!

    ちょっと逸れた空想(妄想)なのですが、かけひき”の総当り戦”、後藤先生VS梶原さんの”かけひき(舞台裏勝負)”とかも面白いかもです(^^)

    • GOLD GIMさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですねwwちゃんと掲載されているかハラハラですwww
      隔週掲載でいいので・・・長期休載だけは避けて欲しいです。
      最悪でも徳夫vs十兵衛が終わるまでは・・・

      この2人の絡みも意外とおもしろかったですよねw
      駆け引きの総当たり戦wwww後藤先生もエントリーですかねww
      ところでGOLD GIMさんからリクエストを頂いている、管理人の勝手に妄想対決シリーズなんですが・・・・
      難易度高いですねwwwww
      完全に筆が止まってますww木多先生状態です・・・・
      やはり・・・試合が終わって無いキャラは難しい・・・・
      とりあえず、次回は徳夫vs十兵衛の試合の前にアンケートを取ろうかと考えています。

  • 巻末の作者コメントによると木多先生はノーベル文学賞に落ちたショックで描けなくなってたみたいです。来年こそ授賞できるといいですね(笑)

    • 島田清さんへ
      コメントありがとうございます。
      ノーベル賞wwwww
      来年も長期休載ありですねwww

  • 徳夫戦は石橋戦と一緒で勝敗が決まっている試合をいかに魅せるかだと思います。
    そうじゃないと工藤が勝った意味がないですからね

    • 島田清さんへ
      ですよね!
      十兵衛vs工藤が実現しないなら、梶原さんが勝ってもよかったんですからw
      むしろ、梶原さん押しが多かった・・・・
      もし十兵衛が負けたら「おいっ!」て感じになりますwww

  • もし、十兵衛が負けたら、逆におもしろくなるかもと、今回のでおもいました、
    工藤と戦う機会は作れなくもないような気もしますし、
    芝原が言うように最弱なら、負けて誰かのサポート役に徹して力を発揮するのも自然かなと、
    むしろ対田島には不可欠な気もします
    トーナメントには
    文さんもいますし
    佐川兄弟の伏線回収も先送りにできるし、
    セコンドの川上竜と柔道関係者とのこともなにか出てくるでしょうし
    勝敗以上に、新しいことがおきることに期待が膨らみます

    • ちいきちさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね、工藤との対戦はリング外でも作る事は可能です。
      しかし、芝原も十兵衛の事を少し舐めすぎかな?と思います・・・・

      個人的にも新たな展開があると嬉しいですが
      木多先生は結構期待を裏切らないんですよねww

  • 梶原さんVS後藤先生”

    この2人のかけひき戦もハイレベルなブラフのかましあいや、腹の探り合いとか、かなり高度な かけひき戦になりそうで、ついつい想像してしまいます!

    もし、梶原さんVS後藤先生をしてたら最終的に、お互いの利害点の一致から、二人で組織(板垣組)や、アンダーグラウンドへの工作行為や、乗っ取り、工作行為をやらかしかねませんね(^^)

    • GOLD GIMさんへ
      確かに!!2人ならナイスコンビかもしれませんね
      最終的に乗っ取りもありですね
      むしろ、梶原さん、澤、後藤先生で板垣組を乗っ取って欲しいですw
      そんなストーリーも見てみたいww

  • やった掲載してる。万歳。

    もう隔週でいいから切らないで欲しい!!
    「まともにやっても勝てない」は薬を欲しがるもっともらしい理由として。
    本音でもあるが、既に勝つ為の手は打っていると思います。
    睦夫に接触して「マジ者」である事を知った十兵衛は、弟もそうではないかと言う仮説を立て、動いた。
    父に関連する事で揺さぶりをかける…例えば既に死んでいるという事が分かる新聞記事?を見せたりとか。
    殺したのが睦夫であるという確信を、睦夫との接触で得て、それを徳夫にバラしたかもしれない。
    川上龍に記事を渡すとかも効果的ではないかなと思います。
    んで、工藤戦の時はおかしくなっちゃってたから徳夫の姿が描かれなかったのでは。
    梶原さんが前に「悔しかったら実力で佐川徳夫に勝ってみろカス野郎」みたいな事を十に言ってましたが…血液ドーピングをしてたくらいだから、不戦勝や棄権では無く、リング上で勝つ心算でしょう。
    だからあくまで「揺さぶり」の範疇で何か凄いことをしたと思うんですよね。
    ホントは見応えある攻防を期待したいんですが。

    • かぶとさんへ
      コメントありがとうございます。
      鋭い考察ですね!
      かぶとさんの筋書きだと、辻褄が通りますね
      確かに血液ドーピングをしていたので、対戦する可能性は非常に高いと思います。
      徳夫が姿を見せないのも納得です。
      今回、芝原が「十兵衛は最弱だが、裏で動く」という事を強調していたので、そういう十兵衛としての強さの前フリにも思えてきました。
      かぶとさんの考察が一番近いかもしれません。
      次回が楽しみwww

  • 佐川に十兵衛の嘘は通用しづらいのでトーナメント参加者の中では
    十兵衛の天敵みたいな相手かもですね
    日拳対策はしてるでしょうが真っ向勝負では勝てそうに無いですし、
    どんな作戦で攻略するのか気になります

    • うどんさんへ
      コメントありがとうございます。
      おそらくブラフは使えない・・・
      しかし何かしらの裏工作が行われているはずですよ!!
      もしかするとすでに・・・・

  • はじめまして、みなさんかなり深い考察をなさってますね。
    私は51話を読むまではシンプルに、金田戦からの因縁から、十兵衛なにかしらの方法で煉獄入れる→徳夫始めの5手が完全に入った形の煉獄を作中初めて破る→十兵衛徳夫の煉獄破りを、更に改良した煉獄で破って倒す。試合後徳夫に勝った十兵衛を睦夫が弟だと思い込み(より優れている方を自分の弟=徳夫だと思った)、十兵衛と睦夫の場外戦・・
    ・・みたいな流れになるのではないかと思ってたんですが、仕掛け無しでは徳夫に十兵衛は絶対勝てないと言われていたり、十兵衛は単に工藤と闘うだけ以外にも展開がありそうな感じになってるので私には全く予想出来なくなりました。
    さすがにノーベル文学賞をとれなかったショックから筆から遠のいていた作家は違いますね(笑)
    早く続きが読みたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です